全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

袴の種類について知ろう!女性用の袴についてご紹介!

公開日:2022/08/01  最終更新日:2022/08/02


女性の和装には訪問着、留袖、振袖、浴衣などフォーマルなものからカジュアルなものまでさまざまですが、ここでは袴について紹介をします。女性が袴を着用するのは卒業式などのイメージが強いですが、女性用の袴にはどのような種類があるのか、袴のメリットやきれいに着るポイントを解説します。

女袴の種類

女性用の袴は明治から大正にかけて、女性も教育を受けるようになった際、制服として普及するようになりました。それまでの男性用の袴は、江戸時代に武士が乗馬をする際に着る「馬乗袴」というもので乗馬に適した二股に分かれた構造になっていましたが、女性用の袴は中に仕切りのないスカートのような構造になっています。女袴は「行灯袴」とも呼ばれます。

男性用の袴には腰の部分にあてる腰板がありますが女性用の袴には腰板はありません。また、男性用の平袴は三角形の裾広がりの形状ですが、行灯袴は台形です。前には5本、後ろには3本ヒダがはいっていて、動くと裾がスカートのように広がります。女性用の袴には行灯袴のほかに巫女さんが身に着ける巫女袴、捻襠切袴、切袴などがあります。

捻襠切袴は女性の神職が着用する袴で、巫女袴と違って二股に分かれている馬乗袴タイプとなっています。捻襠切袴の上部分にのみヒダがついています。切袴は袿袴装束で着用します。平安時代以来の長袴の裾を切りつめた短い袴でU字型に紐が1本ついた外出用の袴です。男性用の袴は礼装に用いられるフォーマルな印象のものが多いですが、女性用の袴は色も柄もカジュアルで現代的な色柄も多くあります。どんな袴にするか楽しみながら選んでみるといいでしょう。

女性が袴を着用するシーン

女性が袴を着るシーンとして代表的なのは大学の卒業式です。女性用の袴は色柄の種類も豊富で生地や装飾にもさまざまなものがあります。お正月や成人式でも袴を着用することがあります。卒業式で袴を着る風習は1980年代ごろに始まった、比較的最近の文化です。

大正時代を舞台にした人気漫画「はいからさんが通る」の実写映画化が、卒業式に袴をはいて参加する人が増えるきっかけになったといわれています。当時の人気アイドルが袴を着てテレビや映画に登場したことで、袴への関心が高まりました。卒業式や成人式といった行事のほかに、剣道や弓道、合気道、なぎなた、かるたなど、日本には袴を着用して行う習い事も多くあります。

女袴を着用するメリット

女袴には男袴や緋袴のような腰板はなく、袴の生地上部についている紐を腰のまわりに結んで着付けるため締め付けがなく動きやすいという特徴があります。形状もスカートのようになっておりブーツなどの履物と合わせる際は丈も短く着付けるので裾さばきも楽になります。トイレの際、袴を下ろさなくても用が足せるのもポイントです。明治から大正時代にかけて袴が普及した背景には、活動しやすくかつ華やかさもある袴が時代とマッチしていたことが挙げられます。

女袴を美しく着こなすポイント

袴は着物の上から履きます。そのため着物と下着である長襦袢が袴の裾から見えてしまうことのないよう、短めに着付けます。また、袴の脇にはスリットがはいっていて、そこからおはしょりが見えます。袴を着付ける前に綺麗におはしょりを整えておくと、すっきりとキレイな見た目になります。着付けが終わったあとに見えていることに気づいて無理に押し込んだりするとシルエットが崩れてしまうので気を付けましょう。

最近は、おはしょりをしなくてもいいよう最初から袴用に丈を短くした小振袖がスタンダードになっています。袴帯を結んだら、その上に袴を合わせていきます。袴を着付ける位置はウエストよりも少し高めでバストの少し下くらいにするとバランスがよくなり足も長く見せることができます。袴帯が袴と着物の間からチラっと見えるよう着付けると、いい塩梅のアクセントになります。袴の丈は、草履の場合はくるぶしあたりまでの長さにくるように着付けます。ブーツを履く場合は、草履を履く場合より数センチ短く着付けるとバランスがよくなります。履物や慎重によっても袴を着付けるバランスを調整しましょう。

振袖と袴を合わせる際は、袴のほうが振袖よりも見える面積が大きくなることも考慮してバランスのよい組み合わせにしてください。また、振袖のような袖の長い着物を合わせる場合はかかとの高い草履やブーツを選んだ方が裾を引きずったり踏んでしまったりするリスクを軽減できます。履物や着物、小物と上手に組み合わせることで袴姿をより魅力的にみせることができるので、袴と何を合わせるのかも楽しみながら選んでみるといいでしょう。

まとめ

女性用の袴の種類や着用シーン、着こなしのコツについてご紹介しました。袴もポイントをおさえてきちんと着付けることが美しく魅せるコツです。女性らしい華やかさと伝統的な優美さ、近代的なスタイリッシュさ、活動のしやすさを兼ね備えた女性用袴は魅力に溢れた着物といえます。こちらで紹介した内容も参考に、特別なシーンで袴を着てみてはいかがでしょうか。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索