全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

評判がいいのはどんな授業?人に着物を着せられるようになりたい人の着付け教室のコースの選び方

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/16

誰かに着せるために着付け教室に通うという人もいます。これは特に美容を仕事にする人や和服に関連する仕事を行う人に多く、誰かに着せるための技術は自分で着るための技術とは少し違うようです。

それでは、どういう着付け教室のコースを受ければ、人に着付けが出来るようになるのでしょうか。

基本は誰でも初心者コースから始める

まず、もしあなたが誰かに着付けをした事が無く、また自分も和服を着る事が出来ないのなら、まずは初心者コースを受講しましょう。この初心者コースの場合、多くは自分が誰かに着付けをすることではなく、自分が自分で和服を着られるようにすることを目的としたものが多いのです。

このような教室の場合、そもそも誰かに着付ける時には自分で自分に着せる事が出来る程度の技術がないと困るとか、そもそも基礎的な知識や技術がない事も多いので最初に教える、という所が多いのです。

このため、面倒だったり自分が欲しい技術とは違うかもしれませんが、まずは初心者コースで自分が自分に着付けをする技術や、自分がきちんと和装を着こなせるようになる知識を身につけましょう。

ちなみに、教室の中にはある程度の技能があるまで上級コースとなる着付けをさせるためのコースに進めない場合や、技術力が一定に達するまで上級コースを受けられない場合もあります。

誰かに着せるためのコースになかなか進める事が出来ず、途中で挫折をする人もいるでしょう。この場合、もしあなたがスピーディーに進むことを考えているのなら一定の回数だけこなせば上級コースや人に着付けられるコースに進める」そんな着付け教室を選ぶのが基本です。評判やコースの選び方をチェックしながら、着付け教室の進級の基準を確認しておいてください。

着付けをするためのコースに進んでも内容は多い

どこかで着付けを習ったという人や、ある程度自分で着られるという人の場合、着付けをするためのコースに進む可能性もあります。また、初心者コースを終えて進んできた人もいるでしょう。ようやく他人の着付けが出来るコースに進んだとしても、その内容はかなり違います。

まず、ある着物教室の場合、細かい段階を設けています。一般的なよそ行きや訪問着だけを着付けできるようになるコースから始め、それが終わったら留袖を着られるコースに進み、さらに花嫁衣装となる白無垢や特殊なコーディネートを学べるコースなどに展開していきます。

このため、数年かけて進級をしていく必要があり、またかなり高度な所まで体系的に学ぶ事が出来るのですが、その一方でかなり特殊な着付けについても学ぶことになります。ある着物教室の場合、自分で着られるコースを終えた人だけの着付け師コースがあり、その着付け師コースを終えればある程度の着付けが出来るとされています。

ただし、このある程度がどのくらいなのか、和装のどのくらいのところまで学べるのかは不明です。別の着付け教室の場合はまた違い、初心者向けコースと誰かに着付けることを想定したコース、さらに和装のコースや現代的な装いを学ぶコースなど、いろいろあります。こういったコースを組み合わせてオリジナルのコースを学習したりもします。

このように、着付け教室によってカリキュラムは大きく変わります。内容を明確に判断した上で、どういう教室に通うか、どういうコースに通うか評判などを確認しておきましょう。

着付けのための資格取得のコースもある

実は着付けには専門のコースの一種として、着付けのための資格取得を目的としたコースもあります。おそらく着付けを職業としたい人ならば資格を取りたい人が多いでしょうから、こういった専門の資格取得のコースが魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。

資格については、公的な資格ですと着付け技能検定という資格があります。これは厚生労働省の認可を受ける国家資格となっていますが、実務経験がある人向けの専門的な資格となっており、受験対策も必要になります。

当然着付け教室の中でも一部の教室が対策講座や受験対策コースを設けています。ある程度経験があり人に着付けをした事があるのならば、こういった資格取得のためのコースを受験してもいいでしょう。

ただ、基本的に王道となっているのはそれぞれの着付け教室が独自に運営している免許や資格です。これは着付け師や着物免許、着付け講師などの名称で、実際はそれぞれの学院や着付け教室ごとに違いがあります。実は着付けにも流派がありそれぞれ違いや個性が見られますから、そういった資格を狙うのがいいでしょう。

ただしこれらは民間資格で、知名度も資格ごとに違います。このため、特にこの資格があれば着付けがきちんとできるという証明になるかどうかは疑問が生じるような場合も少なくありません。このため、どこかで学んで実務経験を得てから、国家資格を取る方が良いという意見もあります。

 

評判をチェックしてみると、基本的に自分が着たいという人向けのコースの方が多く、人に着せるためのコースは多くない傾向があります。評判を見るとその傾向は明らかですので、人に着せたいのならどういうことをしている教室なのか明確に把握してから入学するのがおすすめです。




サイト内検索
着付け教室コラム