全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け技能士になるなら評判の着付け教室でプロ養成コースを受けよう!

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/13

着付け技能士とは、国家資格で技能検定制度の一種です。着物の知識に関する学科試験に加え、定められた時間内で浴衣や街着、付下げや訪問着などの着付けができるかどうかが審査されます。受験資格には実務経験2年が必要ですが、各種教育機関の修業時間により免除されるため、着付け技能士の資格を得るには着付け教室でプロ養成コースを受けるのが早道です。

学科試験はプロ養成コースなどで免除を狙うのが合格の早道

学科試験では着物の知識及び名称や着物の歴史、服飾史、さらに着物の各部の名称及び寸法、文様や男女の着物の違い、着物のたたみ方や繊維の知識、着物の織物及び染物などが出題されます。

加えて着物の着用時季や着物の用途別種類及び柄づけによる格の違い、家紋といった着物の格について、さらに織帯及び染帯といった帯の種類についても問われますし、着付小物及び装身小物の種類及び用途、着物と帯及び小物の合わせ方、着付けの心得と作法及び技への理解も必要になります。

2009年の職業能力開発促進法の法改正により、技能検定の対象職種に選ばれたことから、美容師法関係法令のうち着付けに関する部分の知識や織物及び染物に関する知識も出題範囲に含まれることになりました。こうした内容を独学ですべて学ぶことはとても困難です。

学科試験で合格するだけの知識を効率的に身につけるためにも、資格を付与する一般社団法人・全日本着付け技能センターが認めた各種団体の教育講座及び職業訓練を受講することがおすすめです。認定を受けた講座や訓練を修了し、さらに技能センターが実施する特例講習を修了すれば、学科試験の免除が受けられます。

短期間かつコストパフォーマンスのよい方法で着付け技能士の資格を取る一番の方法は、評判の高い着付け教室のプロ養成コースを修了し、着付け技能士の学科試験免除の資格を得ることです。

着付け技能士2級の実技試験合格には完璧な練習と下準備が必要

実技試験では背中心や裾の長さや衿合わせ、柄の出方など細かなところがチェックされます。おはしょりの長さを定規で測られる場合もあります。そのため、本番に向けて完璧な着付けができるように練習していかなければなりません。実技試験で合格するためにはひたすら練習が必要なのです。

評判の高い着付け教室のプロ養成コースなら短期集中実技研修会などを開催しているので、そういった講習に集中して参加するとよいでしょう。どんな試験でも実技試験では時間内に落ち着いて指定の行動ができることが大切です。

着付け技能士の受験者は美容師が多く、試験本番では美容専門学校で試験対策を学んできた学生と一緒に受けることになります。そこで、周りと自分を見比べて自信を失わないようにメンタルを安定させることも大切です。着付けの実技試験の雰囲気に慣れるために、学校主体の資格試験を行っている民間の着付け教室などで試験を受け、雰囲気を体験しておくのもひとつの手です。

また、2級ではボディを使って着付けをしますが、このボディをはじめ、浴衣と街着、付下げ、さらに訪問着や付下げ訪問着などの着物一式は、受験者が用意して試験会場へ持参する必要があるため、非常に大きな荷物になります。そこで、試験前に疲労してしまわないよう事前に受験会場を調べておいて、最善の荷物の持ち込みルートを考えておくことが重要です。

流派や学院によって着付けは少しずつ違いますが、総合的に見て必要以上に減点対象にならなければ2級は受かりやすいともいえます。

着付け技能士1級の実技試験で受かるにはモデルの協力も大切

1級の実技試験では、実在の人間をモデルにして着付けをします。このモデルは自分で探す必要があるため、この人材の協力度が合格を左右するといっても過言ではありません。

美容専門学校などではプロのモデルを派遣したり、代々モチーフとしての教育を受けた学生が役目を務めたりといった対策を取るため、どうしても素人がモデルを受けると見劣りしがちですし、人材探しも困難です。その点、評判の高い着付け教室のプロ養成コースなら着付け役とモチーフ役を教育しているところもあるので、人材探しをする必要がなく、モチーフ役がモデルとしての役目をきちんと果たしてくれます

モデルに着せたあとの見栄えも実技試験では大切な要素となります。着物の素材によっては照明で印象が変わることもあるので、綿や羊毛のようなスパン糸の短繊維よりは、発色性がよく、照明ごとに光沢のある、絹のようなフィラメント糸の長繊維の素材のほうがおすすめです。

このように合格するためには、着付けの技術だけでなく、持参する着物のテキスタイルやテクスチャー、その着物がモデルに似合うかどうかといった着付け後の見た目までを意識しておくことが肝心です。近年はあえて高齢者のモデルを使う受験者も多く、着物を着て映える人材に頼むのが合格率を上げるコツといえます。

それ以外では持ち物を指定の場所に並べる際に並べ方までも採点されるので、着付けの実技に加えて些細な面まで気を抜かず、できる限り減点されないようにふるまうことも重要です。

 

着付け技能士は、着付けの実技試験で合格が左右される国家資格です。染色技能士や和裁技能士と並ぶ人気資格であり、合格してプロの着付け技能士になりたいなら、技術や試験対策に関して評判の高い着付け教室でプロ養成コースを受けて挑むのが最短コースといえます。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索