全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け師の仕事内容や働く場所について

着付け師の仕事内容や働く場所について

 

着付け教室に通った後には着付け師になるという道があります。
着付け師は着付けを専門とする仕事であり、仕事場所も様々。
一人前の着付け師になることは決して簡単ではないものの、着付け師は何かとメリットのある仕事でもあります。
ここではそんな着付け師の仕事内容などについて紹介します。

 

 

着付け師とは?その仕事内容

○着付けサービス

着付け師は着付けを行ってあげるのが主な仕事です。
例えば、お店を訪れた人に対して着付けサービスを行う他、出張して着付けを行うこともあります。
着付けもテキパキとすることが求められるだけでなく、着物とTPOに合った着付けをしていくことが求められます。

○アドバイス

これ以外にも、着物のコーディネートなどに関するアドバイスも行うことも。
例えば、着物に対してどのような小物が合うのかといったようなアドバイスはよく行われます。
他に、外出先で着付けが崩れてしまった際の応急処置的な知識も着付け時に教えたり、着物着用時の振る舞い方なども一緒にお客さんに教えることもあります。

○コミュニケーション能力も大事!

この着付け師はコミュニケーション能力も大事になってくる仕事です。
着付けはお客さんから顔と名前を覚えてもらって指名してもらうことも大事なものですが、しっかりとお客さんと話ができる着付け師であれば常連客もすぐにつくようになります。
逆にあまり話が上手ではないとお客さんも退屈してしまったりして次からは指名してもらえなくなるなんてこともあります。
着付け師はお客さんと一対一の関係を構築することが求められてくる仕事でもあるのです。

着付けのスキルは当然必須!

もちろん、着付けのスキルも求められてきます。
着付けもお客さんが不自由ないようにしてあげないといけないですし、ちょっとやそっとのことでは緩まない着付けをしないといけません。
着付けのスキルが高ければ遠方からわざわざ着付けをしてもらいにお客さんが来てくれるなんてこともあります。

○働く場所

働く場所も様々です。
例えば、和服店に勤めて販売を行う片手間で着付けをしているという人もいます。
他に、完全に着付け専門で働いている人もいます。
着付け師だけでなく着付け教室で着付け講師として働いているなんて人もいます。
フルタイムの人よりもパートタイムで働いている人が多いということもポイントでしょう。
人によって個人開業して自宅で着付けをしているという人もいます。
着付け師という仕事はあまり資金がなくても始めやすいということも利点かもしれません。
着付け師を始めるのに必要なものはほとんどありませんが、スキルや営業力がないと務まらない仕事であることも確かです。
着付け師はお客さんがつくまでが大変ですから、最初の内は店舗に勤めてスキルを学ぶとともに常連客を獲得すると良いでしょう。

着付け師になるためにはどうすればいい?

もしも着付け師になりたい場合には最初は着付け教室に通うことからはじめてみると良いでしょう。
着付け教室であれば着付け師などの関連資格も取りやすくなっています。
他に、着付け店に勤めてスキルを習得して行ったり、着付けの大家に弟子入りするなんて方法もあるものの、やはり着付け教室に通うことが一般的です。
着付け師を目指すのであれば最低でも半年以上は学んでおきたいところですが、一人前の着付け師になるにはかなり経験を積まないといけません。
着付け師関連の資格としては着付け技能士という資格もありますが、
こちらは取得するのに実務経験が数年は必要になります。
しかし、この着付け技能士資格があればかなり先行き安泰になりますから、着付け師を目指すのであればいつかは取得を目指しておきたいところでしょう。
人によっては着付け師よりも着付け講師のほうが向いているなんてこともあります。
特に「人に着付けをしてあげるのが苦手」という場合には着付け師は難しいかもしれません。
着付け師よりも着付け講師のほうが仕事先が多いというのもポイントでしょう。
着付け師になる際には各着付け教室が認定している着付け師資格を取得するのが一番おすすめです。
こうした資格があれば着付け店で働くことも一層しやすくなってきます。
着付け師資格は最初の良い目標にもなりますから、こうした資格の取得を目指して励んでみると良いでしょう。
こうした着付け師の仕事はやりがいも大きい仕事です。
着付けをしてあげることによって交流も広がってきますし、自分のしていることが人の役に立っていることが実感しやすい仕事でもあります。
何より着物・着付けが好きな人にはうってつけの仕事でしょう。
着物・着付けとこれ以上に関わる仕事はあまりないですし、どこでも求められている仕事でもあります。
もしもこれから着付け師を目指す際には着付け教室に通うことが一番手っ取り早いものの、道は他にもあります。

どのような方法で着付け師を目指すにしても

「どのような着付け師になりたいのか」

を早めに決めておくことは大事なことでしょう。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装