全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け技能士の資格を取得するには何年かかる?試験内容や取得方法も解説!

公開日:2023/11/15  最終更新日:2023/11/01

!日本の伝統的な文化である着付けは、特別な日や儀式の際に愛される格好です。しかし、現代において、着付けに関するスキルと知識は、薄れつつあります。そこで、本記事では着付け技能士に焦点を当て、その資格の詳細や取得方法、そして実務経験を積むための場所について解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

着付け技能士とは?

着付け技能士とは、和服の着付けにおいて高度なスキルと専門的な知識を持ち、それを国家検定によって証明された資格になります。

日本の伝統的な和服着付けは、その美しさや独自の文化に対する尊敬の象徴であり、その技術は代々受け継がれてきました。しかし、現代では和服の日常的な着用が減少し、特別な日や伝統的な儀式の際にのみ着られることが一般的になりました。

このような背景から、和服の着付け技能を専門的に学び、実践するための機会が必要となり、それが着付け技能士資格の重要性を浮き彫りにしました。

この国家検定資格は、厚生労働省によって認定されており、全日本着付け技能センターが主催する「着付け技能検定」を受験することで取得できます。

着付け技能士資格には、1級と2級という2つのレベルが存在します。1級は、より高度なスキルと知識を求められ、和服の着付けにおける専門家として認められた者となります。この資格は、日本の和服文化を維持し、発展させるために重要な存在とされています。

着付け技能士は、和服の着付けだけでなく、その歴史や文化に関する知識も必要となります。伝統的な着付けの技法だけでなく、現代の流行やアプローチにも精通しており、和服文化の継承と普及に貢献する重要な役割を担っています。

また、着付け技能士は、美容室や着付け教室で活動するだけでなく、和服の魅力を広めるイベントや祭りでの活動にも参加し、和服文化の普及に貢献しています。

着付け技能検定の試験内容と受験資格

着付け技能検定の試験内容と受検資格について詳しく見ていきましょう。

この資格を取得するためには、学科試験と実技試験に合格する必要があります。

学科試験は、着物に関する幅広い知識を問う試験です。2級の試験科目には、着物の歴史や名称、帯や小物の種類、合わせ方、たたみ方、作法、技法など、和服着付けに関連する11分野が含まれます。

1級の試験には、これらの内容に加えて「繊維の知識」がプラスされます。学科試験は、着付けに関する幅広い知識を問うもので、これらの知識を習得するためには勉強と実践が必要です。なお、学科試験の受検料は、1級と2級ともに8,900円(税込)です。

実技試験は、学科試験に合格した人が受験する試験です。試験時間は1級・2級ともに60分で、合格基準は100点満点中、1級が70点以上、2級が60点以上となります。実技試験は、2時間30分から3時間程度の制限時間内に、決められた着物を着付けるという出題方式です。

実技試験の受検料も学科試験同様、1級と2級とも2万3,000円(税込)です

着付け技能検定の受検資格には、実務経験年数に関する要件があります。1級を受験する場合、所定の学校や訓練を経験しているか、美容師免許を持っている場合、2〜4年の実務経験が必要です。一方、実務経験のみで受験する場合は、5年の実務経験が必要とされます。

2級を受験する場合、所定の学校や訓練を経験しているか、美容師免許を持っている場合、実務経験が0でも受験可能で、実務経験のみの場合は2年が必要です。受験資格の要件を満たすことが、着付け技能検定を受験する第一歩となります。

これらの試験内容と受検資格について理解し、適切な準備を行うことで、和服の着付けにおけるスキルと知識を向上させ、国家検定の取得に繋がるでしょう。この資格を取得し、和服着付けの専門家として、和服文化の継承と普及に貢献しましょう。

着付け技能士の実務経験を積める場所

着付け技能士資格を取得するためには、実務経験を積む必要があります。

実務経験には、着付け指導の業務に携わった経験も含まれます。実務経験を積む場所は多岐にわたり、美容室、写真スタジオ、呉服店や百貨店、レンタル店、結婚式場着付け教室の講師などで経験を積むことができます。

これらの場所で実務経験を積むことで、着付け技能士資格の受験資格を得ることができます。

また、着付け指導の業務に携わることも、実務経験として認められます。そのため、着付けに興味があり、他の人に着物の着付けを教えたい場合、着付け技能士資格を目指して講師業で経験を積むことが最適な道となります。

 

まとめ

着付け技能士資格は、和服の伝統的な着付けに関するスキルと知識を証明するために重要な資格です。国家検定であるため、その信頼性は高く、和服の着付けにおいて専門的なスキルを持つことを証明できます。また、着付け技能検定は、学科試験と実技試験から成り立っており、実務経験が必要です。実務経験を積む場所は多岐にわたり、美容室や着付け教室などで経験を積むことができます。着付け技能士資格を取得し、和服の美しさと文化の継承に貢献できる専門家として活躍してみてはいかがでしょうか。

 

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索