全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物を着るときに必要な下着の種類は?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/03/22

洋服であれば普段の下着を着用して何も問題ないものの和装となるとそうはいきません。

着物を着る機会があった場合、どのような下着を選べば良いのでしょうか。

 

必要と言われている種類を確認しよう

 

着物を着るとき身に着ける下着として必要と言われているのは、肌襦袢・長襦袢・裾除け・ワンピースタイプの肌着です。

肌襦袢は素肌に身に着けるもので、袖丈は5分から7分程度となっています。袖丈が短いので振袖から訪問着まで、どんな種類の着物も合わせても問題ありません。

肌に直接触れるものなので肌触りや吸水性のよい木綿の素材を選ぶのがベストです。さらに寒さが厳しい冬場に着用するという場合は、保温性のあるカーゼを2重にしたタイプだと温かく過ごせます。

肌襦袢と名前は似ている長襦袢は袖丈の長さに合わせて購入するものです。肌襦袢は襟や袖口から見えることはないものの、長襦袢はちらりと見えるのが特徴的です。

色も肌襦袢は白が基本ですが、長襦袢は白以外にもピンクや水色、黒など様々です。さらに単色だけでなくカラーがグラデーションになっていたり、模様が入っているものもあります。

襟口や袖口からほんの数ミリ出るだけですが、長襦袢の種類によって見た目の印象は大きく変わります。なので和装を好む人はオシャレとして、着物に合った長襦袢を選んでいるようです。

裾除けは蹴出しとも言われるもので、パンツの上から直接腰に巻くように着付けるものです。裾部分の汚れや傷みから保護するために身に着けます。

また裾捌きを良くするためにも用いられるのが裾除けの役割です。裾除けには大きく腰巻型・スカート型・パンツ型という種類があります。

腰巻型は古くからあるスタンダードな形の腰巻です。近年はより着用しやすいパンツ型やスカート型が選ばれています。ワンピースタイプの肌着は肌襦袢と裾除けが1つになったタイプで1人でも着用しやすいことから和装初心者でもチャレンジしやすいという特徴があります。

 

女性が気になるブラジャー・パンツの選び方

 

女性が着物を着るとき、ブラジャーやパンツはどのようなものを選べば良いのか気になるのではないでしょうか。

本来、洋装で身に着けていたブラジャーやパンツは、和装の際には必要ないと言われています。

ですが洋装に慣れた現代人にとってブラジャー・パンツ無しで出かけるというのは難しいでしょう。よりキレイに和装スタイルをキープするためには、どのようなブラジャー・パンツを選べば良いのでしょうか。

和装をするときは和装ブラジャーを選ぶのが基本です。和装ブラジャーは一般的なブラジャーのように、バストを立体的に整えるという働きはありません。洋装はバストを強調することがボディラインを美しく見せると考えられていますが、和装の場合はさらしでバストを巻いて逆に潰すのが良しとされています。

和装ブラジャーはカップも立体的ではなく、さらにワイヤーも入っていないのが特徴的です。バストを平らにすることを目的をして着用します。パンツはラインが響かないようボクサータイプか、Tバッグを選ぶのがコツです。

着物、特に振袖を着用するという場合、裾がすぼまっている程美しいとされているため腰骨下の着物はかなりきつく着付けます。そうしなければ裾がすぼまっている、キレイなラインを作れないからです。

ピッタリを腰から下に沿うような形となるので、ラインが響きにくいボクサータイプやTバッグを選ぶ必要があります。

 

普段の下着を代用するコツとインナーの選び方

 

和装には和装に合う下着というものがあります。ですが、成人式などその日だけ着物を着るという場合、必ず必要となる長襦袢や裾除けといったもの以外、できるだけ手持ちのもので済ませたいと考える人もいるのではないでしょうか。

例えば、ブラジャーであればノンワイヤーのブラジャーで代用可能です。ワイヤー入りのブラジャーは着くずれに繋がってしまいますが、ノンワイヤータイプであれば使用できます。

ただし、ノンワイヤーのブラジャーでもカップが立体的に作られているものだと、キレイに着こなすことができません。またパッドが入っているものは、あらかじめ外しておきましょう。

ノンワイヤー以外には、スポーツブラでもOKと言われています。襟袖から見えなければキャミソールも身に着けられます。直接、肌襦袢や長襦袢を着用するのは違和感があるという場合、下にキャミソールを着てみてはいかがでしょう。

寒さが厳しい1月にある成人式に合わせて着物を着るというケースでは、寒さ対策として保温性の高いインナーを着る人もいます。

ただ、インナーが襟口や袖口から見えてしまうのはみっともないので注意が必要です。インナーは大きく襟が空いているもの、袖は7分丈程度を選ぶと良いでしょう。

 

和装スタイルで必要となる下着は、意外と多くありません。

肌襦袢・長襦袢・裾除けがあれば十分着用できます。さらにノンワイヤーブラジャーなど、普段身に着ける下着で代用できることもあります。

気負わず和装スタイルを楽しんでみてはいかがでしょう。

サイト内検索
着付け教室コラム