全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

夏の着物と冬の着物の違いは何?

夏の着物と冬の着物の違いは何?

 

着物は一見すると、夏でも冬でも同じように見えます。
しかし、実は夏物と冬物では大きな違いがあるため、選ぶ時には慎重に判断しなければなりません。
柄によっても季節が判断されるため、柄のチェックを怠らないことも、よいものを買う秘訣といえるでしょう。

 

春・秋・冬用の着物の主な特徴は

・春・秋・冬用の着物の特徴として挙げられているのは、と呼ばれ、裏地がついていることでしょう。
裏地がつくことによって通常よりも通気性を抑え、寒さを感じにくくするといいます。
一般的に春・秋・冬用の着物は絹や化繊、真冬にウールやデニムといったものを利用する人も少なくありません。
特にウールや化繊は暖かいため、正式な場でない限り、多くの人が身につけやすい着物といえるでしょう。
ウールの場合には裏地がついておらず、単衣でも十分な暖かさを感じさせてくれるため、身に着けやすくなっているのが特徴です。
ただしあくまでもカジュアルな装いとされているため、シチュエーションによっては身に着けることを控えましょう。
なお、着物だけでなく、着物の下に着る長襦袢も裏地のついているものを使用します。

・また、帯も春・秋・冬用の通気性がそれほど強くないものにしている場合が一般的です。
真冬の場合に履物の上に道行と呼ばれる上着をまとうことが多いといいます。

・また、道中着と呼ばれる上着を身に着けていることも多いといわれ、デザインや出かけるシチュエーションによってアイテムを買えることが大半です。
改まった席の場合には羽織と呼ばれるものを身にまといますが、男性の場合には羽織を身につけることが多いでしょう。
それでも寒い場合、首周りや足回りに現代的な素材を使って、暖かくして出かける人が少なくありません。
ヒートテックを下に身につける人や、レギンスをはいてその上から着物を着る人もいます。

 

他の季節にはない夏用の着物の特徴

夏用の着物は、2種類に分かれています。
6月と9月に身に着ける裏地のついていない単衣と呼ばれる着物と、
7月、8月に身に着ける薄物と呼ばれる風通しのよさにこだわった素材で作られた物です。

〇単衣の特徴
裏地がついておらず、1枚で仕立てられていますが、薄物のように透けるような透明感ある着物ではなく、あくまでも1枚で作られていることが特徴といえるでしょう。
主に身につけられる素材としては木綿、化繊、紬です。

〇薄物の特徴
すけるように薄い素材で作られた1枚仕立ての着物で、主に使用されるのは絹か麻といわれています。
絽や紗と呼ばれる素材で作られた着物は、夏らしく涼しさを感じさせるものといえるでしょう。
カジュアルな素材の場合には、綿や麻を使うことが多く、風通しがよい着物となっています。
特にカジュアルなシーンの場合、木綿や麻の着物は気軽に身につけられるものといえるでしょう。

〇帯も夏らしいものを使用
帯も他の季節のものとは異なり、透け感のあるものを使用することが多いといわれています。
帯揚げのような小物にいたるまで、全てが透明感を感じさせるつくりとなっているため、涼しく感じられるように配慮された素材であることがわかります。
ただしオールシーズン使える博多帯のような例外もあるため、身につける時には注意が必要です。
わからない時にはお店の人に確認することで、よいものを選びやすくなるでしょう。
基本的に透ける素材で作られているものは夏物、透けない素材で作られているものの場合には冬物と考えると、覚えやすいでしょう。

 

冬から夏に切り替えるタイミングはいつごろか

洋服の衣替えと一緒で、6月から9月の間が夏用の着物を着るシーズンとされていますが、地方によっては気温や気候が異なるため10日前後ずれ込むでしょう。
気温や気候に合わせてある程度徐々に衣替えをしていくと、無理をせずに済ませることができます。

〇クリーニング
和服専門のクリーニングに出すことはポイントといわれていますが、和服専門のクリーニングが近隣にない場合、呉服店に相談するとクリーニングを受け付けていることもあるため、行きつけのお店に相談しましょう。

〇夏物と冬物の判断
なお、夏物か冬物か判断しづらい物を見つけた場合には、着物の柄を参考にしてください。
身に着ける季節を想定した植物や動物が描かれていることが大半とされています。
最適とされている季節にそった花や植物が描かれていることが大半とされているため、店員にどんな植物なのか確認しましょう。
理想とされる季節が次第にわかるでしょう。
着物以外にはある程度オールシーズン大丈夫なアイテムもあるため、事前に確認をしてから利用することが重要といわれています。
なお、夏用の着物の中でも浴衣に関しては当然のことながら木綿であり、夏にしか着られないと一目でわかるでしょう。
徐々に入れ替えていくか、一気に衣替えするのかにもよりますが、クリーニングに出すのであれば一度に済ませたほうが早く片付きます。

〇まとめ
単純に着物といっても、夏用とそれ以外の季節用では全く素材が違うことがわかります。
季節感のあるアイテムが大半とされているため、身につけるときには注意が必要といえるでしょう。
事前に確認して身につけることが、快適に過ごせるポイントといえます。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装