全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物は染め直すことができる!?染め直しの方法とは

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/11/24

染め直し

着物の美しさと価値を長く楽しむために、染め直しは有用な方法となります。古典的な柄や色合いからモダンなデザインへのアップデートまで、染め直しは着物を新たな魅力を引き出す手段として広く利用されています。この記事では、着物を染め直す方法について詳しく説明します。お気に入りの着物を新たな輝きで蘇らせてみませんか。

なぜ染め直しを行うのか

昔は嫁入り道具として多くの着物を持参し、使用後は箪笥で眠ってしまうことが多くありました。しかし、これらの着物は家族や家の歴史と強く結びついており、感情的な価値が高く、なかなか処分できないものです。

染め直しは、このような着物を再び活用する方法として受け入れられています。

時代に合わない色や柄を変えるため

時代に合わなくなったり、派手な色や柄がファッションとしては古典的すぎる場合、染め直しは有効です。古典的なデザインを現代風にアレンジし、新たなスタイルに合わせることで、着物を再び着用する機会が広がるでしょう。

色褪せや目立つしみを隠すため

着物は長年の使用によって色褪せたり、しみが目立つようになることがあります。染め直しは、着物を新たな状態で蘇らせるための優れた方法です。

着物の色を鮮やかにし、しみや汚れを隠すことで、新しい魅力を引き立てます。また、保管中に広がったり、広範囲に広がったしみも染め直しでカバーできます。

変色した着物を蘇らせるため

着物は時間の経過とともに変色することがあります。汗や皮脂、紫外線の影響で変色した着物は、染め直しによって元の美しさを取り戻すことができます。これにより、着物の寿命を延ばし、その美しさを永遠に保つことができます。

年齢に合わせた色に変えるため

着物は、着用者の年齢に合わなくなることがあります。しかし、染め直しによって着物の色を変更することで、年齢に合ったファッションに合わせることができます。これにより、着物を新しいライフスタイルに合わせることができます。

染め直しの方法は3種類ある

着物の染め直しには、おもに3種類の方法があります。ここでは、3種類の方法の特徴と違いについて説明します。

無地の着物を染め直す「色揚げ」

「色揚げ」とは、無地の着物を染め直す方法のひとつです。この方法は、着物の色を新たに鮮やかにすることが目的です。

無地の着物は柄がなくシンプルなため、染め直しの際にもっとも分かりやすく、変化が楽しめます。色揚げによる染め直しは、無地の着物を新たな魅力で満たすことができる方法です。

とくに、着物の色が気に入っている場合、その魅力を長く楽しむことができます。

柄のある着物に色をかける「目引き」

「目引き」とは、柄のある着物に新たな色を加える染め直しの手法です。柄のある着物に新たな色を加えることは、新たな色が柄と調和するように慎重に選ばれる必要があり、色の選択が難しくなります。

そのため、柄がある着物の色を変えるのは難しいとされ、専門知識が必要だといわれているのです。

着物の柄の一部を薄くし、変更を可能にする「抜き染め」

「抜き染め」は、もともとの着物の色を脱色したあと、ほかの色に染める方法です。ただし、シミの状態によっては、抜き染めによる染め直しではシミが隠せないケースがあるので注意が必要です。また、完成まで工程が多く、手間がかかるため、色揚げよりも染め直しの料金が高い傾向にあります。

染め直しを依頼する際の注意点

染め直しをする際はいくつか注意点があります。注意点を以下にまとめたので、依頼する前に確認してみましょう。

解き代・洗い代・仕立て代が別途かかる

着物を染め直すためには、まず着物を解いて反物の状態に戻す必要があり、そのための解き代がかかります。染める前に汚れを落とすための洗い代、染めた後に再び着物として仕立てるための仕立て代も必要です。これらの費用は、染め直しの際に予算に含めておくべきです。

染め直しできない素材がある

特殊加工が施されている着物(金銀箔、刺繍、胡粉、顔料、螺鈿、革製品、ガラス球など)は、染め直しによって加工が損なわれる可能性があるため、染め直しできない場合があります。依頼の前に必ず素材の特性を確認し、染め直しができるかどうか判断しましょう。

色の変更に関する注意点

色の薄いものを濃い色に染め直す場合、目立たなかったスレが目立つようになる可能性があります。新しい色と元の色の違いが鮮明になることを考慮しましょう。

さらに、色の濃いものを薄い色に染め直す場合、元の色が完全には脱色できず、くすんだ色になることがあります。理想の色を実現するためには、染める前に相談と検討が必要です。

また、金糸や銀糸、ポリエステルの糸は染まらないため、これらの素材が含まれている着物は注意が必要です。染め直しを検討する際、素材の種類と染料との相性を確認しましょう。

染め直しのプロに相談

着物の染め直しは繊細な作業であり、素材や色の変更に関する知識が必要です。染め直しの際には、信頼できる専門家や工房に相談することをおすすめします。プロのアドバイスを受けながら、最適な染め直しプランを立てましょう。

まとめ

着物の染め直しは、古くなったり時代遅れになったりした着物を現代のスタイルに合わせて再利用するため、またはしみや色褪せをカバーして着物を再生するために行われるものです。染め直しを行うことで、過去の価値を尊重しながら現代の要求に合わせ、着物を再利用し、新たな魅力を引き立てることができます。

所有者の感情的な結びつきやファッションの要求に応じて、染め直しは着物を永遠に美しく保つための優れた選択肢となっているのです。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
着付け教室コラム