全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

半衿の気を付けたいポイントを紹介!TPOや季節に合わせてコーディネートしよう

公開日:2023/10/15  最終更新日:2023/11/01

!

着物は日本の伝統的なファッションです。着物のパーツの中でも、とくに半衿は、その美しさと洗練されたデザインが特徴となっています。本記事では、様々な場面や季節に合わせて、半衿をどのように活用するかについてご紹介します。半衿を着こなす際のポイントを押さえ、おしゃれなアクセントをプラスしましょう。

半衿とは

半衿(はんえり)は、着物の下に着る「長襦袢につける衿」のことを指します。

幅15cm、長さ100cm程度と実際の襟の半分程度の長さであることから「半衿」と呼ばれるようになりました。まず、なぜ半衿が必要なのかを考えてみましょう。長襦袢本体には「地襟」といって、もともと襟がついていますが、それだけでは不十分です。

半衿が必要になる理由は、長襦袢本体や着物を地肌からの皮脂や汗、そして化粧品の汚れから保護するためです。とくに着物の首元は汗や皮脂、またファンデーションなどの化粧品がつきやすい部分となっています。

そのため、汚れやすい首元を半衿でカバーすることで、半衿を定期的に取り替えることで済ませることができ、長襦袢や着物の寿命を延ばすのに役立ちます。さらに、半衿はファッションの一部としても重要です。

半衿の色やデザインによって、顔映りが大きく変わり、着物の雰囲気や印象を左右します。清潔感のある白無地の半衿から、シックな色使いや美しい刺繍が施されたものまで、半衿のバリエーションは豊富です。

そのため、季節や着物の柄、場面に合わせて半衿を選び、コーディネートの一部として楽しむことができます。

半衿の種類

半衿(はんえり)は、着物の魅力を引き立てる重要なアクセサリーとして、さまざまな種類が存在します。

以下に、主要な半衿の種類とその特徴について説明します。

塩瀬(しおぜ)

塩瀬の半衿は、横畝に特徴がある織り方で、気温の下がる秋の10月から春先の5月まで着用する着物に合わせることができます。

振袖、留袖、訪問着などの多くの着物スタイルに適しており、きもののコーディネートを楽しむことができます。正装だけでなく、小紋、紬、御召、木綿などの単位仕立てのきものでも幅広く合わせられます。

絽(ろ)

絽素材の半衿は、6月から9月下旬までの夏の着物に合わせるための「夏の半衿」です。

隙間のある織り方が特徴で、涼感のある雰囲気を持ち、夏の素材として爽やかな半衿です。裏地のない単衣仕立ての着物などに合わせることが一般的です。

麻絽(あさろ)

麻絽の半衿は、7月や8月の盛夏期に着用する夏紬や麻などの織物の着物に合わせて、涼しげな衿元できものを楽しむための素材です。

楊柳(ようりゅう)

楊柳素材の半衿は、縦しぼが特徴で、春単衣や秋単衣など、5月や9月頃に着用する着物に合わせて、きものの衿元に似合うとされています。

絽縮緬(ろちりめん)

絽縮緬はさらりとした着用感が特徴の素材で、6月や9月などに使われることの多い半衿素材です。

単衣のきものに合わせることが一般的で、小紋や織物など、さまざまな着物にマッチするおしゃれな半衿素材です。

縮緬(ちりめん)

絽縮緬が夏向き素材であるのに対して、「縮緬」は冬の寒い季節に合う半衿の素材として知られています。

素材にボリューム感があり、紬などのきものとのコーディネートがしやすい半衿です。

これらの半衿素材は季節や着物の種類に合わせて選び、和装のスタイリングを豊かに彩る手助けとなります。半衿の特徴を理解し、適切な選択をすることで、和装の美しさと魅力を最大限に引き立てることができます。

半衿のTPOや季節に合わせた使い方

半衿の選び方や使い方は、着物の種類やシーン、季節によって異なります。

以下に、TPOや季節に合わせた半衿の使い方について説明します。

正装時には白を選ぶ

正装の場合、白の半衿が基本です。

留袖、訪問着などのフォーマルな着物スタイルには、白い半衿が相応しいとされています。白い半衿は格式を保ち、清楚な印象を与えます。淡い色の半衿であれば、セミフォーマルな着物とも合わせることができますが、基本的には白を選びましょう。

白の半衿は、とくに結婚式や祝い事、正式な場面で選ばれることが多いです。そのため、色物の半衿は、カジュアルな場面で楽しむためのものと考えましょう。

刺繍糸の色に注意

第一礼装の半衿を選ぶ際、白地に白の地模様や刺繍、または白地に金の刺繍が一般的です。

つまり、フォーマルなシーンでは、刺繍糸の色まで注意が必要です。白や金以外の色や柄、刺繍が施されたデザインは避けるべきです。このような半衿は、格式に合わず、適切ではありません。フォーマルな場面での半衿選びには慎重さが求められます。

なお、卒業式、謝恩会など、一般的なフォーマルなシーンから外れる場合、刺繍糸の色に厳格な決まりはありません。

このような特別な場面では、自身の好みや個性に合わせて半衿を選んでみることができます。カラフルな刺繍やデザインを楽しんで、自分らしいスタイルを表現することができます。

季節に合った半衿を選ぶことも大切

季節に合った半衿を選ぶことは、和装のスタイルをより魅力的に演出するために重要です。

たとえば、暑い夏季には涼しげな半衿として「絽(ろ)」素材が適しています。逆に、寒い冬季には暖かさを提供する「縮緬(ちりめん)」素材が適しています。

また、春や秋には「塩瀬(しおぜ)」素材が適切です。適切な半衿を選ぶことで、季節に応じた快適な着用が可能となり、同時に季節感を表現することもできます。

まとめ

和装のアクセントである半衿は、その選び方や使い方を季節や場面に合わせることが重要です。半衿の選択により、装いに洗練さや清潔感をプラスできます。また、TPOに応じて半衿の色やデザインを選び、フォーマルな場面では白い半衿を、カジュアルな場面ではカラフルなものを楽しむことができます。そのため、選び方や使い方をマスターすることは、和装ファッションをより魅力的に、個性的に表現する鍵となるでしょう。季節やTPOに敏感に対応し、半衿を活用して、和の美しさを存分に楽しんでください。

 

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索