全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け教室の料金の相場はいくらぐらい?

着付け教室の料金の相場はいくらぐらい?

現在社会において、日本の文化である着物を着る機会は減っています。
しかし、やはり着物は日本人の憧れでもあります。
着物姿の方を見かけると美しいと感じます。
着物は世代を超えて着ることが出来るので母親の着物を着たいと考える方や、着物を着る機会が少ないので着付けを習って普段から着物を着たいと感じている方が増えていると言われています。
着付け教室には、年代を問わず多くの生徒が通っています。
しかし、着付け教室に通いたいと考えた時に気になるのは、料金の相場です。
今回は料金の相場についてまとめました。
あなたの予算に合った教室が見つかるはずですので、参考にしてみて下さい。

 

安価な着付け教室を探したい場合

正直言って、着付け教室の料金はピンからキリまであります。
ですが、極力費用は抑えたいと考えている場合は、自治体が生涯活動の一環として行っている着付け教室が一番安くすみます。
月に2回ほどの開催で、期間は3か月~半年程度となっており、料金は3000円前後と設定されている事が多いです。

〇注意点
・ただし、講師の方はボランティアで、会場は公民館など自治体施設の会議室を利用している事が多いです。
あまり広い場所ではありませんので、定員が決まっている場合が多く、希望しても通えない可能性もありますので注意が必要です。
・着物や小物に関しては、一部で講師の私物を利用させてもえる事もありますが、サイズが合わない場合もありますので、自分の持っている着物を持参して教室に通う事を前提としている教室が多いです。
このようにサービスの観点では、大手着付け教室には劣る可能性がありますが、料金に関してはこれより安い所はありません。
自宅に着たいと思っている着物を持っており、あまり教室に費用をかけたくない人にはおすすめです。

 

個人宅での教室も低料金の場合が多い

次に安い教室は個人宅で開催している着付け教室です。
この場合は週に1度の開催で、月謝は5000円前後が相場となっています。
ただし、有名な講師である場合は、高額な月謝となっている場合もありますので、注意が必要です。

〇注意点
・個人宅での教室の場合は、大きな着付け教室の支店のような仕組みになっていると考えて下さい。
そのため、希望者には試験を受けて、免状や級の認定を受ける事も可能です。
試験には別途費用がかかると考えておいて下さい。
・また、個人宅ですので教室は少人数、またはマンツーマン指導の場合が多くアットホームな雰囲気の中で学べます。
・教わる内容は着付けの方法だけではなく、着物の補正下着の作り方や着物の手入れの方法など、着物を長く着るためのテクニックから、着物を着た時の所作まで、幅広い知識を教えてくれます。
ただし、講師の人柄や技量によって教室の雰囲気は違ってきますので、説明会や体験教室には必ず参加して、情報収集をしておくようにして下さい。
着付け教室の費用はあまりかけたくないが、アットホームな雰囲気で着付けの知識をしっかりと学びたいと考えている方にはおすすめです。

 

大手の着付け教室の相場は大きく違います

最後に大手の着付け教室の相場についてです。
まず入会金が必要となることがほとんどです。
入会金の相場は5,000円から10,000円ほどかかります。
そして、授業料は7,000円から10,000円を超える金額まで開きがあります。
また、この料金からテキストや教材費などが別途5,000円から10,000円ほどかかると考えておいて下さい。
また、自分が受講するコースによっても料金が異なっている事が多いです。
着付けに関する資格を取得し、着付け・着物のプロを目指す場合は、専門性の高いコースも設定されており料金も高くなる傾向にあります。

〇料金が高いならではのメリットも
・そのため、自分はどの程度着付けのスキルを身に付けたいのかを明確にした上で、教室を探す必要があります。
・大手の着付け教室は料金が高い分、質の高いサービスを受けられる事が多いです。
例えば、予定していた授業が諸事情で受講できなかった場合は、振替日を設定してくれ、予定変更にも臨機応変に対応可能です。
・また、着物や小物は完全レンタルとなっており、会社帰りでも手ぶらで授業を受けられるなど通いやすいです。
・教室数が多いので転勤などの事情で、住む地域が変わった場合でも別の地域の系列教室に通えるなどのメリットもあります。
・また、教室によっては着物を着て参加するイベントを開催して、着物を着る機会を増やすような取り組みを行っている事もあります。
ただし、参加費は別途必要になりますが、着物を着る機会が少ない人には人気のサービスです。
このように料金が高い分、通いやすいさやサービスが充実している事を重視したい方にはおすすめです。

〇まとめ
このように着付け教室にかかる費用は、教室の形態によって様々です。
特徴も様々ですので、自分に合わない場合もあります。
そのため、料金をチェックすると共に、自分が身に付けたい着付けスキルに合っているのか、教室の雰囲気は良いかなど総合的に考えるようにして下さい。
そして、料金に納得がいく教室を見つけて、楽しく着付けスキルを身に付けましょう。

 

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装