全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

自装・他装どちらも習得できる着付け教室はある?

着物を自分で着たいと考える人は多いですが家族や知人などに着せたいと考えている人もいるでしょう。

自分で着る方法をそのまま他人に応用できるかというと、そうではありません。

他人に着せたいならその方法を学ぶ必要があります

 

 

多くは自分で着付けられるところが多い

日本の伝統衣装として「着物」がありますが、着物を自分で着られる人は、今は少ないかもしれません。

そんなときは着付けのサービスを行ってくれるところがあります。

着付けをする人は、もちろん自分でも着られる人ということになります。

着物は非常に難しく、表側もあれば裏側もありますし、それらを適切に調整しながら着なければいけません。

他人に着付けをするとき、人によって体型が異なりますし、自分で着る時と事情が異なってきます。

自装も他装どちらも習得できる着付け教室があるかですが、一般的な教室は自分で着ることができる教室になります。

ですから、それだけでは他人に着せることを教わることはできません。

もちろん自分で着られるようになると、どんな方法で着ればいいのか、合わせればいいのかなどがわかりますので、何となく着せることはできるかもしれません。

でも着物はきれいに着て初めて着ることができる状態になります。

着付けのサービスなどを行おうとするとき、自分が着ることしかできない状態だと必ずしも他人にきれいに着せてあげられるかどうかわかりません。

娘に着せてあげたいときやサービスで他人に着せる時は、別途他装が学べるところを利用するしかありません。

 

コースが用意されているところなら両方可能

 

着物は洋服よりも、着方が難しくなります。

洋服のように元がぴったりしているわけではなく、ゆったりしたものをきれいにぴったり合うように合わせていきます。

まずは自分で着ることができないといけないですし、他人に着せたいと考えるならその方法を別途学ばないといけません。

自装も他装どちらも習得できる着付け教室があるかですが、大手の教室であれば学べる可能性があります。

大手の教室にはコースがいくつか設定されていて、自分で着ることができるコースもあれば、他人に着せることができるコース、両方学べるコースなどがあります。

自分で着るコースは自分自身と着物さえあれば学べますますが、他人に着せることを学ぶには自分以外の他人が必要になりますので、着せてもらうだけの人が必要になります。

他人に着せるコースに入ると、誰かとペアになりながら互いに着せ合って学んでいくところが多くなるようです。

少し料金が高いところだと、モデルのような人がいて生徒一人についてくれます。

互いに着せ合うのではなく、とにかく他人に着せることだけを学べるようになっています。

効率的に学ぶならこちらの方が良いかもしれません。

 

講師を養成するところならどちらも学べる

自宅でのんびり過ごすのも良いですが、余った時間を有効に使いたいと考えている人がいるかもしれません。

着物などの和装を着るのに抵抗がない人であれば、自分で着付けの先生などをして過ごすことも考えてみると良いでしょう。

先生になるために特に国家資格などは必要なく、所定の教室で講師になるための訓練を受ければ済みます。

すると講師になるための認定証などを受けることができます。

それを受ければそちらの教室の名前で教室を開いたりすることができるかもしれません。

着物の着付け教室にはいろいろなタイプがあり、基本的には自装を中心にしたコースが設定されていますが、他人に着せられる他装のコースを用意してくれるところもあります。

さらにあるのが講師を養成する教室で、自分で着るのはもちろんですが、他人に着方を教えないといけないので当然ながら他人に着せる技術も必要になります。

教えているときにうまく着られていない人がいる時は、その補助をしなくてはいけないからです。

講師を養成するコースに行けば、おのずと自分でも着ることができますし、他人にも着せられるようになります。

他人に着せたり教えたりするのは結構難しいので、きちんと学べる教室を探すようにしましょう。

 

一般的な教室は自分で着られるようにするためのことが学べ、大きな教室になるといくつかのコースが用意されていて他人に着せることが学べたり、講師になることも不可能ではありません。

様々なパターンを事前にしっかり調べ自分に合う教室を探しましょう。

サイト内検索
着付け教室コラム