全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物を着たときにやってはいけないメイクや髪型は?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/28

メイクや髪型にちょっとした工夫をすることで、よりいっそう素敵な着物姿が実現します。そもそも和服を着るときにはどういったメイクや髪型が似合うのでしょうか。また和装のときにあまりおすすめできないヘアスタイルや化粧についても紹介していきます。

和装メイクは立体感を出さないようにしよう

通常、彫りが深い美人顔を作るには立体的なメイク方法が大切とされています。すっきりした輪郭とまるで外国のモデルのような表情を作るために、ハイライトを入れたりシェーディングで影を作ったりする人も多いのではないでしょうか。

しかしながら着物を着る際には、シェーディングやハイライトは入れないことが基本です。立体的なメイクではなく、のっぺりはっきり顔を作るように心がけましょう。

まず重要となってくるのがマット調なベース作りです。和装の際はとにかく下地作りが大切であり、きめの細かい白くて透明なマット肌が理想です。部分的にフェイスパウダーなどでハイライトを入れるのではなく、全体的に平等にファンデーションを塗るようにします。

フェイスパウダーは仕上げに、全体に載せることがポイントです。そうすることでのっぺりと白くて綺麗な和風顔に仕上がるのです。言うなれば、舞妓さんをイメージすると良いでしょう。のっぺりとした陶器肌が仕上がったなら、はっきりとした目元を作っていきます。

着物メイクのポイントは陶器肌と主張された目元と口元です。チークを濃く塗るのは控えることも忘れてはなりません。

ぱっちり目ではなく切れ長目を作ろう

ぱっちりと丸くてくりくりとした目に憧れる女性は多いものです。けれども着物を着るときには、まんまるお目目ではなくやや切れ長の目になるように仕上げていくようにします。

和装の場合の目元は、縦長まんまるではなく横長に見えるように心がけましょう。切れ長目を作るコツとして、アイラインは漆黒カラーを選ぶのがおすすめです。ブラウンやブルーといったカラーは和服にはNGです。アイラインもマスカラも、黒を選ぶことがポイントと言えます。

アイラインを引く際には、目尻をやや上向きに描くことで切れ長の目になります。滲まないリキッドペンシルタイプのアイラインがくっきりと描きやすいです。マスカラも黒色で、まつ毛の先ではなく根本にしっかりと塗るようにします。

和服のときは、眉は緩やかなアーチ型に描くことが基本です。眉頭を強調して描くと立体的な表情になり着物メイクには似合いません。優しいアーチ型でありながら線ははっきりと描くのがコツです。綺麗に描き終えたら、ブラシで少しぼかして整えましょう。

はっきりした目元とバランスが取れるように、口元もくっきりさせたいものです。口紅のカラーについては、着物のときにパール色は避けるほうが無難です。口紅はやや小さめに、しかしはっきり濃いめの色で描きます。初めに唇の輪郭をコンシーラーで消して、しっかりリップラインを描いてから濃いめのカラーで描きます。

後ろ位置でのまとめ髪やぱっつん前髪は避けよう

着物をおしゃれに着こなすために欠かせないのが、髪型です。和服の場合には髪の毛をアップにしてうなじを見せるのがやはり美しいです。しかしここで気を付けなければならないのが、アップの仕方によっては老けて見えてしまうことです。若々しくセンス良く見せるには、盛った部分が後ろになり過ぎないようにしましょう。さらにサイドをペタンコにした髪型も、老け見えするので要注意です。

ヘアアクセサリーには、ピンクなどの甘いカラーよりも深紅や白、濃紺といった派手ながらも落ち着いた大人カラーを選ぶのもポイントです。高級感のあるべっ甲かんざしなども活用してみてはどうでしょうか。ボブやショートヘアの人も、外ハネヘアにして華やかな大人ヘアアクセでアクセントを付けると良いでしょう。

ただし和装で前髪をぱっつんに揃えた髪型は、幼く見えてしまいます。前髪は横に流すことで凛とした美しさを演出することができます。センターで分けるのも老け見えしてしまうので、7対3くらいの割合で前髪は斜めに流すのがおすすめです。おでこに自信がある人は、思い切ってオールバックにして固めるのもひとつです。

 

着物を着るときは立体的なメイクにならないようにしましょう。のっぺりとしたベースに目と口元をはっきり見せる化粧の仕方を心がけたいものです。ハイライトやシェーディングも、和装には必要ありません。目元は縦長のまんまる目ではなく、切れ長のすっきり目を心がけます。チークを濃く塗るのも、着物メイクでは控えたいものです。

白い陶器肌に目と口が主役となるようにするのが、着物メイクの基本です。髪型においては、後ろ過ぎる位置でのアップスタイルやサイドをペタンコにした髪型は老け見えの原因になります。また前髪をぱっつんに切り揃えるのも、和装にはNGと言えるでしょう。

サイト内検索
着付け教室コラム