全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け教室の運営者情報から見る!自分に合った着付け教室とは?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/06/25

最近は着物に興味がある人も増えていて、色々な着付け教室があります。ただ、教室によって評判が良いところや悪いところなどがあります。これは運営を行っている方の対応やシステムなどによって違ってくるようです。

ここでは着付け教室の種類や選ぶときのポイントを紹介します。

 

 

着付け教室が母体の運営側の場合

この場合は着つけの収入で主に運営を行っているので料金は高めで、資料にない免状料や勉強会などの費用がかかることもあります。入学すると卒業までの時間が長く総合的に支払う金額も高級車ぐらいだともいわれています。殆どの教室は展示会などの販売会などを行いその売上も大きな収入源で、特殊な器具を使う場合は入学するときに全て揃えます。

この場合だと着付け師や講師になることも可能で、自宅で着つけ教室を開くことも出来て運営側もブランドなところが多いです。ただ、中には無料で行っているところもあって、ここはテレビCMも出来るほど利益が出てます。このシステムは無料の授業中にセミナーと言われる販売会があって、それには強制的に出席をさせられて着物を買わされるようです。

その販売から得られる紹介料が大きいようで、これにはクレームなどの悪い評判などもあります。着つけカリキュラムがなくて教え方も先生次第だといわれていて、最初だけ無料コースがある教室などもあったり、大手の教室で着付け師になっても仕事が殆どないこともあったりします。

ただ、これが全ての教室の対応とはいえず、中には評判の良いところもあります。ただ、それなりにお金はかかるので通うときにも余裕があって、実際にその教室を利用したことがある人の口コミなどの評価もよく確認してから決めた方が良いです。無料で受けられるからと言って気軽に申し込むと、思わぬ出費になる可能性もあります。

 

呉服屋などが運営をしている教室

これは本業のお店もあるので大体は利用者の評判が良いですが、着ることに特化した教室が多いため人に着せる時や講師になるなどは出来ないことが多いようです。あくまで販売の補助的な物だといえます。

母体がある教室だとどこも手結びで教えていて着付けを習うときにも一番の方法です。教室によって着付け師や講師、自宅で教室が出来る道もあったり、料金もかなり安く設定されてます。

例えば、ある教室だと卒業の免状料までで15万円前後ぐらいで通えます。免除料は20万円~100万と言われてますがその金額についてはどこも記載はしてません。15万円程度で着付け師や講師になることも出来て、自宅でも教室が開けるのはかなり安いともいえます。

ただ、短所もあり卒業まで時間がかかり、使わない技術などもカリキュラムに組み込まれていたりします。中には卒業までの時間が短く、早く卒業出来る短期コースもあります。料金も安価ですが着ることがメインになります。そもそも着付けを教えるには資格が不要で、先生の技術なども問題になります。

他にも個人やサークルなどもありますが、最も重要なのは自分で着られるだけで良いかや他の人の着付けをするか、着付け師などを目指しているかなどの、目的を明確にしてから教室を探すことでしょう。自分で着ることだけを覚えたいときは、出来るだけ安価で短期コースが良いですし、本格的に講師などを目指すなら多少費用がかかっても確実に技術が学べる教室が良いです。

 

教室を選ぶときには優先順位を決める

着付け教室を選ぶときは運営側のシステムや対応、評判なども大切ですが他にも料金や販売会の有無、カリキュラムの内容に期間、受講システムや支払方法、チケット制からイベント、将来の道などによって選ぶところも違ってきます。

どれを優先するかは個人によって違い、自分だけが着られるだけで良くて料金は安価、販売会で売られるのが嫌なときは、呉服屋が運営している所や販売をしてない個人の着つけ教室、または公民館などで行うサークルがおすすめです。無料着付けコースや教室は避けた方が良く、無料で覚えたいときはインターネットや図書館などで調べる方が得策です。

自分の知り合いなどに着付けを行いたい時には、どこの教室でもまずは自分で着ることから学んで人に着せられるようになるには1年以上かかります。そしてマンツーマンかプライベートコースが良いです。

例えばある短い期間のコースだと2時間の授業が6回で3万5,000円ぐらいです。この程度の金額ならそれほど高額でもないですが、全く初心者だと難しいかもしれません。着付け師や講師になりたい時は、大手の着つけ教室でないと将来的に仕事がありません。

ここも費用が安価で将来の道もきちんとしているところだと安心です。自宅で着つけ教室を開きたいときは卒業した時に分校制度などがあってサポートを受けながら開けるところもあります。自分の希望によって選ぶ教室も違うので、金額が無料だからといって選ぶのは避けた方が良いです。

 

着付け教室は同じように感じますが、実は運営側によってシステムや対応なども違います。自分が希望しているのと異なる所へ通うと、当然不満も出てきます。

特に無料だからと思っていて着物を買わされたりすると困るので、先にそのような販売会などがないかも調べておく必要もあります。

 

 

サイト内検索
着付け教室コラム