全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物の付け下げって何?着るメリットや着こなし方をご紹介!

公開日:2022/06/01  最終更新日:2022/06/24


着物は日本が誇る大切な伝統文化です。この美しい文化を次世代に伝えるためには、日本人がもっと着物に触れ、着用していく必要があるでしょう。着物には多くの種類があり、なかには日常的に着られるものもあります。ここでは「付け下げ」という種類の着物を紹介します。日常でも着用できる着物の素晴らしさを学びましょう。

付け下げとは

「付け下げ」とは、訪問着より少しカジュアルめな着物のこと。フォーマルにも着用で着て、日常の外出着としても使用できます。詳しく見ていきましょう。

付け下げと訪問着の違いとは

着物の中でお出かけ用といえば「訪問着」を頭に思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、訪問着の場合は、着物に「絵羽模様」といわれる柄が入っていて、縫い目があっても柄が続く様に作られています。付け下げの場合は、それが少な目で、かなりシンプルな印象になるのが特徴です。

付け下げの誕生は、第二次世界大戦中の「華美なデザインを控える」という背景が由来。戦争中の物資不足や、戦地に赴く兵隊さんのことを思えば、華やかなデザインの着物は憚られたのでしょう。国が豪奢なものを禁じたこともあり、女性の日常着として付け下げが誕生したのです。

シンプルだからこその美しさがある

終戦を終えてからも、付け下げは着物の種類の1つとして活用されてきました。現代では、訪問着とは違い「シンプルな美しさ」を追求したものも増え、着物文化を支えています。とき代と共にデザインの幅も増え、訪問着と変わらない華やかなものも増えました。「着物を着てみたいけれど、着ていく場がない」という方に、付け下げはぴったり。華やかになりすぎないため、普段着として使用できます。

付け下げのメリット

さまざまな種類の着物がある中で、付け下げを選ぶことにはどんなメリットがあるのでしょう?

「付け下げを選ぶメリット」について、解説していきます。

シンプルなので気負わずに着られる

着物を着用する機会があると、少し身構えた気持ちになりませんか?着物は華やかな印象になるうえ「畏まった場所に着て行く正装」というイメージが強いでしょう。特別な装いは楽しいものですが、普段に着るには、ちょっと勇気が要りますよね。付け下げはシンプルなデザインが多く、華美で目立ちすぎることがありません。普段の生活で着用しやすいです。

入学式などのフォーマルな場に着られる

入学式や卒業式・式典などに出席する際、服に悩むことはありませんか?スーツは動きやすいけれど、年齢と共にサイズが合わなくなったり、デザインがそぐわなくなったりします。その度に買い替えるのは辛いですよね。付け下げは、フォーマルな場でも着用OK。晴れやかな場であれば、帯を豪華にすることで華を添えられます。小物次第で装いを変えられるところが、付け下げの素晴らしいところ。一着持っておくことで、いろいろな場で活躍してくれるでしょう。

リーズナブルな価格の物が多い

付け下げは反物(布をくるくる巻いた状態)のまま染めに入るため、リーズナブルな価格で購入できるのがメリットです。着物は高いイメージが強く、そこがなかなか手に取りにくい要因でもありました。付け下げなら、手が届きやすい金額で購入が可能です。訪問着の場合は、生地を裁断した後に仮縫いをして模様をつけ、もう一度解いて染色→縫い合わせを行います。手間が段違いなので、お値段も高め。訪問着の美しさには憧れますが、日常で気軽に着用することを考えると、付け下げの方が向いているでしょう。

小物次第でさまざまな着方を楽しめる

付け下げのよい所は「シンプルなだけにさまざまなアレンジを楽しめる」というところ。帯やバッグを変えるだけで、着物の印象がまったく違うものになります。帯を凝ってみたり、季節感を取り入れたり、楽しみ方は千差万別。自分が好きな様に着物ライフを楽しみましょう。

付け下げの着こなし方

付け下げはどのように着こなせばいいのでしょう?ここで、着こなしのほんの一部の例をご紹介します。同じ付け下げであっても、帯次第で相応しい場が変わると考えてください。

礼装として着用したい

結婚式にお呼ばれしたときの着物は、訪問着がよく知られています。しかし、付け下げもフォーマルな場で着用できる着物です。柄がシンプルなので、帯を豪奢なものにするとよいでしょう。結婚式で付け下げを着用する際は、金銀の糸を使った錦織の袋帯などがおすすめ。一気に着物が華やかな印象に生まれ変わります。さらに華やかに仕上げたいときは、伊達襟(重ね襟)を足してみてください。

普段使いの着物として

普段使いで着用するなら、京袋帯や名古屋帯がよいでしょう。袋帯ほど格式が高くないので、ほんのりとカジュアル感を出すことができます。着物と相性がよい柄を選んでみてください。帯の格式を見分けるポイントの1つに「金や銀の糸が使用されているかどうか」があります。お出かけ先がフォーマルな場所なら、金や銀の糸が多く入った袋帯を。

もう少し気楽な場所なら、金銀の糸が少なめ&個性が強めな洒落帯をどうぞ。着物を次世代に伝えて行くためには、生活のなかに定着させることが必要です。付け下げは普段使いもできて、フォーマルにも使える便利な着物の1つです。まずは付け下げから、着物の世界に飛び込んでみてはいかがでしょう。

 

シンプルな付け下げを1着用意することで、着物の素晴らしさや便利さに気付くはず。慣れればどこにでも着て行けます。日本の文化を肌で感じるために、お洒落の幅を広げるために、着物生活にチャレンジしてみましょう。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索