全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

会費が安い!着付け教室を選ぶときの注意点

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/06/25

着付け教室によっては会費や月謝が安いと評判な教室もあります。教室によって授業料や入会金、他にも必要な金額は違ってます。

ここでは入学金や教材費、着物の購入から資格を取得するときの費用などについて色々紹介してます。

 

 

 

着付け教室の入会金や教材費は別料金になることも

現在、多くの着付け教室があり中には会費などが安いと評判のところもあります。受講費用は教室ごとの授業内容により設定されていて細かく違います。基本的に入学金や教材費は授業料とは別で3,000円前後のところが多いです。中にはキャンペーン中だと入学金無料などとしていて、そのようなところはやはり評判になっているようです。

教材費は大体5,000~10,000円以内が一般的で、テキストだけの場合や小物や修了証発行費が含まれている場合で金額も違い、費用の内訳を確認して納得してから購入した方が良いです。着付けに使う着物や帯、小物をレンタルするとレンタル費は別にかかるので、通う度にかかる1回ごとの費用も考える必要があります。

授業代は月謝で毎月支払いになる場合と、コース全体の料金設定になっていることもあり、比較的安いところだと個人で開いているところで5,000円~、大手だと10,000円~20,000円弱とかなり差が出ています。格安の教室だと師範の関係で展示会への招待や、個別に着物や帯のおすすめなどがあることもあって購入する気が無い時はきちんと断ることも大切です。

教室によっては基礎コースは無料としていたりしますが、もしその後のコースへ進みたいときのために事前に進級費用などについても確認しておくと事前に慌てる必要もなくなります。無料だとつい申込みたくなりますが、他の所で色々費用がかかることが多いので注意が必要です。

 

着付け教室で着物の購入は必要なの?

よく着付け教室に通ったら着物を買わされたという意見もありますが、大手だと着物を持っていなくても着付けは習えますし強引な販売をすると信頼を失うので殆どないです。それに対して公民館や自宅で開いている個人教室だとレンタルの準備がないことも多く、レッスン用の着物一式が必要なので持っていないと受講前に購入する必要もあります。

不安になるのが受講中に招待される展示会や販売会での購入ですが、これも強制ではありません。断れないような雰囲気を作っている店や師範がいるような教室もあるので、受講前に販売会の有無の確認やトラブルなどが起きていないかなど評判についても調べておくと安心です。

教室により毎月必要な授業料の名目が違うこともあり、おけいこに通う期間と回数が明確になっている時は、コース全体の講座料金を回数で割った金額を毎月支払います。 授業料以外に入学金や何らかの会費、テキストなどの教材費がかかることもあり、1ヶ月にかかる費用が安くても総合的には高くなることも珍しくないです。

必用な授業料を回数で割るのではなくて、月謝という形で毎月同じ金額を支払うタイプもあって、月謝方式は資格を取るようなコースや着付けの技術をレベルアップさせる目的はなく、着物を着ることを楽しむことを重視している方が多いようです。

選ぶときにも授業料だけでなく、他にかかる費用や販売会などがあるかなど最初に調べておくとトラブルも防げます。

 

資格取得の際の費用やイベントなどについて

着付けコースにもよりますが資格取得コースのレッスンを受ける場合は、授業料や月謝とは別に受験料や認定料が必要です。資格のレベルが上がるほどこの金額も高額になります。

更に、資格維持のために毎年年会費がかかることもあって、資格が必要ない時は、それもしっかり確認してから着付けの知識を学んでいくことを割り切ることも欠かせません。資格取得が目的でなくてもコースに含まれていることも珍しくないです。教室に長く通うと予想以上に費用もかさむので、費用を抑えたいときは最初から資格取得が目的でないコースや教室を選ぶ方がお得です。

着物を自分で着られるようになってくると、着物を着て外出をしたくなってきます。普段の生活では洋服を着ているので、非日常の時間を楽しみたいと感じたいのは着物が好きな人だと普通な感情と言えます。

ただ、着付け教室が主催しているイベントに出席しているとそれなりに費用もかかります。教室で行う着物の展示会や新作発表会、和装小物の販売会なども多いです。強制的にそれらの出席や購入を促されることがなくても、そのような場面に出かける機会が増えてくるのは間違いないです。

そのため、最初からある程度の出費はかかると踏まえておいて、習い事は人との付き合いも増えると考えておいた方が良いです。教室によっては体験レッスンなどもあるので、それに参加してみてイベントなどがどのくらいあるかも質問しておくと安心です。

 

着付け教室はそれぞれ安価で習えるものから高額な費用がかかるところまで幅広いです。仕事として着付けを習うときは講師カリキュラムがある教室でないと、何回も通うことになって費用も余計にかかります。

安価で評判だからで選ぶだけでなく、目的にあっているかなどを確認することも失敗しない選び方のコツです。

 

サイト内検索
着付け教室コラム