全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物クリーニングは高い?かかる費用や期間をご紹介!

公開日:2024/03/01  最終更新日:2024/01/04

?

日本の伝統的な衣服である着物は、その繊細な素材と豊かな色彩で知られています。しかし、その美しさを長く保つためには適切なケアが必要です。自宅での洗濯とプロのクリーニングサービス、それぞれの選択が着物の寿命にどのように影響するのか、料金相場やクリーニングにかかる時間、そして適切な保管方法についてご紹介いたします。

着物クリーニングの必要性と自宅洗濯のリスク

着物は、その豊かな色彩と繊細な素材が醸し出す日本の伝統美を象徴する衣服です。

しかし、その美しさを維持するためには、適切な洗濯とケアが必要です。自宅での洗濯は便利な選択肢のように思えますが、絹や麻などの天然素材は水分に非常に敏感であり、不適切な扱いがシワや縮み、色落ちを引き起こす可能性があります。

これらの問題は、着物の寿命を縮め、見た目にも影響を与えます。自宅での洗濯では、とくに汗や皮脂といった人体由来の汚れや、食べ物や飲み物のシミが完全には落ちないことが多く、時間が経つにつれてこれらの汚れは着物の繊維内に定着し、取り除くことが困難になります。

さらに、自宅での洗濯では、着物特有の形状を維持することが難しく、形崩れの原因にもなりかねません。これに対して、プロのクリーニングサービスでは、着物の素材や染料に精通した専門家が、適切な洗浄剤と技術を用いて丁寧にクリーニングを行います。

彼らは、着物の繊維を傷めることなく汚れを落とし、色鮮やかさを保ちながら、形状を整える技術を持っています。また、プロのクリーニングでは、着物についた微細なダメージを修復し、長期間の保管にも耐えうる状態に仕上げることができます。

着物を長く、美しく保つためには、専門のクリーニングサービスを利用することが、最も確実な方法です。

着物クリーニングの料金相場とサービス内容

着物のクリーニング料金は、その種類や素材、装飾の繊細さ、そして汚れの程度によって大きく変動します。

たとえば、日常的に着用する木綿やポリエステル製の着物は、比較的手頃な価格でクリーニングが可能ですが、絹や紬(つむぎ)など高価な素材や、礼装用の着物は特別な注意を要し、それに伴い料金も高くなります。

丸洗いの場合、4,000円からのスタートですが、これは最も基本的なサービスであり、着物の状態によっては追加料金がかかることを覚悟しなければなりません。

洗い張りは、着物を一度解いてから洗うため、より高度な技術を要し、その分料金も一般的に1万5,000円以上となります。このサービスは、着物の形状を整えると同時に、繊維の一本一本まで丁寧に洗浄し、着物の寿命を延ばす効果があります。

また、シミ抜きや色修正などの特殊な加工が必要な場合、これらは専門的な技術を要するため、追加料金が発生します。シミの種類や大きさ、位置によって料金は変わり、500円から数千円の範囲で加算されることが一般的です。

クリーニング店を選ぶ際には、料金だけでなく、その店の技術力やサービスの質も考慮する必要があります。たとえば、自社工場を持っているクリーニング店は、外部委託に比べて品質管理が徹底されていることが多く、信頼性が高まります。

また、一着ずつ丁寧に洗うサービスを提供する店舗は、料金が高めですが、着物へのダメージが少なく、細部にわたる汚れもしっかりと落としてくれるでしょう。さらに、職人が手作業で行うクリーニングサービスは、機械では実現できない細やかな配慮と高い技術力を体験できます。

着物のクリーニングを依頼する際には、料金表だけでなく、どのような洗い方を行うのか、シミ抜きが別途料金が必要なのか、そしてその店の評判や実績を確認することが重要です。

適切なクリーニングを選ぶことで、着物は長く美しい状態を保ち、大切な場面での装いとして、その価値を十分に発揮するでしょう。

クリーニングにかかる時間と保管のコツ

着物のクリーニング期間は、その複雑さとデリケートさから、一般的な衣類と比べて長めに設定されています。

通常のケースでは2〜3週間から1か月程度を見込むのが普通ですが、着物についたシミや汚れが頑固である場合や、修復が必要な場合は、さらに時間がかかることがあります。繁忙期や祝日の影響も受けるため、着用予定がある場合は余裕を持ってクリーニングに出すことが肝心です。

クリーニングから戻ってきた着物の保管方法もまた、その美しさを保つためには非常に重要です。適切な湿度管理はカビや虫害を防ぐために不可欠で、湿度が高い場所では防虫剤や乾燥剤を使用することが推奨されます。

また、着物は折りじわがつきやすいため、折り目を変えることで長期間の保管によるダメージを最小限に抑えられます。虫干しは、着物に新鮮な空気を通し、湿気やにおいを取り除くためにも重要です。

年に2回、晴れた日には着物を陰干しすることで、繊維の中の湿気を逃がし、生地をリフレッシュできます。この際、直射日光は色褪せの原因となるため避け、風通しの良い日陰で行うことが望ましいです。

また、着物はたとう紙に包んで保管するのが一般的ですが、このたとう紙も定期的に新しいものに交換することで、着物を清潔に保つことができます。また、たとう紙の中に防虫剤を入れることで、虫害から着物を守ることが可能です。

着物を畳む際には、生地を傷めないように注意し、できれば専用の着物ハンガーに掛けて保管すると良いでしょう。これらの保管のコツを守ることで、クリーニングできれいになった着物を長期間、美しい状態で保てます。

大切な着物を次に着る機会まで、最適な状態で保管しておくために、これらのポイントを心がけましょう。

まとめ

着物は日本文化の象徴として、特別な場面での装いとして重宝されています。そのため、クリーニングは着物の美しさと品質を維持するために不可欠です。自宅での洗濯が可能な素材であっても、プロの手による洗濯と保管が最良の選択と言えるでしょう。着物のクリーニングと保管に関する知識を深めることで、大切な着物を長く大切に扱うことができます。

 

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
着付け教室コラム