全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け技能士(着付け師)の資格が活かせる職業

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/28

着付け技能士の資格が活かせる職業には結婚式場などのブライダルや地元の写真館、呉服店などがあります。資格を取得している人は、成人式や花嫁衣裳、七五三、還暦などの着付けをすることができます。厚生労働省が認可している国家資格なので、さまざまな分野で活躍することができます。

写真スタジオで働くことが可能

着付け技能士は、厚生労働省が認可している国家資格のひとつです。一級着付け技能士は、実務経験が5年以上になっており、2級着付け技能士は2年以上の経験が必要です。現代は以前に比べると、着物を着用する機会が減少していますが、成人式や七五三、お葬式、パーティーなどで着用する機会があります。

若い年代の人は伝統的な和装の衣裳に関心を持っており、お稽古事やちょっとした外出の時に着用したい人がふえています。まだまだ着付け技能士は需要のある仕事といえます。国家資格を取得した人は、どんな職場で活躍できるか知っておきたい人がおおいです。

結婚式場などのブライダルの分野や、美容院などで勤務をすることができます。結婚式は純白のウェディングドレスを着用する人がおおいですが、写真は和装の衣裳にしたい人がおおいです。地元の写真スタジオでも求人があるので、着付け技能士の資格を持っている場合は、幅広い分野で活躍をすることができます。成人式の振袖の着付けはもちろんですが、白無垢や黒引き振袖、色打掛などの着付けをおこないます。女性の顔立ちや雰囲気にあわせて、着付けをおこなうことで、魅力的な花嫁にすることができます。

さまざまな職場で着付けができる

着付け技能士は国家資格なので、専門的な知識や経験が必要です。長時間着用していても、着崩れをしないようにしたり、食事をしてもくるしくないように、着付けをおこなうひつようがあります。一級と2級の資格を取得するためには、実技と筆記の試験を受けるひつようがあります。

国家資格を取得した人は、さまざまな分野で活躍することができます。写真館では成人式はもちろんですが、七五三や還暦などの写真撮影をおこなっています。七五三や還暦の写真なども和装を着用することがおおいので、着付け技能士の資格を持っている人は、就職に有利です。

以前に比べると着物を着用する機会は減少していますが、人生の節目の時期には着物を着用する人が数多く存在します。お葬式などでは、黒の喪服を着用することが多いので、着付けができる人は斎場でも就職することができます。賃金や待遇の面でも、有利な職場に勤務をしたい人は、ブライダルや写真館などがおすすめです。

インターネットの求人サイトや、公共職業安定所などでも、数多くの求人情報が紹介されています。自宅から利便性の高い立地だったり、マイカー通勤ができる職場が人気があります。着付け技能士の資格を活かしたい人は、数おおくの求人情報が紹介されているので、じっくりと検討することがだいじです。自分の性格や個性に合った職場を選ぶことで、長く勤務をすることができます。

ブライダルの分野で活躍できる

結婚式は花嫁や花婿にとっては、特別な記念の日なので、伝統的な和装の衣裳を着用することがおおいです。男性の場合は紋付の羽織袴を着用したり、女性の場合は白無垢や色打掛などの、艶やかな衣装を着用します。着付けの資格を持っている人は、結婚式場などで働くことができます。高い技術を持った着付け師は、職場で重宝されることが多いので、自分の経験や特技を活かすことができます。ブライダルは大変な面もありますが、非常にやりがいのある仕事です。

振袖や留袖、訪問着などの着物を販売している、呉服店やデパートなどで勤務をすることも可能です。地元の呉服店やデパートでも、着付けができる人はよろこんでもらえます。日本の伝統的な着物に高い関心を持っており、着付け師の資格を取得している人は、さまざまな職場で活躍することができます。仕事の経験を積んでおくことで、転職にも有利になります。

インターネットの求人サイトは、事前に会員登録をしておくと、非公開の求人も閲覧することができます。厚生労働省が認可している国家資格なので、資格を取りたい人が少なくありません。和装は男性と女性とは違いがあるので、着付けの勉強をすることで学ぶことができます。着物の種類や知識なども身に付けることができるので、やりがいのある仕事です。

 

着付け技能士は、厚生労働省が認可している国家資格です。国家資格を取得したら、どんな仕事で活躍ができるか知っておきたい人がおおいです。白無垢や色打掛、紋付羽織袴などの着付けをおこなう、ブライダルの分野でも活躍ができます。現代は写真館で七五三や成人式、還暦などの前撮りをしたい人がふえています。地元の写真館でも着付けができる人は、働くことができます。インターネットの求人サイトでは、数おおくの職場が紹介されているので、自分に合った職場を選ぶことが大事です。

サイト内検索
着付け教室コラム