全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

日本和装

比較ランキング第10位は「日本和装」です。日本和装の大きな特徴として、着付け教室に通う受講料が無料であることが挙げられます。ただしきもののレンタルは行われておらず、持っていない方は実費で購入する必要がありますので注意。

北海道から九州エリアに20校以上が展開され、クラスは3-6名の少人数制で行われます。

2015年には評判や認知度、信用度など12項目で第1位を獲得しており、32年の運営実績と18万人以上の卒業生を輩出してきた実績がある着付け教室。

1教室6名限定、年に2回の開催となっており、振替受講は基本的にできません。

2017年中は先着3000名限定で早くて簡単な着付けの必需品「秘密のベルト」がプレゼントされ、早めに申し込めば先着3000名に小袖こしひもがもらえるキャンペーンも行われています。

日本和装を検討されている方は早めに申し込んでみてはいかがでしょうか。

全国に20校以上展開され、クラスは3-6名の少人数制で行われる

日本和装は全国(北海道から九州エリア)に20校以上が展開されており、評判や認知度、信用度など12項目で2015年度の評判第1位を獲得しています。

32年の運営実績と18万人以上の卒業生を輩出してきた実績がある着付け教室。受講料や入学金、認定料は一切かからないことが大きな特徴で、2017年中は先着3000名限定で早くて簡単な着付けの必需品「秘密のベルト」がプレゼントされます。

クラスは3-6名の少人数制で行われるため、初心者でも質問や相談をしやすい環境となっています。

どうして受講料が無料なの?

日本和装の大きな特徴として、受講料が無料であることが挙げられます。

しかし、どうして無料で着付け教室を開講することができるのでしょうか。日本和装は、着付け教室でもきものの販売業者でもなく、きものなどの生産者と消費者を直接繋ぐ「販売仲介業」という新しいビジネスモデルを行なっている会社。

きもの需要を増やすという狙いにより、着付け教室を無料で行っています。これが日本和装が受講料無料で着付け教室を開講する秘密なのですね。

レッスンを受講する時にはきものや帯、着付け小物が必要となりますが、レンタルは行われていませんので実費で揃える必要があります。

ただし、販売仲介で購入することを前提に貸し出し可能な場合はあります。着付けを習う際に必要なものは「小袖ベルト2本と小袖こしひも1本」(3本で3,800円)「和装クリップ2個」「仮ひも(腰ひも)2本」となっており、類似品を持っている場合は受講ガイダンスを受ける際に持参し、使用可能か確認しましょう。

早めに応募すると先着3000名に小袖こしひもがもらえるキャンペーンが行われているので、気になる方は調べてみてはどうでしょうか。

1教室6名限定で年に2回開催。レッスンの振替は基本的に不可

日本和装は1教室が6名限定での開講となり、年に2回開催されます。初めての方におすすめされているのが、「お出かけまで15分」をコンセプトにした週1回2時間による全6回コース。

レッスンは着付けの方法が中心で、礼儀作法のレッスンやアクティビティなどのイベント開催などは特に行われていません。

毎週同じ場所、同じ曜日、同じ時間帯で着付けを習うことになるので振替受講は基本的にできなくなっているので注意。

担当講師によっては振替受講が可能な場合もあるため、事前に確認しておくといいでしょう。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装