全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

人に着せる技術が学べる、着付け教室はある?

評判の高い着付けの教室では、自分への着付け方を学べるだけなのでしょうか。

中には、人にも着物の魅力を教えたり、着付けたい希望者もいるはずで、こうした声に応える教室はあるのか、あるならどんなカリキュラムがあるのかも知りたい内容です。

 

 

人に着付けるための教室はあるのか

着付け教室では、基礎的な部分を教えてくれるので、自分で着るという技術を学ぶことができます。

通いやすさはもちろん、身に付けるために分かりやすい指導をしてくれる講師の存在も評価されている教室が支持を集めています。

簡単・綺麗に着物が着られ、講義を通して仲間も増えるなど、魅力ある教室ばかりです。

自分で着付けることができることで、沢山のメリットがあるようで、例えば、着付けてもらうための着付け費がかからない、着付けの場所へ出向かなくて済むことがあります。

ですが、せっかく着付けを修得しても着る機会がない、着物について知らないなどの悩みも出てくるようです。

その中には、人に着せる技術が学べる教室や資格などがあるのか、という内容も聞かれます。

将来、他の人に着物を着せる仕事をしたい人であったり、もちろん着付け教室を開きたいという方もいるでしょうし、友人に着付けを頼まれることもある、という方もいるはずです。

自装だけでなく、他装も学べる着付け教室があるのか、実際、評判の高い教室の多くが学べるコースを用意してくれているようです。

自分で着物を着るのと、他の人に着せるというのでは、その技術に違いもあるそうです。

それと同時に、初心者も他装が学べるのか、経験者の学び直しはできるのか、こうした疑問も生じてきます。

生徒から評判の高い教室では、全国に通用する着物の着付けの資格を取得させてくれます。

資格を取得した後は、教室を開いたり、プロの着付け師として活躍の場が広がる内容になっています。

 

人に着せるための資格も取得できる

着物の着せ方だけでなく、専門知識を学ぶ内容ですが、初心者でも人に着せる技術を学ぶことはできるのでしょうか。

評判の高い教室の多くが、1人で着られるコースや基本コース、初等科を修了していなければならないようで、いわゆる進級することで学ぶことができます

着物の基本知識、自分で着る技術を修得することが前提ですが、中には、自分では着ないけれど人には着せたい、こうした意見もあるようです。

確かに、着付け自体難易度が高いワケではありません。

しかし、帯や着物の格式、紋や素材による慣例を知らずして、人に着せることには無理があります。

めったに着ないのなら、帯の締め方ひとつを取っても、臨機応変にできないはずです。

人に着せるコースでは、着付け師を養成してくれるそうで、まずは、着る人の立場・目的・礼儀や格式に準じた着物の組み合わせが提案できなければなりません。

着せればいいのではなく、コーディネートまでアドバイスできる、そうしたセンスも必要のようです。

教室によって取得できる資格や技術は様々、師範代になれる資格から、他装の着付け方を学ぶだけのカリキュラムから、コンサルタントまでの知識と技術が学べる内容です。

評判の教室では、着付け師の技術を約7ヶ月で修得させてくれます。

着付け講師1級に臨むことができ、コチラでは認定料は54000円です。

カリキュラム内容には、着せ方の基本を皮切りに、半幅帯の結び方や立ち居振る舞い、男物や子供の着付け方も学びます。

趣味としての着付けとは異なり、着付けを仕事にできる認定証書を貰える内です。

 

人のために様々な技術や知識を学べる

評価の高い教室では、初級レッスンを終了し、1人で着られるようになった生徒からの希望があれば、上級レッスン、着付け以外の講義も用意してくれています。

1人で着られることが前提で、着せてあげることも教えることも、技術を高めるためのカリキュラムの工夫もされているようです。

例えば、師範科を修了することで、振興会より着物コンサルタントの試験を受けることができ、合格すれば有資格者となれるようです。

創立から40年以上の教室では、帯の結び方もマナーやメイク、花嫁の着付けなど、教える立場の人材育成をモットーにしています。

相手への着せ方を習得できるコースでは、着物コンサルタントの資格試験の日程に合わせて練習することができます。

クラスメイトや講師が相手役になってくれるなど、着物を通して新たな付き合いができたり、技術もより高度化でき、十分満足できるカリキュラムが評価されています。

講義と実技があり、実技では社交着の着せ方、花嫁の着付け方、お色直しなどの専門性のある着せ方も学べます。

講義では、着物と帯を知ることや、格式や季節、調和を知ることなどがあるようです。

プロまで目指すことがないにしても、それに精通する技術の他、礼法やマナーなど、他では学べない講座も開講しているため、併せて学ぶことで日本文化をしっかり学ぶことができるのではないでしょうか。

 

着物の着付けの教室では、大抵は自分に対する着付けの技術が学べます。

しかし、自分だけでなく、誰かに着せたいのなら、相手に着せるための技術を学ぶこと、資格を取得することがポイントで、他装のカリキュラムがしっかり用意されています。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装