全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

かんざしを使って作るおすすめの髪型

着物を着るとなれば、髪型にも気を配りたいところです。着物の際の髪飾りでは、やはりかんざしは外せません。洋服にかんざしを合わせるという方法も斬新ではありますが、かんざしが似合うのは何といっても着物です。
そのため、着物を着たときに美しく決まるようなかんざしを使って作る髪型をいくつかマスターしておくと、自分でヘアスタイルを整えることができ、着物を着ようかなという気になる機会も多くなると思われます。慣れてくるといくつか髪型を作れるようになり、かんざしに合わせてヘアアレンジもできるようになるのではないでしょうか。
女性の多くは、毎日の髪型作りに手間暇をかけている人が多いことから、まとめ髪アレンジはお手の物という人は多いでしょう。そこにかんざしをどのように差すと美しく見えるかを知るだけで、さまざまなタイプのかんざしを楽しむことが出来ます。

 

まずは髪型を作るところからスタート

着物を着る時には、基本的に髪を結っておいた方が美しく見えます。

そのため、まずは髪を後ろで一つにまとめ、更にまとめた髪の根元をしっかりと握り、時計回りに数回ねじります。左手で握った毛束の根元から少し離れたところを持ち、頭皮から指二本分くらい離れたところに、上から垂直になるようにかんざしを差し込みます。このとき、きつくまとめたい場合は髪の根元に近いところに、緩くまとめたい場合は髪の根元から少し離れたところに差すようにすると、まとめ方の調節が可能です。

左手で持った毛束を左側の頭皮にくっつけ、かんざしは毛束の外側を通して右に半回転させます。左斜め下にあったかんざしの先端を上にあげ、かんざしの飾り部分が下に来るように、頭皮をなぞるような感じでひっくり返します。最後に上に上がった先端を地肌に沿わせるようにして右下へ差し込めば、かんざしだけでまとめた髪型の出来上がりです。

 

短めの髪の女性にもかんざしは使える

せっかく着物を着たのだから、短めの髪だけれどかんざしをつけたいというのが女心でしょう。そんな女性におすすめの髪型が、髪の毛の上半分だけでお団子を作り、そこにかんざしを差す方法です。ハーフアップスタイルとも呼ばれ、全体をアップにしたくないときなどにもお勧めです。

作り方はまずアップにしたい部分だけ髪を集め、お団子ヘアを作ります。髪が短い女性や、髪の量が少ない場合はお団子部分が崩れないよう、しっかりとピンでとめておくことが重要です。短い髪の場合に重要なのは、お団子ヘアをきれいに作ることと、かんざしを差す位置です。飾りの部分が付いた先端が上に来るように、お団子の十時の方向から差し込みます。ショートヘアの髪型でお団子を作るということで、かんざしを差し込む髪そのものが小さくなることから、かんざしは小ぶりのものを選ぶのがおすすめです。

また、ショートカットにしている人の場合、同じショートヘアでもボブなど髪の長さが一定で、ある程度量もある場合に可能なお団子ヘアが作れないことから、かんざしを差したい部分の髪で土台を作るところから始めます。髪をある程度まとめて土台にしたらヘアピンで髪束を止め、ここにかんざしを差し込めるようにします。

ショートカットにしている女性におすすめのかんざしはコーム型のもので、ヘアピンで留めた髪束に下からかんざしのコームを差し込んだら、今度は上からUピンを差します。これによってコームは下から上へ、Uピンが上から下へと固定しますので、かんざしが落ちてくることがありません。

 

複雑な巻き方がマスターできないときには

髪をねじり、かんざしを差す向きを間違わないようにして回したりひねったりすることで、かんざしだけで髪をまとめられるところが人気の髪型ですが、どうやってもきれいにできなかったり、まとまらずに落ちてきてしまうという人にお勧めの方法が、まずゴムで髪束をまとめ、お団子ヘアを作ってからかんざしを差すやり方です。この髪型なら誰でも簡単に作ることが出来ますし、しっかりとゴムでまとめてお団子ヘアを作っているので、髪が落ちてきて髪型が崩れる心配がありません。

きれいに見せるコツとしては、ゴムを使って髪束を作ることから、ゴムが見えないようにすることでしょう。まとめた髪束から髪を取り、ゴムに巻き付けるようにしてゴムが見えないようにしたら、ピンでとめます。こうしておけば、まるで自分の髪を使ってお団子を作ったかのように見えますので、あとはそこにお好みのかんざしを差し込むだけです。

お団子の位置を高く作ることもあれば、逆に低くしてみたり、一本軸のかんざしや二本軸のかんざしなどを使い分けることで、髪型のイメージを簡単に変えることが出来ます。ただ、二本軸のかんざしで髪をまとめようとすると、軸が折れてしまう可能性がありますので、二本軸のかんざしはお団子ヘアを作って差し込むのに向いているでしょう。

 

ロングヘアでもショートヘアでも、着物を着ればかんざしをつけた髪型にしてみたいものです。一本軸のかんざしを使って器用に髪をまとめられる人から、不器用でかんざしだけではまとめ髪が作れない人でもかんざしヘアが楽しめる髪型を作れますので、どれかを試せば必ずかんざしヘアが楽しめます。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装