全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

浴衣はいつ着る?浴衣の着用マナーについて解説!

公開日:2024/01/01  最終更新日:2023/12/06

?

夏の風物詩である浴衣は、日本の伝統的な着物であり、さまざまな場面で楽しんで着用されます。浴衣は、夏祭りや花火大会などの季節行事にぴったりですが、その着こなしにはマナーやルールが存在します。この記事では、浴衣の魅力だけではなく、正しい着こなしのポイントや注意すべきマナーについて詳しく解説します。

浴衣はいつ着るものなのか

浴衣は一般的に7〜8月にかけての盛夏にもっとも相応しい和装です。

この時期は日本全国でさまざまな夏祭りや花火大会が開催され、浴衣を着てその雰囲気を楽しめます。薄くて風とおしのよい素材が使用されており、暑い夏の日でも涼しさを感じられるのが特徴です。7〜8月以外でも浴衣を着られますが、季節感を大切にすることが重要です。

たとえば、秋には紅葉やぶどうの柄の浴衣がぴったりです。季節に合った柄を選ぶことで、浴衣を通してその時季の美しさを表現できます。浴衣を手に入れる最適な時期は6月頃です。

この時期になると各ブランドから新作が次々と登場し、多彩なデザインから選べます。早めに購入することで、お気に入りの浴衣を見つけられる確率が高まります。また、浴衣の着用は夏祭りや花火大会だけに限りません。

カジュアルな食事会や観光地巡りなど、さまざまな場面で浴衣を楽しめます。とくに、和装に慣れ親しんでいる人は普段着としても取り入れられ、日常生活に華を添えます。浴衣は日本の伝統的な衣装でありながら、その使い勝手のよさから現代のライフスタイルにも適しています。

浴衣の暑さ対策・寒さ対策

浴衣の着用は、季節によって異なる温度や気象条件に対応するために、さまざまな工夫が必要です。

とくに、暑い季節には、涼しさを保ちながら快適に浴衣を楽しむ対策が必要です。

浴衣の暑さ対策

夏の暑い日に浴衣を着用する際は、通気性の高い素材の補正や下着の着用が有効です。

浴衣の下には通気性の高いガーゼ素材の補正や汗を吸い取る下着を選びましょう。これによって肌への密着感を軽減し、涼しさを保ちます。下着に気を遣うだけでは間に合わないほど暑いときは、首筋や脇の下に冷却シートを貼ることで、体温を下げられます。

これは熱中症予防にもつながります。さらに扇風機やうちわ、日傘も使用しましょう。小型扇風機やうちわ、日傘を使って風を取り入れることで、体感温度を下げられます。

また、こまめに水分補給を行うことも忘れないようにしましょう。着物は体温調整が難しいため、こまめな水分補給が重要です。外出時は水筒を携帯し、十分な水分を摂るよう心がけましょう。

浴衣の寒さ対策

逆に盛夏以外の季節、少し肌寒い季節に浴衣を楽しむなら、浴衣に合わせてストールや羽織物を利用するのがおすすめです。

和柄や落ち着いた色のものを選べば、季節感を演出できます。長襦袢や足袋、下駄などの和装小物を利用することも有効です。足元が冷える場合は、和装用タイツやレギンスを活用することで、体温を保ちながらスタイリッシュな着こなしを実現できます。これらの対策を組み合わせ、季節ごとに工夫することで、浴衣をいつでも楽しめるでしょう。

浴衣着用の際のマナーとは

浴衣は一般的にカジュアルな場面で着用されることが多いものですが、いくつかのマナーや注意点が存在します。

浴衣を美しく着こなし、上品な印象を与えるためには、以下のポイントに留意することが大切です。

浴衣の格について

先述したとおり、浴衣は基本的にカジュアルな場面での着用が適しています。

お祭りや花火大会、夏のイベントなど、リラックスした雰囲気の場での浴衣の着用が一般的です。しかし、浴衣はあくまでカジュアルな装いであり、フォーマルな場面では適さないことに留意しましょう。

たとえば、結婚式や正式なイベントでは、浴衣の代わりに格式高い着物がより相応しい選択となります。ただし、足袋や名古屋帯を合わせることで、浴衣に少しフォーマルな雰囲気をプラスできます。

足袋は通常、畳の上での履物とされていますが、浴衣に足袋を合わせることで、足元も整った印象に仕上げられます。名古屋帯も、シンプルでありながら上品さを演出するのに適しています。

ただし、これらの工夫があくまで浴衣をフォーマルにする手段であり、本格的な格式ある着物の代替にはならないということです。重厚感や格式が求められる場面では、伝統的な着物を選ぶことが重要です。

着用時の所作にも気をつけよう

また、着用時の所作にも気を付けることが重要です。

浴衣は動きやすく、カジュアルな雰囲気を楽しむものですが、着崩れなどには注意が必要です。とくに帯の結び方や衿元の整え方に気を使い、清潔感を保つことが重要です。

まとめ

浴衣は日本の夏の風物詩として親しまれていますが、着こなしにはさまざまな工夫やマナーが存在します。カジュアルながらも上品で美しい印象を与えるためには、場面に合った着こなしや所作に気を付けることが不可欠です。伝統的な衣装を身にまとう喜びを感じながら、夏の季節を楽しんでください。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
着付け教室コラム