全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け教室と一緒に和裁の趣味を始めるのも人気!

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/19

着物を自分で着ることができるようになるために着付け教室に通う人は少なくありませんが、それと同時に和裁を趣味にすることも人気があります。最近は和裁を趣味にすることの評判が高くなっているので、着付け教室に通うのであれば同時にチャレンジしてみると良いでしょう。

日本文化を学ぶことができる教室の人気が高まっている

近頃は日本文化を学ぶことができる教室の人気が高まっているので、着付け教室以外にも和裁の教室も人気が高いと言えるでしょう。日本には優れた文化がたくさんありますが、実際にその文化を嗜んでいる人の数が多いかと言えばそうではありません。

たとえば特別な日を除いて着物を着る若者が少ないように、優れた文化があっても積極的に学んだり嗜んだりする人は少ないのです。ですが、近頃は海外の人と交流することが多い人も増えており、自分の国の文化を海外の人に伝えるためや、改めて自国の魅力を感じるために日本文化の習い事を行う人が増えています。

着物が好きで自分着ることができるようになりたいと着付け教室に通う人は多いですが、それと同時に和裁の趣味を始めたり教室に通ったりする人も増えているようです。これらの習い事は楽しいだけではなく、技術やスキルを学ぶことによって普段の生活でも活かすことができます。

最近は茶道や華道、お箏や書道なども含めて様々な日本文化の習い事が人気となっているので、気になる人は始めてみると良いでしょう。少しずつ習う人が増えている今であれば受講生の数が多すぎて学びづらいということもありませんので、気になるという場合は早めに教室に通うことがおすすめです。着付け教室や和裁を習うことができる場所は全国にたくさんあるのでチェックしてみてください。

着付け教室と和裁の趣味は相性が良い

たくさんある日本文化のなかでも着物と和裁の相性は抜群だと言うことができます。和裁は和服や和服用の小物を裁縫して作ることを指していますが、着物を着る人であれば自分で和服や小物を作ることができればより趣味を楽しむことができるはずです。

着物や小物を購入しても良いのですが、自分で作れば好きやデザインや柄の組み合わせを楽しむことができますし、時間をかけて作ることで愛着もわきます。

着付け教室に通って完璧に着付けができるようになったときに、自分で作った和服を着たり小物を取り入れたりすれば大きな達成感を得ることができるはずです。自分で着たり作ったりしたものであれば感動がありますし、着物をより身近なものとして感じることができるようになるでしょう。

全く方向性が違う趣味を持っている場合はバラバラの趣味として楽しまなければなりませんが、同じ日本文化をもとにした趣味だと言えるのでこれらの相性は非常に良いと言えます。 着付け教室に通うのと同時に和服を作るための教室に通うことが難しいと考えるのであれば、まずは着付け教室で完璧に着付けを行うことができるようになりましょう。

受講が終わった後も普段から着物を着用することで着付けが上達するはずなので、和服の作り方を習って完成させる頃には更に綺麗に着物を着ることができるようになっているはずです。相性が良い趣味として評判なのでどちらも行ってみると良いでしょう。

同時に着付けと和裁の教室に通うことも可能

せっかくなら同時に通いたいと思う人もいるかもしれませんが、普段働いている人や家事で忙しい人は2つの習い事を同時に行うことは困難なように感じられるでしょう。

着付け教室の場合は週に1回のレッスンを3か月ほど行うことが多く、和裁の場合は月2回から3回のレッスンを数か月から1年以上行うことが多いようです。教室に通って着付けを習う場合は平均的に週に1回通うことが多いようですが、教室によっては2週間に1回ペースでレッスンを受けられることもあります。

和裁についても月に2回から3回のレッスンが多いようですが、教室によっては週1回であったりもっと少ない回数であったりするので、趣味に費やすことができる時間を考えて同時期に通うことも不可能ではありません。

着付けができるようになったらすぐに手作りした和服を着たいなどの思いがあるのであれば、同時に通ってみることも検討すると良いでしょう。上手く教室を探せば同じ時期に2つの習い事ができるように調整することができるので、着付け教室に通いながら和裁も趣味として覚えたいのであれば受講スケジュールが重なってしまわない教室を選択して通うと良いです。

近頃は着付け教室に通いながら和裁を趣味とすることの評判が高く人気なので、ぜひ着付けと和服作りを一緒に学んでみると良いでしょう。作ったものを自分の力で着用することができるので感動もひとしおだと言えます。

 

着付け教室に通いながら和裁を趣味としたり、これも教室に通ったりすることの評判がとても高いです。

どちらも日本文化であり密接なつながりがある趣味なので、2つを学ぶことでより深く楽しむことができるでしょう。着物を着ることができるようになるだけではなく、自分で作ることができるようになれば着物をもっと楽しむことができます。




サイト内検索
着付け教室コラム