全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付けの練習はマネキンを使うのがおすすめ

着付けの練習はマネキンを使うのがおすすめ

 

着付けの練習は着付け教室だけでなく自宅でもすることができます。
着付け教室で学べる時間は限られてきますから、自宅で復習や練習を欠かさずにしておきたいところでしょう。
着付け教室で習ったことがよくわからなくとも自宅で何度も着付け回数をこなせば次第に着付けのコツもわかります。
特に自宅での練習の際にはマネキンを使うのもおすすめです。

 

マネキンを用いて練習してみよう

〇着付けは一人であっても練習することができる
着付けの練習方法は各種ありますが、マネキンを用いるというのがおすすめです。
マネキンを用いることでパートナーがいなくとも一人だけで着付けの練習が可能になります。
マネキンを用いて着付けをすれば着付けの仕上がりもチェックがしやすいのも利点でしょう。
着付けの練習に用いるマネキンですが、用いるマネキンは上半身だけしかないものでは不十分。
このため、着付けの練習をしたい際には全身のマネキンを用意しておきましょう。
こうしたマネキンは通常のお店ではほとんど見つけることができませんが、通販では取り扱いもあり、格安で手に入れることができます。

〇着付け練習専用のプロ仕様のマネキンも
こうしたマネキンは手などを動かすことができてより多様なギミックが演出できます。
それだけでなく素材もシリコンなどのより着付けしやすい素材が用いられており、より着付けの練習もしやすくなってくるのです。

〇マネキンはあくまでマネキンであることは理解しておきましょう
人体のようにそこまで柔らかくないですし、マネキンは自分で動いてくれません。
このため、マネキンで練習する際にはある程度限界があることを知っておくこともポイントです。

〇マネキンを購入するのが面倒な場合
もっと気軽に練習したいという場合には布団を丸めてマネキン代わりに用いることもできます。
マネキンも数万円は軽くしますから、安上がりに抑えたい際にはこうした工夫をしてみるのもおすすめです。
他にも、友人に来てもらって手助けしてもらうのも良いでしょう。
やはりマネキンに着付けするよりも人に着付けしたほうがはるかに勉強になります。

 

着付け練習をする際の注意点

また、マネキンに着付けするにしても他の人に着付けするにしても、着付けをする際には注意も必要です。
・例えば、マネキンのサイズに合わない着物で着付けをすることで着物にシワが出たり癖がつくことがあります。
このため、マネキンを用いて着付けをする際にはあまりきつく着付けをし過ぎないようにすることも大事です。

・ちなみに着付け教室によってはこうしたマネキンを貸し出しているところもあります。
このため、マネキンを用いて着付け練習をしたい際にはマネキンを貸し出しているところを選んで見るのも良いでしょう。

・こうしたマネキンを用いる他に対面鏡なども用意しておくのがおすすめです。
対面鏡があればより着付けもしやすくなりますし、着付けの仕上がりも確かめやすくなります。

・また、着付けの経過を録画するのも良いでしょう。
こうすることで講師に録画内容を見てどこが悪いのかも確かめてもらうことができます。
着付け教室を卒業した後にも録画内容は良い思い出になることでしょう。

 

人に着付けをする際のポイント

他の人に着付けをしてあげる際には気をつけておきたいことも多いです。
・例えば、あまりきつく締めすぎていないか確かめましょう。
しっかり着付けをするのは良いですが、あまりにもきついと動きにくくなるだけでなく、呼吸もしにくくなってきます。
このため、着付けをする際には逐一きつすぎないか確認しつつ行いましょう。

・他にも、着付けをしてあげる際にはコミュニケーションも欠かせません。
着付けをしてもらう側は緊張するものですから、雑談などを通して気分をリラックスしてもらいましょう。
良い着付け師は着付けをされる側の心理をよく知っているものでもあります。

どのような着付けが求められているのか、的確に察知することも必要です。
人によっては派手な着付けは嫌いな人もいますし、とにかく人の目に付く着付けが好きな人もいます。
このため、人に着付けをする際には事前にどのような着付けが良いのか話し合っておきましょう。
着付け師の独断で勝手に着付け方法を決めると、次からは着付けを頼んでもらえない、呼んでもらえないなんてこともあります。

・実際に着付けをしてあげた後には、着付けの直し方などもしっかりと教えておきましょう。
着付けはしっかりしてもいつほどけるかはわからないものです。
着付けが解けた時にそばに入れる保証はありませんから、こうした点についても欠かさずに伝えておきましょう。

〇まとめ
このように人に着付けをする際には気をつけておきたいことがいくつかあります。
着付け師の仕事は着付けをして単に終わりというわけではありません。
このため人に着付けをする際にはなるべく丁寧に行っていきたいところです。