全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

左前にしたらNG?着物が左前NGな理由と覚えるコツ

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/12/06

?

着物を左前に着ることは、喪服や死者をとむらう際の慣習と関連があり、日本の文化では避けることが一般的です。この独特な習慣には歴史的な背景や意味が込められているため、それらを理解することは着物文化を深く理解することにつながります。この記事では、なぜ左前がNGなのか、正しい着こなしのポイントを覚えるコツに迫ります。

着物の右前・左前のルール

着物を着る際に右前に着ることは、日本の文化や礼儀に根差した伝統的な慣習です。

右前に身頃来るようにすることで、一般的な着物の着こなしを示し、お祝いごとや日常の装いにおいて重要なポイントです。逆に、左前にすることは死装束に関連付けられ、不吉な意味をもつため、避けるべきです。

死者を供養する際に着用される死装束は左前になります。そのため、通常の日常やお祝いの場で左前を選ぶことは、不吉なイメージを連想させる可能性があります。このように、着物の前合わせをルール通りにそろえることは、重要なマナーや礼儀として位置づけられています。

とくにお祝いの席や特別なイベントでは、着物の着こなしの基本ルールを守ることが重要です。日本の文化を尊重し、伝統を守るためにも、正しい前合わせの方法を心得ておくことが大切です。

なぜ左前がNGになったのか

日本の伝統的な着物文化において、「右前」が着物の着方として一般的であることは周知の事実です。

しかし、「左前」が着物と相容れない存在と見なされ、厳格なマナーにおいてはNGとされている理由はなんでしょうか。着物の着方に対する厳格な規定は、日本の歴史と文化的な背景に深く根ざしています。

着物が右前であることの起源は、奈良時代にまで遡ります。当時、「衣服令」として法律で規定され、中国からの文化的な影響が色濃く反映されています。古代中国では「右が尊い」とされ、この価値観が日本にも受け継がれました。

生きている者は「右前」で、死者は「左前」であるという習慣が生まれたのです。「左前」がNGとされる背景には、死装束の着用方法と縁起の悪さが関係しています。死者は神仏に近い存在とされ、左前で着物を着せるという風習が存在しました。

しかし、死者は平等に神仏に近づくとの考え方から、この風習が生まれたものの、時が経つにつれて「左前=死装束」の誤解が生まれ、縁起が悪いという通説が広まりました。また、文化的な意味合いも大きな要素です。

日本の文化や宗教観において、死者を尊重し、生者との明確な区別を図るために、「左前」は死者が身につけるものとして定着しました。この慣習は、死者と生者の境界を明確にし、敬意を表す手段として根づいています。

現代においては、着物を左前に着るのは死装束だけが一般的です。着物の前合わせは性別に関係なく、「右前」が正しいとされています。これは洋服の前合わせとは異なり、男性も女性も同じルールです。

前合わせをきれいに見せる方法とコツ

着物は日本の伝統的な衣装であり、右前合わせが美しさを引き立てるポイントのひとつです。

具体的な方法として、以下の手順が挙げられます。

前合わせをきれいに見せるコツ

前合わせをきれいに見せるためには、まず右の身頃を身体に巻きつけます。

この際、裾を短くするために右身頃を少し持ち上げるとよいでしょう。裾から右前が見えず、すっきりとした印象に仕上がります。次に、着物の背縫い(背中の中心の縫い目)は、背中の中心を通るように位置させるとよいです。

これにより、着物が身体にフィットし、美しく見えます。着用する場面によって襟の角度と深さを変えることで、フォーマルな場面では上品な印象を、カジュアルな場面ではリラックスした雰囲気を演出できます。

柄がある場合は、裾に柄がきちんと右前になるよう調整しましょう。これにより、着物全体のバランスが整い、美しさが際立ちます。

追加情報とそのコツ

右手が襟元に入るのが右前であると覚えましょう。

また、正面から見て襟の合わせが「y」の字になることも右前の証です。柄が多く描かれている方が外側にくることで、自然な右前になります。これは着物が右前を前提に仕立てられているためです。

まとめ

着物は日本の伝統的な衣装であり、着用方法には独自のマナーや決まりごとが存在します。とくに、着物の前合わせにおいては、右前が重要なポイントとされています。この着こなしのルールは、単なるスタイルの問題だけでなく、日本文化や伝統に深く根ざしたものであり、正しい着方が礼儀とされています。左前がNGとされるのは、着物の歴史的な経緯や文化的な背景、そして縁起の悪さが絡み合った結果といえるでしょう。この厳格なマナーは、日本の伝統的な着物文化がもつ深い意味と価値観にもとづいています。着物を着る際は、このようなマナーをしっかり把握しておくようにしましょう。この記事を参考に、しっかりマナーを守って着物を着られるようになりましょう。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
着付け教室コラム