全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

英語で教えてくれる着付け教室はある?

着付け教室によっては、日本語以外で教えてくれる場合があります。

いわゆる外国人向けの教室なら、英語で教えてくれます。

「全て」の教室が外国語に対応している訳ではありませんから、事前に確認しておく必要があります。

 

 

外国語にも対応している2つの教室

日本に滞在している外国人は、着付けに関心を抱いている事も珍しくありませんし、学びたいと望んでいる外国人も多いです。

そこで、言語の問題ですが海外の言語で教えてくれるなら問題ありませんが、日本語では少々厳しい事もあります。

結論を申し上げれば、一部の教室では外国語にも対応しています。

「全て」の教室で対応している訳ではありませんので、注意が必要です。

例えば、ある関西地域の教室では日本に在住している外国人向けのクラスがあり、二ヶ国語で学ぶ事ができます。

日本語で学ぶ事も可能ですし、外国語でも問題ありませんし無料体験の講座もあります。

第1回目は着物に関する基礎知識を学び、2回目は長襦袢について学びますが、3回目以降からは具体的な着用法について学ぶ事ができ全部で8回になり5000円前後で学べる講座になります。

 

ちなみにその教室では、貸し出しも可能で、本人が希望すれば着物をレンタルできますが身長は要注意です。

その教室では、レンタルできる着物は身長170センチ以下になりますから注意が必要です。

さらに、ある関東地域の着付けの教室では、東京と神奈川の2ヶ所に校舎があって、いずれも外国語でレッスンを受ける事ができます。

 

その教室でも、着物をレンタルする事はできますが、レンタル料金は支払う事になります。

着物と帯と小物の3点をレンタル可能ですが、いずれも500円です。

上述の関西の教室と異なり全3回のレッスンになります。

1回目は着付けに関する基本的な知識を学び、2回目以降は特定の着物に関する知識を学び、帯の結び方なども2回目以降に学ぶ事になります。

ただしそのレッスンは、体験コースになりますので、しっかり学びたい場合は別のレッスンもあります。

 

外国人に分かりやすく教えてくれる東京都心の教室

とある東京の教室では、着物に関して学びたい外国人から問い合わせがあった時は外国語で学べる教室になります。

その教室にも複数のコースがあり、全7回の体験コースもあれば、着物の資格取得を目指す本格的なコースもあります。

 

基本的にはWEBで予約を受け付けていますが、たまに外国人からの問い合わせが来る事もあり、外国語でのレッスンは可能かという質問もあります。

その教室の場合、外国人に対する分かりやすさを重視しており、着物には色々と専門的な用語もあります。

日本在住の外国人でもスムーズに理解できるようになるでしょう。

 

問い合わせすれば外国語で教えてくれる教室も

上述のように、日本語以外の言語で教えてくれる教室は、幾つかあります。

主に「外国人向け」の講座なら、外国語で学ぶ事はできます。

たいていは各教室の公式サイトにて、外国人向けの講座を確認できます。

しかし上述の東京都心の教室のように、一般公開されていない講座もあります。

あくまでも外国人本人が問い合わせしてくれた時のみ、対応してくれる教室もあります。

ですから公式サイトでは外国人向けの講座が見当たらなくても、教室に問い合わせしてみると対応してくれる場合があります。

 

いずれにしても、いくつかの着付け教室では英語で教えてくれます。

まずは各教室の公式サイトを確認してみると良いでしょう。

また公式サイトには明示されていなくても、試しに問い合わせしてみれば外国語でも対応できる可能性はあります。

もしも外国語で教えてほしい時は、試しに問い合わせしてみるのも良いでしょう。

サイト内検索
着付け教室コラム