全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

無料体験に行ってから着付け教室を選ぼう

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/03/20

着物を着ることにより仕草も上品で女性らしさもアップさせて魅せることができるなど、様々な魅力があります。

普段から着物を着たいと興味を持った時に悩むのは、着付けではないでしょうか。

簡単に着ることができないので、その分ハードルが高くなってしまいがちです。

着付け教室に通うことでマスターすることができるので、まずは無料体験に行ってみましょう。

着付けの無料体験に行く流れについて

着付けをマスターするためには、一度や二度教室に足を運ぶだけでは不可能であり、何回か通うことになり徐々に覚えて行くものです。

しかし着付けの教室に通うとなれば気になるのが料金ではないでしょうか。

教室による違いはもちろんあるので、よく比較してから選ばなくてはなりません。

金銭面の違いや、カリキュラムはインターネットを使えば簡単に検索することができますが、実際の教室の雰囲気や講師との相性などは、自分の目で確かめてみないことにはわかりません。

 

いきなり入会となれば、雰囲気が合わない教室を選んでしまうことにもなりかねないので、まずは体験レッスンに参加してみるようにしましょう。

近年では無料体験ができる教室がかなり増えていますが、いきなり足を運んでもレッスンを受けることができないので、まずは電話やウェブサイトから問い合わせて、体験の予約をしましょう。

予約時には対応が丁寧で安心できるのかや、持ち物は何が必要となるのか、そして本当に全て無料なのかということも聞いておくべきです。

ある程度の情報や流れを聞いておくことで、より安心感を持ち体験に行くことができます。

無料の体験に参加するメリットとは?

体験レッスンに参加することにより、どのような講師が教えてくれるのかや、普段のレッスンは何人程度で行われるのか、そして通っている人の年齢層や雰囲気もチェックすることができます。

着付けはある程度回数を重ねないとマスターすることができないからこそ、講師との相性と通いやすく楽しめる雰囲気の教室かという点は、かなり重要なポイントとなってくることは間違いありません。

体験で無理な勧誘があったり、不審に感じる点があるとなれば、実際に通う教室の候補からは外すことができるので、予期せぬトラブルに巻き込まれてしまうリスクを回避することにもつながります。

無料ということもあり金銭面での負担もないので、まだどこの教室に通うべきか決めかねているという人はもちろん、教室に通う必要があるのかも悩んでいる段階という人でも、より気軽にチャレンジすることができます。

一回限りと考えてしまいがちですが、中には複数回無料で着付けを学ぶことができる教室もあります。

しかしその場合にも、ある程度の段階までいくと次のステップに進むためにレッスン料が発生したり、着物の購入を勧められるということもあります。

あくまで体験は、着付け教室の雰囲気を知ることを目的にしていると考えましょう。

複数の無料体験に参加してみるべき

着付け教室の中には無料の体験は実施していない教室もありますが、近年では無料体験ができることが当たり前という教室がかなり多くなっています。

無料となれば怪しいと感じてしまいがちですが、着物に親しむきっかけを作るために無料で開催していたり、興味を持ってもらい、その後教室に入会してもらいたいという理由から開催している教室が多く、教室側にもメリットがあるので無料だから怪しいということはありません。

中には高い着物を無理やり売ろうとしてきたり、勧誘がひどい教室もあるのでよくチェックしてから、参加する教室を決めることが大切になります。

良い教室でも、それぞれ講師が違い通っている生徒の年齢層や人数、教室の雰囲気も異なるので、本当に着付け教室に通おうと考えているならば、途中で辞めてしまうという事態を防ぐためにも、より自分に適した教室を見つけておくことが大切です。

複数の無料体験に行くことで、比較することができるようになるので、自分にとって良いと感じる教室を選ぶきっかけになります。

 

今の時代は着付けを習うことができる教室は数多く存在しており、いざ着付けを習いたいと感じた際には、どの教室を並んだら良いのかで悩んだり、本当に通うべきなのかで頭を悩ませて、なかなか一歩を踏み出すことができないという人も多いのではないでしょうか。

その際に役立つとし、近年注目を集めているのが、無料で体験できる着付け教室です。

無料体験はその名の通り無料で参加することができるので、リスクなくチャレンジすることができます。

着物に興味を持ち始め、着付け教室に通うことに対して不安を持っている人は、必ず無料の体験に参加しておくようにするべきです。

サイト内検索
着付け教室コラム