全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

フォーマル着物とカジュアル着物の違い、使い分けとは?

今の時代は着物を着る機会はないという人が多く、着物を着るのは特別な改まったシーンだけだと考えてしまいがちです。しかし着物は日常から着用することができる日常使いのタイプも豊富にあり、一昔前の人は着物で生活することが当たり前でした。
もちろん日頃から着る機会がない人にとっては、着物を自分で着ることは簡単ではなく、マスターするためには学ぶ必要があります。独学で学んでいくこともできますが、効率よく綺麗な着付けを身につけるためには良い着付け教室を選んで通うべきです。着付け教室に通うことにより、ただ着付けられるようになるだけではなく、着物を着たときに美しく見える仕草などの立ち振る舞い方や、マナーも教えてもらうことができます。それのみではなく、着物に関する知識も増えることにつながります。
着物にはフォーマルなタイプカジュアルなタイプがあり、それぞれに違いがあります。使い分けることができるようになることで、より着物が身近で親しめる存在になります。

 

フォーマルタイプの着物について

フォーマルなタイプの着物と一口に言っても様々なデザインのものがあります。年齢や好み、そして着物を着用していく場に行く時の立場も考えて選ぶようにしておくべきです。自らが主役なのか、主役を立てるべき立場で参加するのかを考えて着物のデザインを選ぶようにしましょう。

訪問着や付け下げで、縫い目をまたいで一枚の大きな絵のようなデザインも特徴です。黒留袖や色留袖、振袖などがあります。帯は袋帯で、金糸銀糸を使って織った華やかな帯や長さも長いのが特徴的です。帯結びは二重太鼓に結びましょう。着物や帯以外にも、帯揚げや帯締めは白や金、銀をメインに淡い色でのコーディネートが一般的になっています。

草履は台の部分が三段や五段などになっていて、高さのあるものがフォーマル用となります。台が低いもの、鼻緒に濃い色が使われているものはカジュアル用になるので、着物や帯以外にも気を配りトータルで見たときにフォーマルに見えるように仕上げることが大切になります。

 

カジュアルなタイプの着物について

カジュアルスタイルなタイプの着物は、フォーマルタイプとは異なり基本となるルールがなく、カジュアルというだけ自由であり、ありとあらゆる着物があります。フォーマルシーン以外はカジュアル着物を着用できます。ルールがないことに対して、どうすれば良いかわからないと考えてしまう人も多いですが、ルールがほとんどないということは、着物のデザインや小物などすべて自分の好きに選ぶことができ、より着物を楽しむことができるということになります。

着物は小紋や紬、綿素材などがあり、柄が一方向を向いて全体に入っている小紋がよく見かけるカジュアルなタイプの着物です。帯は半幅帯や兵児帯などがあり、長さはフォーマルタイプで使う帯よりも短いのが特徴で、デザインも様々なものがあります。お太鼓結びや角出し結びなどの結び方があります。

 

フォーマルとカジュアルの使い分け

着物を着ることが滅多にない人にとっては、どんな着物を選んでも着物ならば同じと考えてしまいがちですが、着物には大きく分けるとフォーマルタイプとカジュアルタイプがあり、この二つは着用に適したシーンに大きな違いがあります。フォーマルタイプは結婚式や、改まったパーティに参加する際など冠婚葬祭のかしこまった日に着用するものです。

それに対してカジュアルタイプの着物は、ちょっとしたお出かけやランチ、美術館などいつでもシーンを選ばずに着用することができます。フォーマルな場に対してカジュアルタイプの着物を着用していくことはもちろんマナー違反になってしまうので、着物ならば何でも同じと考えてしまうことがないように気をつけておかなくてはなりません。

 

カジュアルタイプの着物は比較的リーズナブルな価格で販売されているものも多く、着物初心者ならばカジュアルタイプから始めるべきではないでしょうか。いきなりフォーマルタイプの着物を着用しなければならない場に参加するとなると、立ち振る舞いでマナー違反になってしまったり、着崩れてきてしまい対応できず困るということにもなり兼ねません。まずは、ルールがあまりなく自由なスタイルを選ぶことができるカジュアルタイプの着物を日常で着用してみるようにして、着物に慣れていくことがポイントとなります。
シーンに合わせて使い分けることが大切というのはもちろんのこと、どちらの場合にも全体を見た時のトータルバランスが重要になります。どんな着物が適しているのか、着物の初心者にはわからないということも多いですが、着付け教室に通うことによりシーンに適している着物はどんなタイプかということをアドバイスしてもらうことができるので安心できます。
もちろん着物や帯にばかりこだわり高級なものを選んでいても、その他の小物類が安っぽいものとなってしまえばアンバランスになるので、見た目にも違和感が生まれてしまうことになるので気をつけましょう。
フォーマルタイプとカジュアルタイプの違いを理解して、マナーを守りましょう。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装