全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

冬場に活躍する着物用コートの選び方は?

冬場に活躍する着物用コートの選び方は?着物に興味がある人ならば、着付け教室に足を運んで基礎からしっかりと学んでいこうと考えるのではないでしょうか。
着付け教室に行くことによって、きちんとした正しい着物の着方を教えてもらうことができるのはもちろんのこと、美しく見える立ち振る舞いやマナー着物に関する知識も教えてもらうことができます。
着物を着るとなれば、うまく着ることができるのかが心配になったり、着物や帯の値段が気になってくる人、そして着付けに必要になるアイテムが気になるかは当然のことです。
しかしそれのみではなく、着物を着る時には防寒対策のことも考えておかなくてはなりません。
着物を着る機会があるのは暖かい時期だけではなく、寒い時期にも着物を着用することはあります。
その際には、着物用コートが必要になってきます。
冬場に活躍する着物用コートは、着物とのバランスを考え、デザインや素材なども把握した上で選ぶことが大切になってきます。

シーンに合わせて選ぶようにしておく

最も一般的な着物のアウターと言えば、羽織ですが本来は男性が身につけていたものであり、カジュアルに見えすぎてしまうということから、シーンを考えなくてはなりません。
カジュアルな場に着て行く分には問題はありませんが、フォーマルな場には適していません。
フォーマルな場には、着物用のコースを選ぶようにしておきましょう。

〇着物用のコートの特徴
・洋服のコートと同じ素材が多いですが、着物に合わせて作られているので衿まわりや袖まわりがゆったりとしているという特徴があります。
背中周りや身幅も帯があることを考えて作られているので、余裕があり苦しくなく着こなすことができます。
・着物用といってもコートなので、丈は長めのタイプが大半です。
・着物用のコートはすっぽり覆うことができるので、冬場で寒さが厳しい時にもぴったりで役立ちます。

〇道中着
衿まわりが着物のようになっている和装用コートに、道中着があります。
・旅に着る上着が由来となっていて、前で飾り紐を使って結ぶタイプが多いです。
・着物だけでは肌寒いという時にさっと羽織ることができ、レースなど透け感があるものならば、羽織と同じく夏前から秋口まで着られます。

〇道行
その他にも道行もあります。
・これは、礼服にも普段着でも使うことができますが、デザインにより礼服としては適していないものもあるので気をつけましょう。
着物をシーンごとに使い分けるように、着物用のコートもシーンに合わせて変えることがマナーです。

着物用のコートの防寒以外のメリットについて

コートや羽織は寒い時期にのみ使うものだと考えてしまいがちですが、防寒としての意味以外にも、着物の汚れ防止として使うこともできます。
着物は足元まであり、見た目には綺麗に見えていても、裾まわりが埃で汚れてしまっていることが大半です。
足袋や草履の台の汚れがあれば、それと同様に着物の裾周りも埃が飛び散っているということになります。
特に花粉が多い日や風が強い日には汚れてしまいがちなので、羽織るものがあった方が着物を守ることができます。
大切な着物や帯となれば特に、道中着道行きコートなど着物用のコートを羽織っておくようにするべきではないでしょうか。
それ以外にも、まだ着付けに関して初心者という場合には、帯結びに自信がないということもありますが、その際にも、コートなどを羽織っておくことにより後ろ姿を気にする必要も無くなるので安心できます。
着物用の雨コートは、寒さ対策ではなく雨に濡れてしまわないように着用するものであり、大切な着物を雨で濡れることから守ることができます。
雨用のコートは、デザインもかなり豊富になっています。

素材や長さなどバランスも重要になる

★着物用のコートはデザインや素材が豊富にあり、値段もピンからキリまでありますが、ある程度しっかりとしたものを購入するとなれば、それなりの費用が必要になるのでよく考えて選ばなくてはなりません。
素材はどんなものか、洗うことのできるのかもチェックしておきましょう。
レースの付いたものなどデザインが可愛いものが豊富にありますが、いくらデザインが良くても薄手では防寒としての役割をしっかり果たすことがないので、冬場には適しているとは言えません。
★もちろん着丈にも注意しておき、着用した時に着物とのバランスが取れるものを選ぶようにしましょう。

 

〇まとめ
着物用のコートと一口に言ってもありとあらゆる種類とデザインがあります。
どれが適しているのかは、着物デザインや着用して行くシーンによっても異なるので、よく考えて選ぶようにしなければなりません。
着物用のコートは、外を歩く時に着用するものであり、室内に入る時には脱ぐことがマナーということも頭に置いておくべきです。
ショールやケープコートなども近年ではよく目にするようになり、防寒対策のコートでも様々なおしゃれを楽しむことができるようになっています。
着用するシーンと本当に防寒効果はしっかりとあるのか、そしてサイズには問題なくゆったり着用することができるのかを考えて選ぶようにすることが大切になってきます。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装