全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付けで背中のしわをなくす方法・コツ

着付けで背中のしわをなくす方法・コツ

 

着付けをする際にはいろいろと悩んでしまうこともあります。
例えば、着付けをした際に背中のシワができてしまう場合です。
背中のシワができると目立ちますし、自分では気づきにくいですから厄介なところ。
こうした背中のシワができないようにしたい場合にはどのようにすればよいのでしょうか。
ここではそんなポイントについて解説します。

 

シワを作らないように着付けをするには

シワが出来ないように着付けをすることは決して難しいことではありません。
①シワが出来ないようにしたい場合にはなるべく立ち姿勢で着付けをしてみるのがおすすめです。
座ったまま着付けをすると余計なシワもできやすくなってきます。

②他にも、対面鏡を利用するのも効果的です。
背中にシワができる場合は帯を最終的に締める際が多いのですが、ここで対面鏡を利用しつつ帯を締めればシワも防いでいくことができます。
対面鏡があれば着付け自体も楽になりますから有効活用してみましょう。

③他にシンプルな着付けにこだわることもおすすめです。
工程が20以上もあるような複雑な着付けはそれだけシワにもなりやすくなります。
これもシワを作らないようにするコツの一つ。

もしもシワが出来てしまったらすぐに直すことも必要です。
シワもほうっておくと選択しても着物に癖がついてしまうことがあります。
こうなると大変ですから、シワができたら着付けをほどいて直しましょう。
霧吹きなどを利用してシワを直すことも可能です。
背中のシワはなかなか見つけにくいものでもあります。
このため、着付け後は他の人にチェックしてもらうのも良いでしょう。

⑤ちなみにシワは着付け時以外にもできます。
例えば、歩き方が悪いと腰回りにシワがついてしまうこともあります。
こうならないようにするためにも歩き方も意識しておくと良いでしょう。
例えば、歩幅を狭めるようにすればより転びやすくもなりますし余計なシワもつきにくくなってきます。

姿勢を良くすることも着物を着る際には必要です。
姿勢が悪いと着物を着ているだけでシワがつくこともあるため。
姿勢が悪いと見た目的にも良くありませんから、意識して姿勢は矯正しておきましょう。

 

着物を選ぶ際の注意点について

着物を選ぶ際のポイントについても押さえておきましょう。
・例えば、サイズに合った着物を選べば余計なシワもつきにくくなってきます。
逆にあまりにもきつすぎたり大きすぎる着物だとシワができやすくなるだけでなく生地が切れてしまったりすることもあります。
このため、着物はなるべくしっかりと寸法を採ってサイズに合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。
お古の着物をもらうこともあるかもしれませんが、こうした際にはリサイズして自分の体型に合うように作りなおすこともおすすめです。

・着物を選ぶ際には柄にも気をつけておきたいところ。
着物の柄は実にいろいろとありますが、人によって合う柄とそうでない柄があるものです。
自分に合う柄を早く見つけられれば着物を着るのもより楽しくなってきますから早めに自分のカラーを見つけておくと良いでしょう。

着物の生地についてもチェックしておきましょう。
着物に用いられている生地は綿から始まって絹やポリエステルなどがありますが、どれもそれぞれ特徴があります。
特に化学繊維の着物であれば汚れにくいだけでなく選択しやすいものもあります。
着物は洗うのも大変ですが、選択頻度が少なくとも大丈夫な製品もあります。
これだけでなく水滴などを弾いてくれる着物も登場してきています。
こうした着物であれば雨の日であっても安心して着物を着ていくことができて良いでしょう。
中には形状記憶してくれる着物もあるので有効活用してみるのがおすすめです。

・着物を購入する際には試着も絶対に欠かせないところです。
いくら仕立ててもらった着物でも実際に来てみたらどうにもしっくりこないなんてことはあります。
こうなった場合にはお店で直してもらうこともできますから、試着は必ずして余計なお金が掛からないようにしておきましょう。
試着は既成品の着物を買う際には特に実施しておきたいとことです。

帯も十分に検討しておくのも大事です。
いくら着物が良いものであっても帯が安ものだと着付けも難しくなります。
帯と着物の柄の相性もありますが、あくまで帯は脇役です。
このため、帯を選ぶ際には着物の個性を殺さないような帯を選んでおくようにすると良いでしょう。

・着物を選ぶ際には合わせて小物なども購入しておくのがおすすめです。
着物はやはり巾着などの小物がないと決まらない服装でもあります。
小物はどれも安いですから、いろいろと揃えておくと良いでしょう。

〇まとめ
このように着物を選ぶ際には気をつけておきたいことも多いものです。
着物は一生ものですからしっかりとした着物を選んでおくと良いでしょう。
また、着物を選ぶ際には友人などにアドバイスしてもらうのもおすすめです。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装