全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物の色や柄の選び方とは?自分に似合う色や柄を見つけよう

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/03/15

着物の色や柄の選び方

着物の魅力は、豊富な色や柄の組み合わせにあります。しかし、自分に似合うものを見つけるのは簡単ではありません。本記事では、着物の色や柄の選び方について解説し、個々の魅力を引き出すコツを紹介します。自分にぴったりの着物を見つけたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

パーソナルカラーについて

まず、自分に似合う色を知るためのパーソナルカラーについて紹介します。パーソナルカラーは、個々の肌や髪、目の色合いから自分に似合う色を見つける手法です。

肌や髪のトーンにより春、夏、秋、冬の4つのタイプに分類されます。この診断を通じて、自分の魅力を最大限に引き立てる着物の色を見つけられるでしょう。

肌のベース色を調べる

パーソナルカラーを知る一歩めは、肌のベース色を確認することです。金色と銀色の画像の上に指を置き、どちらが肌をよりきれいに見せるか観察します。

血管や骨が目立たないほうが理想的です。金色が似合う人はイエローベース、銀色が似合う人はブルーベースとされます。

髪や目の色から調べる

次に、髪や目の色から分類します。髪や目が黒く、かつ髪の毛がしっかりとしたコシがある方はダークトーンに分類されます。

一方で、髪や目の色素が薄く、髪の毛が柔らかい方はライトトーンに属します。

春夏秋冬の分類

肌のベース色と髪や目の色から得られた結果を組み合わせて、春夏秋冬の4つの季節タイプに分類します。

春:イエローベース × ライトトーン
夏:ブルーベース × ライトトーン
秋:イエローベース × ダークトーン
冬:ブルーベース × ダークトーン

この分類に基づいて、自分に似合う色や柄を見つけ、パーソナルカラーを引き立てましょう。個々の特徴に合った色選びは、着物やメイクなどのファッションアイテムをより効果的に活用する手助けとなります。

着物の色の選び方

自分のパーソナルカラーがわかったら、次は色の選び方を紹介します。

春タイプにおすすめの色

春タイプの人は、若々しくて明るく可憐な印象をもたれやすいです。そのため、春の明るい陽光を思わせるような黄色やピンクなどの色合いがぴったり。これらの明るい色は、ポジティブで元気な雰囲気を引き立て、華やかな印象を醸し出します。

■夏タイプにおすすめの色

夏タイプは清楚で上品な雰囲気があり、伝統的な着物がよく似合います。おすすめなのは、水色、明るいパープル、薄ピンクなどの優しいパステルトーンやグラデーションがかった色合いです。とくに、青みがかったピンクは夏タイプの華やかさを引き立てるでしょう。

秋タイプにおすすめの色

秋タイプは大人っぽく、落ち着きのある印象が特徴です。くすみカラーが似合うので、ほかの人には野暮ったく見えるような色も、秋タイプの方が着ると華やかに映えるでしょう。独自のスタイルを楽しめます。

冬タイプにおすすめの色

冬タイプの方は、華やかさとミステリアスさを兼ね備えたタイプです。白い肌と黒い眼のコントラストが美しく、濃い目の色合いがよく似合います。ほかのタイプでは挑戦しにくいような色も、冬タイプならばバランスよく着こなすことができ、独特の魅力を放てるでしょう。

着物の柄の選び方

自分に合う色の選び方がわかったら、次は柄の選び方について見ていきましょう。

春タイプに合う柄

春タイプの方に似合う柄は、レトロな大き目の柄よりも、やわらかで優雅な花柄です。チューリップやポピーなどの明るい花柄がとくにおすすめ。これらの柄は、春の季節感を引き立て、元気な印象を与えます。

夏タイプに合う柄

夏タイプの方に似合う柄は、紫陽花や朝顔などの淡い色の花柄や、細かい柄がおすすめです。パステルカラーに細かい柄の着物を選ぶと、可愛らしさがアップします。

また、可愛らしさを抑えたい方は、彩度を抑えたグレイッシュなカラーに細かい柄を選ぶと大人の雰囲気となるのでおすすめです。

秋タイプに合う柄

秋タイプの方に似合う柄は、くすんでいる色に大胆な柄です。大き目のレトロ柄も安っぽくならず、かっこよく着こなせます。刺繍や絞り、ドット柄なども、秋タイプと相性がよく、粋な装いを演出するでしょう。

冬タイプに合う柄

冬タイプの方に似合う柄は、色がはっきりしていて大胆な柄です。モダンで洗練された装いが得意な冬タイプには、幾何学柄や大柄、直線柄などがおすすめです。これらの柄は、冬タイプの方のスタイルを引き立て、バランスよく着こなせます。

まとめ

パーソナルカラーを意識した着物の選び方は、自分の魅力を最大限に引き立てるカギとなります。肌や髪のトーン、そして個々の季節に合わせて色や柄を選ぶことで、着物が一層引き立ち、その人らしさが際立つのです。春タイプの明るさ、夏タイプの可愛らしさ、秋タイプの大人っぽさ、冬タイプのはっきりとした美しさなど、それぞれの特徴を活かしながら個性的なスタイルを演出できます。

また、パーソナルカラーは、単なるファッション選びを超えて、自分を知り、表現する手段です。柄や色の選び方に工夫を凝らし、自分にぴったりの一枚を見つけ、着物を通じて新たな魅力を発見しましょう。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索