全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物を汚してしまった!すぐにやるべき応急処置とは?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/09

着物はとても高いものですので、汚したと気づいたら一瞬パニックになってしまう人もいるかもしれません。慌てて応急処置をしたいけれどどうすればよいかわからない、そんなことのないように適切な対処をしましょう。大切な着物をきれいなまま長持ちさせるための対処法を紹介します。

汚れは種類によって落とし方が変わります

汚してしまったと思ったら、焦って手でこすったり、おしぼりなどで無理やり取ろうとしてしまったりしないことが重要です。水道へ走って水でずぶ濡れにしてしまったりすると、場合によっては逆に汚れが広がり、大きな消せないシミになってしまう場合もあります。汚れは気づいた時に、できるだけ早く対処することがよいのは間違いありません。

ただしそれは汚れの種類に合わせた正しい方法でおこなった場合に限りいえることで、こすったり摩擦熱を加えたりしないことを肝に銘じておきましょう。洋服と同じ感覚では処理できないことが前提です。それでは汚れの種類別に応急処置の方法を解説します。

まず油性汚れですが、これはファンデーションや口紅などのメイクでよく起こるトラブルです。ほかにも油性ボールペンのインキなどがついてしまう場合もあり、卒業シーズンの寄せ書きなどでは注意が必要です。応急処置としては、汚れた布部分をベンジンなどの薬品で叩いて、色素をほかに移します。

着物の下に汚れてもよいハンカチなどを厚めに敷き、ベンジンを木綿生地に含ませて、汚れの上から何度も叩いて汚れを下へ移します。叩いて落とすことが重要なので、絶対にこすらないでください。ベンジンは薬局などで個別でも売っていますが、市販の染み抜き剤の中ならほぼ間違いなく入っています。

次に水性汚れですが、こちらで多いのはコーヒーやしょうゆ、ワインなどのお酒やお茶の汚れです。これは台所の食器用洗剤(中性洗剤)を15倍に薄めたもので落とします。汚れの移し方は上記と同じで、着物の下にハンカチなどを敷いて上に着物を置き、木綿などに洗剤を浸して上から叩いて汚れを落とします。

面倒なのは油性と水性の混合ですが、これはチョコレートなどの菓子類、バターやマヨネーズなどが該当します。こちらは先にベンジンで処理した後、食器用洗剤の処理をしてください。

雨の日の泥はねには応急処置はありません

雨の日に気をつけたいのは泥はねですが、泥は対処法がまったく違うので注意が必要です。泥の本体は土や砂であり、水や溶剤に溶けるはずもないからです。こうした性質を不溶性と言いますが、不溶性汚れの応急処置はおしぼりや濡れタオルで拭いても水道水で濡らしてもいけません。水分が多いと繊維のあちこちに泥が広がり、全体的に汚くなってしまいます。

タオルで拭くと着物の繊維の中へ泥の粒子が押し込まれ、生地を傷めることにもなりかねません。結論からすると、泥汚れは汚れた直後は触らないのが基本であり、汚れた直後は一切触らず、どうしても水分を取る必要がある場合はタオルを垂直にあてて水気だけを移してください。

汚れやすいのは裾だけでなく膝裏部分で、歩き方によってはお尻の高さまで飛ぶ場合もありますので裏側全体をよく見ましょう。泥はねは裏地に染み込む場合もありますので、裏地と長襦袢もよくチェックしてください。汚れの位置を把握したら、十分に乾燥させた後に専用ブラシで落とします。

専用ブラシは獣毛の小さいブラシですが、ない場合は新しい歯ブラシでも可能です。毛質は柔らかく細いもので、綿棒とあわせて活用しましょう。兎にも角にも生乾きではいけませんので、完全に乾いた状態でおこなってください。

着物専門のクリーニングに出すのが一番です

汚れは応急処置できないわけではないのですが、結論からすればあまり成功率の高い手段ではありません。一度失敗した作業は、そこでできた汚れを落とすことが格段に難しくなり、アルコールなどで万が一変色でもしてしまうと元に戻すのはプロでも困難です。どうしても自分で汚れを落としたいという人もいるかもしれませんが、やはり着物に限っては専門のクリーニングに依頼するのが無難でしょう。

ファンデーション汚れなどは油剤を使う一般的なドライクリーニングでも落としやすい部類ではありますが、かえって汚れが薄まって範囲が広がっていたという悲劇もあります。油は酸化すると変色の原因にもなるため早急な対応が必要なのは確かですが、できれば早く専門家に任せたほうが着物を守ることになるでしょう。

また、泥汚れはブラシで払っても取れないと判断したら、作業をすぐにやめて専門のクリーニングに出してください。というのも、車道の泥には油やほかの成分も混じっている確率が高く、ブラシだけでは落とせないこともあるからです。汚れの範囲が直径5cm以上ある、箇所が多い、時間が経過しているといった場合は、迷わずクリーニング店に相談するのがおすすめです。

 

着物の汚れは種類によって、一定の応急処置は可能な場合もあります。ただし自力で作業するとかえって汚れの範囲が広がったり、生地や柄を傷めてしまったりすることにもなりかねませんし、成功率は決して高くはないでしょう。また泥汚れはその場では触ることはできませんので、完全に乾いてからブラシで払うより方法がありません。

汚れを落とすには時間との勝負であることは間違いありませんが、それでも自分でなんとかしようとせず、着物専門のクリーニングに相談したほうがよい場合が多いです。難しいなら無理はせず、専門家を頼りましょう。

サイト内検索
着付け教室コラム