全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

体型や骨格に合った着物の着こなし方とは?

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/03/15

体型や骨格 着物

和服の美しさは、その着こなしに秘められた繊細さと調和にあります。しかし、同じ着物でも、着る人によって、その美しさが際立つポイントが異なるのです。体型や骨格に合った着方は、着物と自身の魅力を最大限に引き出す重要な要素。本記事では、体型や骨格に焦点を当て、どのように着物を選び、どのように着こなすかについて解説します。

着物が似合う人の特徴とは

和服の魅力は、その繊細なデザインや生地だけでなく、身に着ける人の体型にも深く関わっています。こちらでは、着物が似合う人の特徴について解説しましょう。

なで肩「柔らかな曲線美」

まず、なで肩の人が着物をまとうと、袖の流れとの調和が生まれます。肩の線が柔らかい曲線を描くことで、袖が美しく広がり、優雅で女性らしい印象をかもし出すのです。これにより、和服の魅力が一層引き立ちます。

首が長くて細い「華やかな衿元」

首が長くて細い方は、着物の衿元や襟元がより美しく映えます。和装において、首元は非常に重要なポイントであり、美しい首のラインがあれば、全体の印象も格段にアップするのです。衿元の華やかさが、着物姿を一層引き立てるでしょう。

くびれの少ない体型「緩やかな優雅さ」

くびれの少ない体型の人も、着物が似合います。なぜなら、和服は身体を包み込むデザインが特徴的であり、凹凸のない体型の方が似合うようになっているからです。補正などをおこなわず、体型を活かしたスタイリングができ、個性が際立ちます。

腰の位置が低い「帯のアクセント」

腰の位置が低い方は、袋帯や帯締めを上手に活かせます。腰の位置が低いことで、帯がより目立ち、全体のバランスを整える効果があるのです。帯のアクセントが和服に奥深さを与え、着こなしを引き締めるでしょう。

骨格に合わせた着物の着方

和服の美しさは、その着用者の体型と調和することで一層輝きを増します。骨格に合わせた着物の着方は、個々の体型の特徴を活かし、和装の魅力を最大限に引き出す秘訣が隠されているのです。

骨格ストレート、ウェーブ、ナチュラルといった異なる骨格タイプに応じて、着物をどのように着こなすかがポイントです。そこで、こちらでは、各骨格に合わせた上手なスタイリングの方法や素材の選び方に焦点を当て、紹介していきます。

骨格ストレートの人

骨格ストレートの方は、筋肉がつきやすく身体全体に厚みがあり、立体的なメリハリボディが特徴です。着物を美しく引き立てる方法は、まず首回りをすっきりと見せるため、半衿を通常よりも少なめにすることがおすすめ。また、髪をアップヘアにすると、同様に首回りを引き締められます。

さらに、胸や腰回りを補正する和装下着やタオルを活用し、体のラインをなだらかに整えましょう。着物や帯の素材は、程よく厚みやハリのあるものを選ぶと、肌の質感と調和し、美しく着こなせます。規則的な柄や直線的な柄、大きめの柄を選ぶと美しさを際立たせてくれます。

骨格ウェーブの人

骨格ウェーブの方は、身体のラインが曲線的で女性らしい柔らかい雰囲気をもち、下半身にボリュームがあります。着物を着る際に上半身が華奢で鎖骨が際立つ場合は、タオルなどで胸周りを補正し、鳩胸に近づける方法がおすすめです。

また、ウエスト周りの曲線もタオルを使ってなだらかに整えましょう。ウェーブタイプは華奢な印象を活かし、曲線的な柄や小さめの柄が似合います。柔らかい素材がより女性らしさを引き立ててくれるのです。

骨格ナチュラルの人

骨格ナチュラルの方は、関節や骨が大きく、骨格のフレームがしっかりとした体形です。肩回りがしっかりしている場合は、衿を立てて着付けるとでなで肩で華奢な印象になります。

また、直線的なボディラインの骨格ナチュラルは、比較的着物が似合いやすい体型です。着物の素材は、凹凸のある素材が魅力を引き立てますし、大きめの柄もおすすめ。自然な魅力を生かして、しっかりとした体型が引き立つ和装スタイルを楽しんでください。

着物を着ているときの立ち振る舞い

自分に合う着物の着方がわかった後は、着用後の立ち振る舞いやマナーを身につけましょう。そこで、こちらでは和装の優雅な雰囲気を一層引き立てるためのエチケットと心構えについて紹介していきます。

まず、着物を着ているときは、美しい姿勢が全体の印象を左右します。その際、背すじをすらりと伸ばすとより一層美しく見えます。立ち姿でも座っているときでも、意識的に背すじをまっすぐにしましょう。

また、着物姿で優雅に動くためには、裾さばきと袖の扱いも大切です。歩く際には裾を乱さないように、歩幅を小さくしながら歩くように注意しましょう。

座る際には、振り袖を両側まとめて膝の上にたたむと、床を引きずる心配がありません。ものを取るときには、袖から腕が見え過ぎないように、たもとを軽く押さえつつ手を伸ばしましょう。

さらに、車に乗る際にも心掛けが必要です。袖が邪魔にならないようにたもとを押さえ、お尻から車に腰掛け、最後に足を引き入れると、着物が乱れる心配がありません。これらの振る舞いが、着物姿の優雅さを引き立て、日本の伝統的な美意識を体現してくれます。

まとめ

着物が似合う人の特徴は、なで肩や首の美しさ、くびれの少ない体型、そして背すじを伸ばした立ち振る舞いです。また、骨格に合わせた着物の選び方と、着物を身にまとった時の品のある動きが、和装の魅力を最大限に引き立てます。

これらのポイントを押さえつつ、個々の特徴を活かすことで、着物が美しく映え、日本の伝統と調和したエレガントなスタイルが完成するのです。

着付け教室ランキングBEST5

イメージ1
2
3
4
5
教室名いち利装道礼法きもの学院青山きもの学院京都きもの学院長沼静きもの学院
特徴駅から近い!着物でのお出かけや食事など実践的な内容が嬉しい。着付けコースの種類が豊富。
一人一人の目的に合わせて選べる。
本格的な手結びの着付け!
しっかりとしたカリキュラムでステップアップしていける。
通いやすさが重視されている。
ショッピングセンター内にあるカルチャーセンターでのレッスン。
60年あまりの歴史をもつ学校。
アクセスが良い。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索