全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

草履の正しい履き方とは?痛くなりにくい履き方を紹介!

公開日:2023/11/15  最終更新日:2023/11/17

!

着物文化において、草履はとても重要視されています。一方で、多くの人が草履を履くと足が痛くなる経験をしています。なぜ草履を履くと痛くなるのでしょうか?本記事では、草履の正しい履き方や痛くなりにくい履き方について詳しくご紹介します。草履を快適に履くためのポイントを押さえて、美しい着物姿を楽しみましょう。

草履の2つの履き方とは?

草履の履き方には以下の2つがあります。

「粋な履き方」:指先で軽くひっかける

日本の伝統的な文化において、草履は重要な要素の一つです。

その中でも、「粋な履き方」は特に注目に値します。この方法では、草履を履く際に指先で鼻緒を軽くひっかけます。この履き方の魅力は、草履が足にしっかりとフィットすることにあります。指先が鼻緒に触れ、足が草履と一体化するため、歩行時に不安定さを感じにくくなります。

「上品な履き方」:かかとから出さない

「上品な履き方」とは、草履を履いた際にかかとを出さず、シンプルで上品なスタイルを演出する方法です。

このスタイルは、草履を美しく履いて着物の全体的な雰囲気を引き立てるためのテクニックです。かかとを出しすぎないように心掛け、着物との調和を図ります。この方法によって、草履の特徴が際立ち、洗練された印象を与えることができます。

「粋な履き方」と「上品な履き方」は、草履の魅力を最大限に引き出すための方法として、それぞれ異なるアプローチを提供しています。自身の好みやシーンに合わせて、これらの履き方を工夫してみてください。草履を適切に履けば、着物姿が一層美しく輝きます。

草履を履くときに注意すべきポイント

草履を快適に履くためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

これらの要因を考慮することで、草履の履き心地を向上させることができます。

サイズ選び

草履のサイズはS・M・Lやフリーサイズなどがあり、メーカーによって若干の違いがあります。

足に合ったサイズを選ぶためには、実際に試着して適切なものを見つけましょう。草履は足に合わないと痛みの原因となることがあるため、サイズ選びは非常に重要です

歩き方に注意

草履は歩き方が靴と異なります。

草履を履く際は、足の指を草履の奥まで押し込みすぎないようにしましょう。また、前坪(花緒の指の間に当たる部分)が指の間に当たらないように、親指と人差し指で前坪を挟みます。

雨天に注意

草履は滑りやすいため、濡れた場所での使用には注意が必要です。

また、歩行時に草履同士がぶつかることもあるため、注意が必要です。

草履を痛くならずに快適に履く方法

草履を履いて痛いと感じることがあるかもしれません。

一般的に、草履を履くと痛くなる場所は大きく2つあります。それは花緒の両端の付け根と、親指と人差指の間です。特に、花緒が指の間に食い込んで痛いと感じることがあります。

なぜなら、多くの草履は見栄えを重視して、花緒がまっすぐにすげてあることが一般的だからです。では、どのようにして草履を痛くならずに快適に履くことができるのでしょうか?以下に、草履の痛くならない履き方について詳しく説明します。

■草履の花緒を開く

新品の草履は花緒が硬く、足に合わないことがあります。

そのため、花緒を柔らかくほぐし、足指と花緒の間に適切な隙間を作ることが大切です。鼻緒が指にこすれると、靴ずれが起こる可能性が高まります。そのため、花緒の調整と適切な履き方を心掛け、痛みや不快感を軽減しましょう。

花緒の調整により、草履が足にフィットし、痛みを軽減できます。足元の快適さは、草履を楽しむ上で欠かせない要素です。

■草履を慣れるために短時間履く

新しい草履は初めて履くときに足に適応させる必要があります。

長時間履く前に、短時間だけ履いてみましょう。特に初めて草履を履く場合は、長時間の使用を避け、数日間かけて慣れていきましょう。

■室内での試し履き

草履を履く前に、室内で試し履きをしてみてください。

歩いてみることで、足にフィットするかどうかを確認できます。最初は不慣れな感触かもしれませんが、慣れるにつれて快適になります。

■鼻緒と肌の保護

鼻緒が肌にこすれて痛い場合、鼻緒が当たる親指と人差し指の間にばんそうこうやガーゼを貼ることで肌を保護できます。

これにより、摩擦による痛みを軽減できます。足の甲などが痛くなる場合、ベビーパウダーを親指と人差し指の周囲に塗布することで、足の痛みを和らげることができます。ベビーパウダーは肌の摩擦を減少させて快適に履けるようにします。

まとめ

草履は着物文化において重要な要素ですが、正しい履き方を知らないと痛みや靴ずれの原因となります。この記事では、草履を痛くならずに快適に履く方法を詳しく紹介しました。適切なサイズの選択や鼻緒の調整、靴ずれ防止のポイントなど、草履を楽しむための情報が満載です。美しい着物姿を演出するために、ぜひこのガイドを参考にしてみてください。

 

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索