全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物の種類ごとの格の違いとは?シーンごとにふさわしい着物を選ぼう!

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/03/09


通常の洋服にもTPOがあるように、着物にもそれぞれ格がつけられているのをご存じでしょうか。普段から着物を楽しみたいのであれば、着物の種類ごとの格の違いをしっかり理解しておくことが大切です。今回は、着物における「格」について詳しくまとめていきますね。

着物における「格」とは?

まずは、着物における「格」について説明していきましょう。格と聞くとどうしても難しいイメージを抱く方が多いのではないでしょうか。格は難しいように聞こえますが、仕組みさえ分かってしまえば後は簡単です。ちなみに、格は通常の洋服のTPOと同じようなものです。

たとえば結婚式やレストランのパーティーなどのフォーマルな場面なのに、カジュアルな服装を着ていくのはマナー違反といわれていますよね。逆に、カジュアルな場面なのにフォーマルな衣装を着て行っても、浮いた存在となってしまいます。つまり着物の格とは、そのシチュエーションに合わせたものを着るということなのです。

着物の種類ごとの格の違い

着物にもたくさんの種類がありますが、それぞれ格に違いがあります。それでは、着物の種類ごとの格をチェックしていきましょう。

1つ目は黒紋付きです。黒紋付きは親族のお葬式に着る格式の高い衣装です。黒い色で染められたもので、家紋が5つ、白く染め抜きされているのが特徴です。ちなみに、家紋の数で格の重要さが決まるといわれています。お葬式なので帯や小物も黒で統一するのがマナー。

2つ目は黒留袖です。黒留袖は既婚女性が親族の結婚式に着る衣装です。新郎新婦の母親や親戚女性がよく着ていますね。女性の着物の中で最も格式の高い着物であり、五つ紋で白の比翼仕立てが基本となっています。

3つ目は色留袖です。黒留袖よりも格式は下がるものの、和装の中では位が高く位置づけされています。紋の数は着物の模様によって異なります。親族の結婚式や授賞式などには五つ紋や三つ紋、そこまで格が高くないパーティーなどであれば一つ紋でも充分に場に適しているでしょう。

4つ目は振袖です。振袖は未婚女性が着る衣装の中で最も格式が高いものです。大振袖と中振袖、小振袖があるのですが、2次会やパーティーなど使い勝手がよいのが中振袖。振袖は着物の中でも華やかな柄のものが多く、鮮やかで豪華な印象に見せてくれるのが特徴です。

5つ目は訪問着です。訪問着は未婚既婚問わず、誰でも着られる格の高い種類の着物です。結婚式やパーティーなど華やかな席にも向いている衣装だといえるでしょう。紋はついていませんが、訪問着自体がそれなりに格式の高い衣装なので大丈夫です。

6つ目は付け下げです。ミセスにふさわしい格のある着物といわれています。柄は少なく、反物に柄を染めたものが特徴です。お茶会やちょっとしたパーティー、食事会などに向いているといえるでしょう。

7つ目は色無地です。柄のないシンプルな着物で、素材の種類によって格に違いが出てきます。色無地は紋をつければ格が上がるので、フォーマルな場でも問題なく着られますよ。洋服にたとえれば「スーツ」と似ているかもしれません。

8つ目は小紋・紬です。小紋はカジュアルなシーンで着られる全体的に柄のある着物のことです。付け下げや色無地より少し価格は下がります。紬は織物の着物のことです。普段着としても着られますし、帯を変えればパーティーにも着られます。

最後は浴衣です。浴衣の格は普段着として位置づけられています。

シーンごとにふさわしい着物の選び方

ここからはシーンごとにふさわしい着物の選び方を見ていきましょう。

・結婚式
結婚式では新郎新婦の母親や親族の場合は黒留袖、親族ではない既婚女性であれば付け下げ、未婚女性であれば振袖が適しています。

・お葬式
染めの種類である黒い着物が適しています。帯や小物もすべて黒に統一しましょう。法事などであれば1つ紋の薄く暗い色無地の着物に黒い帯をつけると、格が上がります。

・パーティー
参加するパーティーの種類によっても異なるのですが、会社のパーティーであれば未婚か既婚かで、普段着以外の着物を選びましょう。ビジネスのシーンなので小紋や付け下げでも大丈夫です。

親族や友人同士のパーティーなら訪問着でも大丈夫です。ビジネスの交流会であれば、テーマにもよるのですが未婚女性であれば落ち着いた柄の小紋や華やかな色合いの色無地を選ぶとよいでしょう。友達と気軽なお茶会なら普段着として着られる小紋や紬が向いているといえるでしょう。既婚女性であれば鮮やかな色の付け下げを選ぶと、レストランや懐石料理でも安心して着られますよ。

 

今回は着物の「格」について詳しくご説明していきました。難しいように感じるかもしれませんが、慣れればスムーズにシチュエーションに合わせた着物を選べるようになりますよ。着物はシチュエーションによって適している種類が違います。普段の洋服と同じようにTPOを考えながら選ぶとわかりやすいでしょう。今回ご紹介したシーンごとにふさわしい着物の種類も参考にしてみてくださいね。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索