全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物をレンタルするときの料金は?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/03

着物は購入しておくと、いつでも好きなときに着用することができますが、着用の機会が少ない人はレンタルを活用してみましょう。購入することが難しい高価な品も手頃な価格で用意できますし、着用後は返却するだけなのでクリーニングや保管の手間もありません。ここからは、貸衣装で用意する場合はどれぐらいの費用が発生するのかを調べていきます。

振袖を借りる場合の相場を確認しよう

着物を着用する機会はいろいろとありますが、特に多くの和服姿の女性を見かけるのはなんといっても成人式シーズンです。このときは、振袖を着用することが一般的ですが、着用の機会はそれほど多くない着物ということもあり、購入ではなくレンタルで用意する人も多くなっています。

この場合は、どれぐらいの費用が発生するのかも気になるところですが、安いものであれば5万円程度から借りることができます。振袖はもちろん、着付けに必要な小物類や帯もセットになっていることがほとんどです。より高品質な振袖を選ぶ場合は、20~30万円程度は見ておきたいところです。

料金に差が出てくる理由も知っておきたいところですが、まずは素材の質の違いもあります。振袖は正絹というイメージがありますが、最近はポリエステル製のものも良いものが登場し、そうしたタイプは正絹より安価で借りられるようになっています。さらに、有名ブランドや名人による作品は高価になりますし、製法によっても値段は変わってきます。

成人式シーズンは予約も殺到しますので、あまりに直前に予約すると着用したい振袖がすでに貸し出されていることもあります。それゆえ、良いものを見つけたら早めに予約を済ませておくことがおすすめです。

カジュアルに着用できるタイプは安価

振袖などの高級な和服はレンタルでも高いというイメージがありますが、街歩き用や浴衣などカジュアルに着用できるものはより手頃な価格で楽しむことができます。お店によっても値段には違いがありますが、浴衣であれば小物や着付けなどのサービスがついても3,000円程度から利用できるところもあります。京都など着物が似合う観光地では、レンタルサービスを提供しているお店も多く存在します。

数千円程度で気軽に借りることができ、写真撮影のサービスがあるお店も多くなっていますので、旅行の楽しい思い出作りにも役立ちます。気軽に利用できるサービスですが、返却時間が遅れてしまうと追加料金が発生することもありますので、時間はきちんと守ることが大切です。

団体旅行など大勢で着物を借りることもありますが、その場合は、団体割があるお店を活用すればより安く着物を用意できます。予約の際には、キャンペーンやお得な割引が用意されているかどうかを確認しておくことがおすすめです。

頻繁に着用する場合は購入のほうがお得になることも

レンタル店は全国に多く存在しますが、最近はネットレンタルのお店も人気です。中にはかなりの格安価格で提供しているところもありますが、極端に安い場合は、素材の質が良くないこともありますので評判はよく確かめておきましょう。

ネットレンタルの場合は送料の有無も確認しておきたいところです。借りる期間が長くなるとそれだけ費用も多く発生しますので、レンタル期間が長めのお店を選んでおくと安心です。

着物を着る機会が少ないという場合は、レンタルは安く高品質な着物を楽しめるサービスですが、頻繁に着用する機会があるという人は、毎回レンタルになるとかえって高くつくこともあるので注意が必要です。

振袖の場合も、姉妹がいる場合なら購入しておくほうがお得になる場合もあります。着物を着る際は着付け費用が高くなるという悩みもありますが、着付けの技術を身につけておけば、そうした料金も発生することなく、いつでも気軽に和装を楽しめるようになります。

着用する機会を増やしたい、より気軽に和服のおしゃれを楽しみたいという場合は、購入で自分で着付けをすることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

最近は、着物は購入ではなくレンタルで用意する人も増えています。特に成人式シーズンは振袖を借りる人が多くなっていますが、費用は安い場合は5万円程度から、より高品質なものは30万円ぐらいが相場とされています。

街歩き用や浴衣などカジュアルなタイプであれば、数千円程度で利用できることが多くなっています。必要な小物類がそろっているかどうかも確認しておきましょう。

お得な割引やキャンペーンも活用すればより安く借りることができます。和服を着用する機会が多い場合は購入のほうがお得になることもあります。

サイト内検索
着付け教室コラム