全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物を普段着にしたい!普段着にするメリットとおすすめの着物も紹介!

公開日:2024/01/01  最終更新日:2023/12/06

?

SNSの影響もあり、若い世代を中心に着物を普段着にしたいという人が増えています。着物を普段着にすることで、日常に上品な華やかさをプラスできるだけではなく、季節感を味わいながらファッションを楽しめます。この記事では、普段着におすすめの着物や、着物を取り入れることで得られる魅力について紹介します。

着物を普段着にしよう!着物を普段着にするメリットは?

着物は日本の伝統的な衣装ですが、最近では普段着としても着用されることが増えています。

ここでは普段着として着物を着用するメリットをまとめています。

日本の伝統文化を身近に感じる

着物を普段着として着る最大のメリットは、日本の伝統文化を身近に感じられる点です。

着物は日本の歴史や文化を象徴する衣服であり、着用することで日本の伝統に触れ、現代に伝える役割を果たします。着物を通して、日本の美しい伝統が日常生活に溶け込み、自らもその一部となれます。

着心地のよさ

着物は体型に関係なく体に優しくフィットし、着心地を提供します。

洋服に比べてゆったりとしており、リラックス効果があるのも特徴です。肩こりが解消されたと感じる人もいるほど、着物は心地よい装いといえます。日常の喧騒から離れ、心身ともにリフレッシュできる一着となるでしょう。

また、季節に応じた素材を選ぶことで、一年中快適に過ごせます。その着心地のよさにより、日常生活がより心地よく、快適になります。長い歴史のなかで磨かれた技術が込められた着物は、身にまとうことで特別な感覚を味わえるでしょう。

スタイルの多様性

着物は色、柄、素材のバリエーションが豊富で、個人のスタイルに合わせて選べます。

帯や小物を変えることで、日々の気分やシーンに合わせて異なる表情を楽しめます。自分自身の個性を表現する手段として、着物は豊かなスタイルの可能性を提供しています。

人とのつながりが広がる

着物を普段着にすることで、日本の文化に興味がある人や外国人から話しかけられることが多くなります。

着物を通じて他者とのコミュニケーションが増え、異なる文化との交流が広がります。これにより、人とのつながりが深まり、新しい友達や興味深い出会いが増えることが期待できます。

意外と面倒?着物を普段着にするデメリットは?

日本の伝統的な着物は、その美しさや歴史的な価値から多くの人々に愛されています。

しかし、着物を普段着として選ぶ際には、いくつかのデメリットもあります。その中でとくに顕著な3つのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

動きづらく感じる

着物のデメリットとして、よく挙げられるのが「動きづらさ」です。

着物は袖が長いため、家具やドアに引っ掛かることがあり、足元も窮屈で階段の昇降が難しいこともあります。

運転時には操作がしづらくなることや、お腹周りが帯で締められているため食後に苦しさを感じることもあるといわれています。慣れるまでは不便に思うシーンが多くあるでしょう。

着付けが手間

次のデメリットとして、着付けに手間がかかるという点が挙げられます。

着物を正しく着るためには、一定の知識やスキルが必要で、手間がかかります。普段着として着る場合でも正しい着付け方を理解しておくことが大切で、そのための時間や労力が必要です。

着物を広げるために場所を広くとったり、準備が面倒なため、気軽に着ることが難しいといえます。こちらも慣れるまではデメリットに感じる点です。

お手入れ・保管の手間がかかる

最後に、お手入れや保管に気を遣う必要があります。

着物は洋服と異なり、簡単に洗濯できず、クリーニングや日頃の手入れが欠かせません。また、畳み方にもルールがあり、正しい管理方法を把握しておく必要があります。これらの手入れや保管の手間は、着物を普段着として選ぶ際のデメリットとして考えられます。

普段着に向いている着物の種類・特徴とは

普段の生活で和服を気軽に楽しむためには、適切な着物の選び方が重要です。まず、普段着としておすすめの和服の中から、以下の5つをピックアップしました。普段着に最適な着物を選びましょう!

普段着に向いている着物の種類

「小紋(こもん)」はカジュアルなシーンに適しています。

柄や文様がさまざまなのが特徴的で、着物初心者の方でも気軽に楽しめます。「御召(おめし)」は洗練された印象を与えられます。セミフォーマルな場にも適していて、着用シーンが幅広いのが特徴です。

反対に、カジュアルに洋服のような感覚で着物を着たいときは「紬(つむぎ)」がおすすめです。軽くて動きやすく、日常のさまざまな場面で活躍します。夏の暑いときは着付けが簡単で、涼しく過ごせる「浴衣(ゆかた)」が最適です。

着物の選び方

和服の選び方についても注意点があります。

着物を普段着にしたいときは自身に合ったサイズを選ぶことも重要です。着丈や袖の長さ(裄)に注意して、体にフィットするサイズを選ぶことで、より快適に和服を楽しめます。また、着物の材質にも気を配ってみましょう。

たとえば正絹は格が高く、さまざまな場面で利用しやすい着物ですが、手入れが難しく、日常使いにはあまり向いていません。しかしウール製の着物なら手入れが簡単で、保温性に優れているため寒い季節でも快適に着られます。

麻や木綿は夏に涼しく着られ、ポリエステルは手入れが簡単で、忙しい日常でも手軽に楽しめる素材といえるでしょう。このように季節に合わせて最適な着物を選ぶことが大切です。

まとめ

着物を普段着にすることは、日本の伝統文化を尊重し、日常生活に美しさと心地よさを取り入れる素晴らしい方法です。着物のメリットは多岐にわたり、その特別な魅力を日常に取り入れることで、より豊かで充実した生活を楽しめるでしょう。しかし着物を普段着に選ぶ際には、実用的な側面やデメリットも理解しておくことが大切です。動きやすさ、着付けの手間、お手入れや保管にかかる手間を十分に考慮し、自分のライフスタイルに合った着物の着こなし方を見つけましょう。ぜひ、着物を通じて新たな日常の魅力を見つけ、そのよさを体験してみてください。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
着付け教室コラム