全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

失敗しない着付け教室の選び方

着物を着る機会があまりないため、着物を着る時は美容室などで着付けてもらう人も多いかもしれません。

もし自宅に着物があるなら、どんどん着るようにすると良いでしょう。

そのためには着る方法を知っておく必要があります。

 

 

通いやすいところにあるかどうか

着物を着るといえば、成人式か学生時代の卒業式ぐらいになるかもしれません。

それ以降は結婚式に出席するとき、正月などで周りの人で着ている人がいれば着るくらいでしょう。

成人式や卒業式となるとまだまだ着物のことが分からないので、美容院などを利用して着つけてもらうことができます。

ヘアメイクの料金と一緒に着つけもしてもらえます。

でもそれ以外で着るためにその都度着付けサービスを利用するのも気が引けるかもしれません。

それなら自分で着られるようになるために着付け教室に通うことを検討してみましょう。

失敗しない選び方として通いやすいかどうかが挙げられます。

教室によって異なりますが、通常は自分で着物を持参します。

専用のバッグなどに入れて持って行きますが、決して軽いわけではありません。

それ以外の荷物もあれば結構大掛かりな荷物になってしまいます

歩いていけるところや自転車などでちょっとしたところであれば問題ありませんが、電車やバスを乗り継いで時間をかけていくとなるとなかなか続けることができません。

着る方法さえ分かればよいと考えがちですが、慣れが非常に重要になります。

同じように着ていても慣れていないうちは毎回少しずつずれなどが生じてしまいます

せっかくなら毎回同じ様にきれいに着られるようにしたいでしょう。

そのためには何回も正しく着つけられているかをチェックしてもらう必要があります。

一定期間通い続けるとようやく正しい着方に慣れることができます。

かかる費用がどれくらいになっているか

学校や教室で何かを学ぶのは楽しいことです。

これまで全くしてこなかったことを学んだり、ちょっとかじったことのある内容を本格的に学ぼうとしたりするかもしれません。

本格的な学校であれば学費などがかかりますし、カルチャーセンターなどであれば無料体験コースが用意されていることもあります。

いろいろなことに挑戦してみると良いでしょう。

そんな学校や教室の中に着付け教室があります。

着物の着方を教えてくれる教室で、全国的に展開をしている大手の教室もあれば、個人で行っているところもあります。

失敗しない選び方としてかかる費用がどうなっているかがあります。

大手であれば明朗会計になっているので、最後まで通ったときにいくらかかるかなどが分かりやすくなっています。

少々高めのところもあります。

カルチャースクールになるとかなり安めのところもありますが、その分いろいろな準備を自分でしなくてはいけません

新たに買わないといけないものなどがあり、受講料以外に出費がかさむ可能性もあります

将来的に自分で着付けの教室を運営したいと考えているなら、講師になるための認定を受けないといけない場合があります。

大手のスクールで認定してくれるところもあれば、小さい規模で運営している教室で、のれん分けをしてくれるところもあります。

自分で一から運営するのは難しいので、大手の名前があると運営がしやすくなります

どのレベルになるまでかによってかかる費用も変わってくるでしょう。

イベントがあるところを利用するのが良い

旅館の女将や仲居といえば、着物が衣裳と言えるかもしれません。

女将となると本格的なきれいな着物を着る必要がありますし、仲居ならその旅館の共通の着物などを着るかもしれません。

衣裳なので毎日のように着ているでしょうから、多くの人は自分で着ることができるでしょう。

では一般の人が着物を着る機会があるかどうかです。

日常的には洋服を着ることが多く、普段から着物を着ている人は少ないです。

となると着る機会自体が少なくなります。

何とか着方をマスターできたとしても、着る機会が少なければどんどん着方を忘れてしまうかもしれません。

それではもったいないでしょう。

着物を着られるようになるために着付け教室を利用するとき、失敗しない選び方としてイベントがあるかどうかがあります。

大手の教室だと定期的にイベントを開催してくれます

そのイベントにはもちろん着物を着て参加します。

その会場にいる人は全員着物ですから、一人だけ着物などにはなりません。

結婚式などで一人だけ着物だと少し寂しい気持ちになるときがありますが、イベントなら気を遣わずに心おきなく着物を楽しむことができます

イベントに関しては教室に通っているときはもちろんですが、教室を通わなくなった後にもいろいろ案内をしてくれるところがあります。

定期的に着物を着るイベントに参加しておけば着方を忘れることはありません。

将来的にも着物が着られる状態をキープすることができるでしょう。

 

着物の着方を教わるとき、教室まで着物を持って行く必要があります。

通いやすい所であれば重い荷物も苦にならず通うことができます。

通うのにどれくらいかかるかも確認しておきましょう。

着物を着るイベントが多いところだと着方を忘れずに済ませられます。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装