全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付けを依頼したときにかかる費用はどのくらい?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/28

着物は美しい日本の衣装ですが、着付けが難しいこともあり、ひとりでは着用できないという人は少なくありません。それゆえ、着用の際はプロに依頼する人も多くなっています。そして、この場合はどれぐらいの費用が発生するのかも気になるところです。ここからは、プロに依頼する方法や料金について書いていきます。

美容室や呉服店に依頼することが一般的

着物には洋服とは違う独特の美しさがありますが、着用が難しいこともありつい遠のいてしまいがちです。とはいえ、結婚式や成人式などの特別なイベントの際には和服を選びたいという人は多いものです。着付けが自分でできる人は、特に問題はありませんが、そうした技術がない場合は他の人に依頼することになります。

家族や知人に着付けができる人がいる場合は、多くの費用が発生する心配はありません。身近なところにそうした技術をもっている人がいない場合は、プロに依頼することになります。この場合はレンタル店や呉服店、美容室などに依頼することが一般的です。

レンタルを利用した場合は、そのお店に依頼すると無料、もしくは安価で対応してくれることが多くなっています。ヘアセットやメイクも依頼したいという場合は美容室を選ぶとよいでしょう。お店ごとに費用も変わってきますので、あらかじめ問い合わせておくと安心です。複数のお店で比較してみると相場や適性価格を知ることができます。提示された金額が高いと感じた場合は、すぐに依頼せずに別の業者でも費用を確認してみましょう。

セット価格で安くなることもある

費用はお店ごとに違いがありますが5,000円~20,000円程度は必要とされています。着物の種類によっても、価格は変わります。浴衣のようなカジュアルな和服であれば2,000円~など低価格で提供してくれますし、着用に手間がかかる振袖の場合は高くなる傾向にあります。電話などで予約をする場合も、どんな着物であるかはきちんと伝えておきましょう。

レンタルを利用する場合は、着付けに必要な小物類はほとんどそろっていますが、自分の着物を持ち込む場合は、小物類も用意することになりますので、忘れものがないようしっかりと確認しておくことが大切です。お店のほうでも小物類が用意されていることもありますが、レンタルするとそれだけ追加費用も発生します。

下着も和装用のものを身につけることになりますので、こちらも忘れずに用意しておきましょう。より安く利用する方法としては、着付けとヘアメイクのセットを利用するという方法もあります。ヘアメイクはとは別々に依頼することもできますが、多くのお店ではセットが用意されており、より割引を受けられることも多くなっています。

帯の結び方をより個性的なものにしてもらう、出張で対応してもらうなどオプションをつける場合は、その分の費用が上乗せされることになりますので、オプションの価格も確認しておきましょう。成人式シーズンなどは美容室やレンタル店も予約が殺到しますので、直前では対応してもらえない可能性もあります。それゆえ、着用日が決まったら早めに予約を済ませておくことも大切です。

着付けを学ぶことも考えてみよう

着物を着用する機会が少ない場合は、着用の機会ごとに着付けをプロに依頼するという選択もありますが、和服を着用する機会が多い人や、より積極的に着物を楽しみたいという場合は、着用ごとにプロに依頼していると結構な費用が発生します。より安く着物を楽しむのであれば、着付けを学ぶことも考えてみてはいかがでしょうか。

専門のスクールに通うとなると、受講費用も発生しますが、長い目でみれば毎回、プロに依頼するより安くなることもありますし、本人だけではなく、家族や友人など周囲の人に着せてあげられるのもメリットです。自宅で着用できれば、お店に行く手間もありませんし、重い荷物を運ぶ必要もなくなります。

そして、技術を磨いて資格を取得すておけば、美容室や写真館、ブライダルなどの世界でも着物のプロとしての活躍が期待できます。さまざまなタイプの和服の着用方法を学べることはもちろん、着物についての知識も身につけることができますし、保管方法や管理についての知識もつきます。和服をきれいに着こなすためには、立ち居振る舞いの美しさも大事ですが、着物を着たときのマナーや立ち居振る舞いが学べるのも教室に通うメリットといえるでしょう。

 

着物は着用が難しいこともあり、着用の際は美容室やレンタル店などに依頼する人も多くなっています、プロに依頼するときれいに着ることができますが、毎回依頼するとなると、それだけ多くの費用が発生します。カジュアルな着物は比較的安く対応してくれますが、振袖など着用が難しいタイプはそれだけ高くなる傾向にあります。相場がわからないという場合は、複数のお店で比較してみるとよいでしょう。より気軽に着用したい、安く着物を楽しみたいという場合は、着付けの技術を身につけることも考えていきたいところです。

サイト内検索
着付け教室コラム