全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

冬に着物を着るときの防寒対策

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/10

着物は年間通して同じアイテムを使うからこそ、防寒対策には気を付けていかなくてはなりません。寒いときでも快適に和服姿での外出を楽しむことができるように、どのような工夫ができるかということを考えておきましょう。

インナーで暖かさをプラスしてみよう

着物というと、インナーもいつもとは違い、着物用のものを用意することも多いでしょう。きれいに和服を着るためには必須ではありますが、一般的な和装用の下着を身に付けるだけでは気温によっては寒さを感じてしまうことも多いものです。

そのようなときにはインナーを変えてみるなど工夫をしてみましょう。和装用のものでも防寒対策用の温かい素材でできたものなどもあるので、冬の時期に着ることが多いと考えられる場合にはこうしたインナーを用意しておくことがおすすめです。比較的暖かく過ごすことができるでしょう。

また、最近の洋服用のインナーで、外に響かない形のものも多くあります。そういったものであれば和装用のインナーの下に仕込んでおくということも可能です。発熱素材など、高機能のものであれば寒さを防ぎやすいです。

和服は襟元が広く開きやすいので、キャミソール型や襟元が大きく開いているタイプのものを選ぶと、外に出にくくなるので見た目を気にせずそのまま着ることができます。下半身も、和服の場合大きく開いていることになるので、空気が入ってきやすく寒さを感じやすいポイントです。

和服は裾が長く、足袋を履くこともあり幸い外には見えないところなので、しっかり防寒対策をしておきましょう。ストッキングやタイツを身に付けておいたり、レギンスなどを履いていても暖かさを感じやすくなります。

外を歩き回る場合などは特に足元の寒さが大きなポイントとなってきます。下から寒さをシャットアウトするということを考えていくと快適に過ごしやすくなります。ぜひこうしたインナーを取り入れながら、目立たずに暖かい状況を作っていきましょう。

小物を取り入れておしゃれに防寒を

和服が寒く感じるのは、大きく襟が空いてしまうということが理由と言えます。この襟元をきちんとカバーしておくことが暖かさを感じていくポイントです。襟もとをカバーするために小物を取り入れてみましょう。

ファーの襟巻などを取り入れる方が多いです。成人式では多くの方が身に付けている様子を見ることができます。ファーの雰囲気で豪華に見えますから、お洒落に仕上げるためのアクセントとしても使えます。

ふわふわした触感と厚みが暖かさをプラスしてくれるので、冬のお出掛けには必須です。これで首元から寒い空気が入り込んでくるのを防ぐことができれば体全体を冷やさずに済むことになるのです。白など明るいファーの色が、顔色をよりきれいに見せてくれるという効果も期待できます。

その他にも、意外と冷えやすいポイントとして耳元や手先が挙げられます。和装ではヘアスタイルをアップにすることも多いので、耳周りがいつもより寒く感じてしまうことも多いでしょう。そういったときにはイヤーマフなどを付けると冷えを防止できます。マフラーとコーディネートしておくと、統一感も出て見栄えが良くなります。

また、手袋などもしておくと、手が外に出ていても寒さを感じにくいです。袖の中に手を入れるなどしていると、転倒したときなどに対応しづらくなってしまうことがあります。そうならないように、外を歩くときには手袋をしておくことも重要な対策です。袖口が広いので、中まで空気が入りやすいですから、長めの手袋でカバーしておくということも考えておきましょう。

着物やアウター選びで暖かくしていこう

比較的カジュアルな場面で着物を着る場合には、素材などを自由に選びやすくなります。そのようなときにはウールの着物など厚手で暖かい素材を選ぶと、防寒対策につながりやすくなります。さらに、全体をカバーできるコートなどを用意しておくと、暖かく外出しやすくなります。頻繁に和服で外出するという方はこうしたアイテムを取り入れていくことも検討していきましょう。

 

寒い時期でも和服でのおしゃれを楽しんでいくためにも、ぜひ細かい工夫を取り入れていきましょう。寒さを気にすることなく楽しむことできれば、より着物の活用の幅も広がっていくはずです。特に外を歩くことが多いときにはしっかり防寒対策をとっていくようにしたいものです。

着物を仕立てたり、レンタルしたりするときにはぜひ、防寒につながるグッズなども一緒に購入しておくようにしましょう。そうすることで着物の出番も増えますし、お洒落の幅も広がっていく楽しみも生まれます。同じ着物であっても小物の取り入れ方によって印象が変わることもありますから、見た目の面からも大きなメリットがあるといえるでしょう。

サイト内検索
着付け教室コラム