全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け教室で必要な道具とは?


洋服を着る時は、着る洋服さえ用意すれば着ることができます。

では着物を着る時はどうかですが、着物だけを用意すれば着られるわけではなさそうです。

なくてもよいがあると便利なものなどがあるので知っておくと良いでしょう。

着物や帯など表から見える部分を用意

着物というとなかなか簡単に着ることができません。

夏に着る浴衣は着物よりも簡単に着られますが、それでもきれいに着ようとすると一人では難しい時もあります。

最近は子供用として洋服タイプの着物などがあります。

洋服のように頭からかぶって後は腰の部分を結ぶだけです。

これなら子供でも着ることができ、何となく浴衣を着た気分になれます。

ただ大人用などはなく、大人が着物を着た気分になりたいなら実際に着るしかないかもしれません。

自分で切ることができないとき、着付け教室に行くと着られるようになるかもしれません。

それぞれの教室において必要な道具が示されているので事前に確認しておくと良いでしょう。

必ずと言っていいほど必要なのが着物一式になります。

教室によっては貸してくれるところもありますが、貸してくれるところでも持参するのを基本にしています。

自分で用意をすれば、自分の体に合ったもので練習ができ、さらに自宅などで練習をするときにも、習ったことを反復しやすくなります。

着物一式には何が含まれるかですが、着物と帯など表から見える部分があります。

さらに着物では中に着る襦袢などが必要になります。

最近は襦袢の中でもワンピースタイプがあります。

この時には着物のサイズに合ったものを用意しなければいけません。

着物を着る時には足に足袋をはきますが、足袋も用意しておいた方がいいでしょう。

小物類もあるのであれば自分のものを持ってくるようにしましょう。

着物クリップがあるときれいに着付けができる

事務処理などをするときに便利なアイテムとしてクリップがあります。

作業をするときに書類をまとめたいとき、その都度まとめたり外したりができるものです。

ステープラーなどで綴じてしまうと、外すときに結構大変です。

クリップなら追加をしたり不要なものを簡単に抜いたりもできます。

事務処理以外でも髪の毛のアレンジでクリップを使うことがあるかもしれません。

最終的に決めたいヘアスタイルにしたいとき、どうしてもある段階で固定したいときがあります。

その時に一時的にクリップを使って留めておきます。

最終的にはクリップを外して髪型をセットすることができます。

非常に便利なクリップですが、色々な用途用に用意されているのでうまく利用すると良いかもしれません。

着付け教室で必要な道具として挙げられるのが着物クリップです。

必ずしもこれがないと着られないわけではありません。でもあるときれいに着ることができます。

自分で着るのであれば一つか二つあれば十分です。予備としてもう少し用意していても構いません。

着物クリップと呼ばれる着付け専用のクリップがありますが、事務作業で使うクリップも一応使うことができます。

ただ事務作業で使うものはゴムなどがついていません。

着物クリップは挟む部分にゴムがついていて、きちんと留められるようになっています。

せっかく使うのであれば使いやすいものを用意した方がいいでしょう。

これからも使うものなので、これを機会に買っておくと良いかもしれません。

人によって調整をするためのタオルなどを用意

着物を着たことがない人の意見として、全く着られそうにないと感じている人もいれば、順番さえ分かれば簡単に着られると感じる人もいるようです。

確かに着物を着るには順番があり、それを守ってどんどん着て行けば何とか形にはなるでしょう。

ただきれいに着ることができているかどうかは別になります。

着物を着るのは単に着物を体にまとわりつかせるのではなく、きれいに着こなせているかどうかが大事になります。

その人の体型や着物によってきれいな着方があるので、できるだけきれいに着られるよう注意しなければいけません。

着付け教室では着物の着方を教えてもらえますが、そのときに必要な道具をいろいろ言われます。

その一つとしてタオルを1枚から2枚用意するように言われます。

色はどんなものでも良く、商店などでもらうノベルティのタオルでも構いません。

タオルを何に使うかですが、着物を着る時の補正に使います。

きれいに着ようとするとどうしても締め付けたり緩めたりが必要になります。

その時にタオルがあると、うまく補正をすることができます。

その他衿芯であったり腰紐なども必要になります。

腰紐はゴムが入っているタイプゴムが入っていない伸びないタイプを用意するようにしましょう。

着物を着ていると着崩れをすることがありますが、それを防ぐためのものとして伊達締め、伊達巻きがあると便利です。

襟元をきれいに見せるために使う衿止め、コーリンベルトもあると便利と言えるでしょう。

着物の着付けを習うのであればまずは着物や帯を用意しなければいけません。

着物はきれいに着ることができないと意味がありません。

着物クリップがあるときれいに着ることができます。

その他タオルなどがあると補正しやすくなります。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装