全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

季節に応じて着物の柄を変えよう

評判の高い着付け教室では、着付け方だけでなくアクセサリーやヘアスタイルの講座までが楽しめるようです。

また、季節に合わせて和のファッションを変えてみることもできるようでキーワードはといわれています。

 

四季折々の色柄に着目してみよう

 

四季折々の日本の景色には、やはり着物姿が映えるようで、どの季節にも似合う装いともいえます。

全国に着付け教室が開講されており、生徒さんの数も、指導者の評判も良いようです。和装の歴史まで学ぶことができたり、季節の関係まで知識として身に付けることさえできるといいます。

今やレンタルサービスを行う事業所も観光地で増えており、風情ある街に着物で闊歩できるといいますから、季節やTPOに応じた決まり、マナーというのも薄れているようです。

どうしても敷居の高さが拭えなかったものの、自由に楽しめるように着付け教室でも様々なカリキュラム、講座を用意してくれています。おもてなしに対するハードルを下げることができるのは良い傾向で、若い女性たちが堅苦しくはない着こなしを楽しんでいます。

それでも、せっかくですから、やはり季節に応じた柄を選び、着こなしたいものです。四季がある日本だからこそ、それに応じて柄を変えるのがおすすめです。

結婚式やお祝い事などは、春や秋に多いようで、松竹梅など、めでたさを出す柄がおすすめです。

また、着る時に必要なものは帯や和装小物類がありますから、合わせてコーディネートするのもセンスアップに繋がります。

しかし柄について熟知していないのならマンツーマンで教えてくれる着付け教室を利用してみましょう。

 

組み合わせは無限大だから楽しめる

 

着付け教室ではレッスンで使うアイテムを数種類から選ぶことができ、無料レンタルもウリにしています。

自由に自分に合うものが選べる他、流行りや旬も取り入れた着物までも取り揃えてくれていますから、和のファッションに興味も出るようです。加えて、袋帯の結び方も学べるならば、着物本体が無地でも、帯でアクセントを付けられるのではないでしょうか。

組み合わせる帯でもファッションの広がりは無限大です。しかし、無難にコーディネートしたいのならば、やはり四季の草花が描かれている、という選び方になるようです。

もちろん季節だけでなく、体型に合った着こなし方や結び方も教えてもらえるのは評判のようです。

これ以外にも、振り袖の着付けも学べるようで、着物を着てお出かけ体験もできるならば、四季に応じた街歩きに、着付け教室を活用するのは利に適っているように感じられます。

 

草花の柄から季節をイメージできる

 

春夏と秋冬では、生地の質感も厚みも異なり、裏地の付いた厚手の生地であったり、透け感のある薄物など、生地の素材や仕立ても学びましょう。

ですが、着物に関心のない人にとって、パッと見て分かるのはやはり色柄でしょう。

秋冬は温かみのある暖色系で、紅葉であったり雪の結晶などはオシャレ着となる若手デザイナーによる作品に採用されています。洋服同様、和装の場合もオシャレを楽しむのがポイントでしょう。

もちろん、着物には数種類の草花が描かれていて、そのモチーフから春なのか、秋なのか、ピンとこないことも少なくありません。例えば、桜だけならば春をイメージできますが、藤や桔梗、菊など、いくつかの花が描かれているならばいつの装いなのか、分からなくなります。

この場合にはオールマイティーとなります。またTPOに合わせるのもポイント、松文様はめでたい柄で、松竹梅ならば縁起も良く、結婚式などに適しています。

ちなみに、組紐の楽しさであるストラップやアクセサリーなどを学べる講座もありますから、それらを四季折々で自作して、トータルコーディネートするのも良い方法ではないでしょうか。

 

着付け教室で着付けを学ぶ女性が増えています。しかし知識は少なく、技術だけでなく知識も学んでいます。加えて、季節と着物の深い関係までも学ぶことができるだけあって、四季コーディネートが話題を集めており、和装で変身する女性が沢山います。

サイト内検索
着付け教室コラム