全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付けを自己流で学ぶのと着付け教室に通うのとでは何が違う?

着物を着る場合、着付け教室等に通い、昔ながらの伝統的な着物の着方を習得して本格的に自分の技術として身につけるという方法があります。

そして、もちろん自分なりの着こなしと、日本古来の伝統の違いときっちりと理解したうえで楽しく着物を学ぶという方法もあります。

また、どちらが正しくどちらが間違っている、ということではないため、あくまで自分たちのニーズに沿った楽しみ方が可能な便利な時代です。

 

ネットで簡単に学ぶことができる時代になっている

 

着付け教室の評判などは、今の時代は簡単にネットで検索することが可能な時代ですが、好評価を得ている教室は、やはり先生の指導に魅力があるところが多いです。

人気のある学校は、どちらかというと、昔ながらの伝統的な着物の魅力と現代の自由なテイストを柔軟に混ぜ合わせて指導してくれる教室も多いですから、自分に合いそうな教室のカラーはネット等でも事前に検索することで、かなり自由に選択することができることでしょう。

もちろん昔ながらの伝統を厳しく継承し、あくまで形式を崩さずに指導をしてくれる教室も素晴らしいですが、教室の数自体は伝統重視の所は少なくなってきているかもしれません。

しかしまったくないというということではないので、しっかりと探してみることが大切になってきます。あくまで好みの問題ですから、伝統美を重視する人は決して手を抜かずネット等で検索して探すことが大切になってきます。

 

着用する場面に合わせて学び方を変えることも可能

 

着物を自己なりにアレンジして学ぶ場合は、アートと組み合わせて楽しんだり、多くあげられる例としては、歌手の方が舞台に立つときに自己流の着こなしで歌ったり、プロモーションビデオを作成したりしています。

アート関連の作品つくりや仕事に多用する場合は、どちらかというと自己流のほうが現代では受けがいいかもしれません。

逆にアートとは関係のない仕事関連の催し物などに着物を着用する場合は、あまり自己流アレンジを施さないほうが周りに受け入れやすいかもしれません。

要するに時と場合に合わせて、あまり神経質にならずに、柔軟に着こなしを変えることが何よりも大切になってきます。

 

レッスンの費用がかかる場合も多いが無駄にならない

 

自己流で着付けを学ぶ場合は、ネットなどで検索すると、かなり多くの情報を得ることが可能です。

現代はユーチューブなどもありますから、きっちりと自分の知りたい情報を得ることも可能な時代になっていますから、あまりお金をかけて学びたくないときなどは、自己流でも十分対応可能です。

逆に伝統的な着付けを学びたい場合は、やはりある程度はレッスン料もかかってきますし、教室ごとの流派による違いも出てくるかもしれません。

華道や茶道にも似たところがありますが、着物は特に指導してくれる方との相性が需要になってきます。着物を学ぶうえでの絶対的な正しさはありませんから、あくまで自分の好みに合う学び方で大丈夫だといえます。

一度伝統的な着付けを学んでから後から自己流にアレンジしてみるという方法も素晴らしい方法で、かなりの数の人々が挑戦してみています。また、着用している着物のカラーや柄なども、伝統的なところはあまり奇抜なものを使用しない傾向にあります。

現代的なアレンジの中には、大きな花柄や蛍光色を多用している着物もあり、多くの人々の目を楽しませています。もちろん海外からの注目度も満点で、かなり人気が高く、伝統的なところも新しい視点も同じように注目され熱い視線を浴びています。

海外では着物だけではなく日本画も人気が高く、昔の有名画家の作品をアレンジした着物なども海外向けに多くアレンジされています。しかし海外受けを狙うという場合でも、伝統的な着付けだけを重視せず、自分流の学び方でアピールしている企業などもあり、話題になっています。

 

一人で学びたい人は、自己流のほうが向いているかもしれません。

自分に自信を持って着こなしているうちに、立ち振る舞いも美しく変化させることも可能ですから、着物を美しく着こなすということは、要するに日々練習と地道な努力が必須ということになります。

日本古来の伝統美は、やはりネット等の画像で見るだけではなく、直接教室に出向いて身をもって体験する方法のほうが吸収できるスピードも早いかもしれません。

サイト内検索
着付け教室コラム