全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

無料で通える着付け教室のメリットとデメリット

着物を他者に着させてもらうのは、費用も手間もそれなりにかかるので、頻繁に楽しみたいのなら自身で着付け方をマスターしてしまいましょう。

そのときは、着付けに関する書籍の利用もできますが、実際に講師に教えてもらうことをおすすめします。

着崩れなどをしっかりと指摘してくれるため、美しく着物を着られるようになります。

ただし無料で開かれている着付け教室はメリットだけではなくデメリットもあるため、利用を考えているのなら両方とも把握しておきましょう。

 

無料で通える着付け教室のメリット

無料の着付け教室のメリットは、お金をかけずにプロの講師に着物の着用方法を習えることです。

免許を持っているような専門家に教えてもらうので独学で学ぶよりもずっと正確な着付け方をマスターできます。

書籍もタダではないのでゼロ円でレッスンが受けられるのは大きすぎるメリットだといえるでしょう。

ただしレッスンがタダだといっても、着付けに必要な各種の小道具は自身で用意する必要があります。

小道具は安くはないものなので入会してから驚かないように、費用は事前に詳しく調べておいたほうがよいです。

 

無料で通える着付け教室のデメリット

無料の着付け教室を活用するときのデメリットは有料コースへの勧誘がかなりあるいうことです。

『お金がかからない』という宣伝で人を集めて有料コースに入ってもらうビジネスモデルのところがたくさんあるため、ほとんどの場合は勧誘されると考えたほうがよいです。

着物をすでに持っていたとしても、新しいものの購入をすすめられる可能性もあります。

着付け教室を利用するときには電話番号を伝えなければいけないため、そちらに勧誘やセールスの連絡が入ってくることを覚悟しましょう。

そのため本当にすべてお金をかけずに習いたいと考えている方には、一銭も払わないという確固たる意思を持っていないと難しいかもしれません。

もちろん、ある程度のお金を支払うことを前提と利用するのなら、これらのデメリットはなくなります。

実際、満足して通い続ける方もいるのですから、どのくらいまで費用をかけられるか把握した上で申し込むとよいでしょう。

必要以上の勧誘やセールスがありそうなら、お金を支払う前に、違う無料着付け教室に移ることをおすすめします。

 

無料お試しがあるところを活用しよう

道楽で着付け教室を行っているのではない限り、無料と宣伝されていても収益を得るための何らかの方法が用意されていると考えたほうがよいです。

その方法が有料のレッスンを受ける費用よりも高くなるケースがあるので、無料のところの利用を考えている方は気をつけましょう。

料金を取っているところなら無理な勧誘が存在する可能性が低いため安心して通うことができます。

しかし着物に関する知識がまったくない方が、いきなり有料のところに通うことはおすすめできません。

その着付け教室のレベルも分からないのに、レッスンに参加して、ついていけない可能性があるからです。

それでは支払ったレッスン料金が無駄になってしまうので、まずは無料体験レッスンの活用をおすすめします。

そちらなら普段とまったく変わらないレッスンをタダで受けられるため、自身のレベルに合っているところなのかきちんと確認できます。

どこの着付け教室でも同じだと考えるかもしれませんが、レッスン内容だけではなく雰囲気も重要なのでしっかりとチェックしましょう。

例えば気軽に習いたいのに、何百万円もする着物を着用する方々に囲まれてレッスンを受けるのは、苦痛だと感じる方もいるはずです。

そのようなことも体験レッスンを受ければハッキリするので、自身のレベルに合ったところを見つけましょう。

もちろん体験レッスンを受けた後は、講師の方にいろいろな相談をしっかりと行えます。

レッスン費用に加えて用意しなければいけない道具なども教えてもらえるので、何も分からないのなら数多くの質問をするようにしましょう。

ただし有料でも強引なセールスをしてくるところもあるため、教室選びは慎重に行わなければいけません。

勧誘やセールスのないストレスフリーな環境を望んでお金を払うのなら、評判を調べておかしな噂があるところは避けるようにしましょう。

現代ならインターネットで教室の名前を検索して見れば、すぐに評判を知ることができます。

 

無料の着付け教室の活用を考えているのなら、タダでレッスンを受けられる代わりに、何が必要になるのかきちんと知るようにしましょう。

デメリットよりもメリットが上回ると考えるのならタダで通えるところを選ぶとよいです。

メリットだけのところもなければ、デメリットだけのところもないので、適切な選定を行うためにもしっかりと情報を収集することが大切です。

サイト内検索