全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付けスタイリストになるには?

着付けスタイリストになるには?

 

着付け教室で学んだ後には着付け教室や着付け・着物店で着付けスタイリストとして仕事にするという道もあります。
着付けスタイリストは着付けをする以外にもいろいろなアシスタントをするものですが、この着付けスタイリストに興味がある人向けに知ってもらいたいポイントを解説していきます。

 

着付けスタイリストとは?

着付けスタイリストは着付け師と似ているようでいて実はけっこう異なります。
どちらも着付けをするものであることは確かですが、着付けスタイリストは着付け以外にもいろいろなことをします。

・例えば、着付けに合う髪型のアドバイスをしたり、実際に髪を整えるということも行います。

・他に、似合う着物の提案や着物と合わせておきたい小物も選びます。
このように着付けスタイリストは着物に関わる総合的なアドバイスや手助けをするものです。
このため、着付けや着物について興味があるという人は着付けスタイリストについて調べてみるのも良いかもしれません。

〇スタイリストになること自体はそこまで難しいものではない
着付けスタイリストを目指す方法はいろいろとありますが、最も簡単なのが着付け教室で学んで関連資格を取得することです。
これにより着付けスタイリストを名乗っていくことができます。
とはいえ、着付けスタイリストとして着付けをする際には基本的には着付け・着物店などに務めていかないといけません。

〇両方目指すことは可能
この着付けスタイリストと着付け師のどちらになるか悩むという人もいますが、両者を目指すことももちろんできます。
どちらもそれぞれ似通った技能ですから、そこまで勉強の異なることはありません。
もしも着付けのみに特化したいという場合には着付け師になってみるのが良いでしょう。

〇着付けスタイリストになった後には
何も着物店などに勤めないといけないということもありません。
着付けスタイリストの技能はいろいろな場面で役立つものですから、友人などに着付けをしてあげるというのも良いでしょう。
また、着付けスタイリストの知識があればより着物を着るのがうまくもなってきます。

〇自分で着るのと人に着せるのには大きな違いが
このように着付けスタイリストという選択肢もありますが、人に着付けをしてあげるのと自分で自分の着付けをするのとではかなり違いもあります。

・人に着付けをしてあげる際にはその人に合わせた柄などを考えないといけない手間もあります。

・人によっては着付けスタイリストや着付け師の資格を取っても全く用いないこともあるほどです。
このため、もしも着付けスタイリストに興味が有る際には自分の適性ややりたいことなどを考え詰めてみると良いでしょう。

 

着付け教室を途中で辞めたくなったらどうする

着付け師・着付けスタイリストのどちらにしても着付け教室に通う必要性があります。
着付け教室もカジュアルな利用者向けの着付け教室だと金額的にも安く済みますが、着付け師向けの着付け教室だとトータルコストもかなりかかります。
もしも途中でやめたらお金も無駄に失うことにもなりかねません。
だからこそ知っておきたいのがクーリングオフです。

〇クーリングオフとは
契約を解除できる仕組みのことで、このクーリングオフを利用すれば受講料などを全額返金してもらえます。
このため、着付け教室に通った後に「自分に合わない」「着付け師は自分の思っていたものと違った」と思ったらクーリングオフを利用して契約解除すると良いでしょう。
クーリングオフをするのに特に理由も必要なく、手続きを経ることで全額返金してもらうことができます。

〇クーリングオフを利用する際には条件があります
・例えば、クーリングオフは契約後一定期間内しか利用することができません。
このため、時には利用できないこともありますから気をつけておきたいところでしょう。

・また、クーリングオフが利用できないサービスもありますから、全額返金されないこともあるので気をつけましょう。

・このクーリングオフが期限切れで利用できないという場合でも方法がないわけではありません。
例えば、着付け教室によっては独自に返金制度を設けているところがあります。
こうした制度がある着付け教室であればより安心して通っていけることでしょう。

・中には「一定期間内に習得できなかったら全額返金」といったような大胆な返金制度を設けている着付け教室もあるほどです。
これから着付け教室を探す際にはこうした返金制度があるところを探しておくのがおすすめです。

・また、一括払いの着付け教室ではなく分割払いや都度払いの着付け教室を選ぶのも良いでしょう。
こうすることでよりリスクを下げて着付け教室に通っていくことができるようになってきます。
とはいえ、都度払いなどだとトータルコスト的に高くなることがありますから、着付け教室に通って良さそうだと思ったら一括払いなどに切り替えてよりお得に金額を支払っていくようにするとより良いでしょう。