全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

今ならオリンピックに間に合う!着付け教室に通って外国の方に着物を着てもらおう

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/14

2020年の夏には東京オリンピックが開催されますが、今から着付け教室に通えばオリンピックの開催までに着付けを覚えることができます。日本に訪れる外国の方のなかには、観戦だけではなく文化に触れることを目的としている人もいるので、着付けを覚えておけば外国の方に着物を着てもらうこともできるはずです。

日本文化のなかでも着物は評判が高いので着付けができると便利

日本文化を好きだと感じている外国の人は多いようですが、寿司などの食文化やアニメなどのサブカルチャー以外にも着物の評判が非常に高いと言えます。外国の人は着物で歩いている人を見かけたらつい写真をお願いしてしまうほど着物を高く評価しているのです。

日本人にとって非常に嬉しいことだと言えますが、残念なことに自分で着物を着ることができる日本人は少なくなってきています。そのため、もしも知り合いに海外の人がいたとして着付けをしてほしいと頼まれたとしても、自信を持って任せてと言えない人が多いです。日本文化のなかでも和服に対する評判は非常に高いと言うことができるので、特に海外の人と交流する機会がある場合は着付けを覚えておいて損がないと言えるでしょう。

着付け教室に通って自分自身や他の人の着付けを行うことができるようになっていれば、急に頼まれたとしても美容室や専門店に任せることなく自分の力で着物を着せることができるはずです。自力で着付けを行ってあげることができれば達成感が得られるだけではなく、その人からさすがだと思ってもらえるでしょう。

着付け教室は敷居が高そうだと思う人もいるかもしれませんが、全く初心者の状態からでも着付けができるようになるので、まずはレッスンを受けてみることがおすすめです。日本文化のなかでも評判が高い着物の着付けを行うことができるようになっておきましょう。

オリンピックのために訪れた外国の方に着物を着てもらおう

2020年の夏はオリンピックで日本を訪れる外国の方が増えますが、スポーツ観戦だけを目的として訪れる人よりも、せっかくなら日本文化を味わいたいと考えている人が多いと言えます。海外から友達がやってくる場合や外国の方も来店するようなお店を経営している場合などは、オリンピックまでに着物の着付けを行うことができるようになっておくと良いでしょう。

オリンピックを観戦する目的で日本に訪れるわけですから、それほど文化を楽しむことができる時間がない可能性もあります。着物をサッと着せてあげることができれば、スポーツ観戦がない時間などに着物を着て日本の街を歩くことを楽しんでもらうことができるはずです。

オリンピックで訪れた人と交流する可能性がある場合は、事前に着物教室に通って着付けの方法を教わっておくと良いでしょう。独学でやってみようと思っても、自分で着用する場合は上手くいっても人には上手に着せることができない場合もあります。習っておけば素早く綺麗に着付けを行うことができるので、外国の方にも喜んでもらえるはずです。

オリンピックのために日本に来たのであればスケジュールの関係で様々な県に出掛けることは難しい可能性が高いですが、着物を着てもらうことができれば日本での思い出にしてもらうことができます。海外の人と交流する可能性があるのであれば、着物の着付けをマスターしておいて損はないでしょう。

着付け教室は3か月程度で受講完了することが多い

今から着付け教室に通っても、オリンピックまでに着付けをマスターすることができるのだろうかと心配になる人もいるはずです。たしかに着付けは誰でも簡単にできることではありませんが、多くの場合は3か月で着付けができるようになります。着付け教室の受講回数も週に1回のレッスンが12回であることが多く、3か月でレッスンが終了するケースが多いです。

もしも初心者コースのレッスンを受けた後に更に上級者コースで勉強したいと考えても、冬から始めれば夏に間に合わせることができます。毎週通うことができなければもう少し長い期間が必要となることもありますが、それでも今から通っておけば夏のオリンピックに間に合わせることができるはずです。直前になって受講しようと思っても、同じような思いから着付け教室に通う人が増える可能性が高いので、早めに受講開始することがおすすめだと言えます。

初心者向けの着付け教室だけでは人に着せるときの技術が十分に向上しない可能性があるので、できれば早めに受講して不十分だと思ったときには更に上のコースを受講するべきです。そうすることでオリンピックのために日本に来た海外の人に、着物を楽しんでもらうことができるようになるでしょう。オリンピックが近づいてから習うと間に合わなかったり、人が多くて通いにくい可能性があるので、早めに行動しておくことがおすすめです。

 

2020年の夏にはオリンピックでたくさんの外国の方が日本を訪れます。もしも海外の人と交流する可能性があるのであれば、着物の着付けができるようになっておくと日本文化を楽しんでもらうことができるはずです。

着付け教室に通えば自分だけではなく人の着付けもできるようになるので、早めに通っておくことがおすすめだと言えます。

サイト内検索
着付け教室コラム