全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

男性と女性の着物の着方の違いは?

男性と女性の着物の着方の違いは?

 

男性と女性の着物の着方の違いを知るなど、基礎知識を身につける事で、間違えないように注意できたり、人に教える事もできます。
親から子供へと着物が受け継がれるときに、着物教室で学んでいることで、着物の着方を教えられることも大切です。

 

衿の合わせなどの注意点があります

日本人だけではなく、外国人観光客も着物を着る事に興味を持つ方は多く、日本に来た外国人の方が、着物を着る事ができるイベントに参加するケースもあります。
着物を自宅で大切に保管するご家庭もたくさんありますが、管理が難しい場合は、手放した場合でも、レンタルサービスを利用する事で、気軽に着物を着る事ができます。
写真撮影を楽しむためにレンタルサービスを利用する方法もありますし、旅行先で着物を着て、街を歩くのを楽しむ方もたくさんいます。
着物を始めて着る方もサポートしてくれるお店があるため、安心して着物を着る事ができますが、着物の着方の基礎知識を身につける事も大事なポイントです。

〇衿の合わせ方特に気を付けたい基本
着方は右前にすることが必要で、左前になってしまうと、亡くなった方の装束での着方となってしまうため、注意することが求められます。

〇基礎知識を身につけよう
外国人の方と交流が増える日本人の方も多いため、着物の着方の基礎知識を身に着けていることで、着物に興味を持つ外国人の方に対して、着物の正しい着方を教えられます。
社会人になって、着物を着る機会ができた時に、正しい着方を知っていないと恥をかいてしまう可能性がありますし、親から子供へと伝えていく時に、親が基礎知識を身につける事も大事です。

 

男性と女性の着物の着方と基礎知識に注目です

男性と女性の着物の着方で大きな違いが出てくるところを知るなど、基礎知識を身につけることで、上手に着る事ができます。

〇和服の衿にあたる衣紋
★女性の場合、衣紋を抜いて首の後ろに空間ができるような着方
★男性の場合、衣紋を抜かない着方 となります。

〇女性の着方のポイント
・女性は衣紋が抜けていると色っぽく見えるため、きちんと確認しながら、適した空間を作れるようにする事で上手に着られます。
・女性と男性の着物の着方で、帯の位置が違う点もきちんと知っていることで、バランスに気を付けながら上手に着物を着られるようになります。
・女性は、帯幅があるため、胸下からちょうど骨盤の上くらいが帯のくる位置にして、横から見た時の帯のラインが水平になるようにする事がポイントです。

〇男性の着方のポイント
・男性の帯は、帯が細いため、女性よりもかなり下の位置にし、骨盤のあたりで締めるようにする事で、きれいに着る事ができます。
・男性は横から見た時に、帯のラインが少し後ろ下がりになるようにする事できれいに見えますし、カッコいい印象を与えられる点にも注目です。
・帯に関して男女ともに共通するポイントとして、胴がくびれの少ない見た目となるように、タオルを巻くなどの補正を行う事がコツです。
・帯の下の長着がはみだしている部分のおはしょりも、男女によって違いが見られる場所なので、基礎知識を身につける事は大切です。
おはしょりは女性の着物にはあり男性の着物にはない事を把握する事が必要ですし、女性の着物は長く仕立てられているので、ぴったりの丈になるように仕立てた男性の着物とは違います。
・手を広げた時も男女の着物の仕立ての違いを知る事ができ、身八つ口と振り、そして人形の仕立ての違いを知る事で、より着物に興味を持てます。

 

着物の着方のレッスンを受けられます

普段、着物を着る機会がない方でも、着物に興味を持ち始め、レンタルサービスを利用するなどして、着る機会が増えていく方もいます。
手ごろな価格で着物を着られるサービスもありますし、基礎知識をまだ身に着けていない方でも、着物の着方のレッスンを受ける事で、安心して着られます。
着付け教室に通う事で、着物の着方の基礎知識を身につける事ができ、自分で正しく着られるようになるだけではなく、人にも教えられるようになります。
着物を親から子供へと受け継がれていく時に、親が子供に着物の着方をきちんと教える事ができれば、子供が着物を着て出かける時のサポートもできます。

〇費用が気になる方も気軽に参加できる教室もある
コストパフォーマンスに優れた着付け教室もあるため、費用が気になる方も安心して学ぶ事ができますし、評判をチェックしたい方は、着付け教室の情報サイトに注目です。
情報サイトをチェックする事で、おすすめの着付け教室の特徴をわかりやすくチェックしていく事ができますし、ランキング情報も参考になります。
★着付けが初めての方向けの入門コースが用意されているところもありますし、目的に応じたコースが複数用意されており、選ぶ事ができる点も魅力があります。
興味を持っている段階の方は、体験教室が用意されているところもあるため、体験をする事で学びやすく、参加したいと感じるところを見つける事ができる方もいます。

〇まとめ
着付け教室の中には、初心者向けの入門コースもあり、基本からわかりやすく学んでいく事ができますし、コストパフォーマンスに優れた教室もあり、費用を気にすることなく学べます。
興味を持った所を見つけた時は、体験教室が用意されているところもあるため、参加する事をおすすめします。

 

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装