全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け教室に通うとき、着物の持ち運びはどうする?

着物を自分で着られるようになると、いろいろなシーンで着用して出掛けられるようになります。

しかし自分で着られるようになるのは難しいです。

教室に通うと着られるようになるようですが、着物を持って行くのが大変かもしれません。

 

 

専用のケースに入れてその都度持って行く

たとえば、会社等で出張をするとき、一着だけだと困るときがあります。

その時は専用のケースがあり、そちらに入れて持って行くことがあります。

スーツなどは変にカバンに入れると型崩れしてしまうことがありますが、専用ケースであればハンガーにかけた状態で持ち運びができます。

沢山持って行くことはできませんが、数着ぐらいならケースに入れて持って行くことができます。

着物が着られるようになるために着付け教室に通おうとするとき、その教室では自分の着物を用意しないといけないと言われました。

この時着物どうやって持って行くかです。

着物を自由に持っていける専用のケースがあるので、そちらに入れていくと良いかもしれません。

通常はバッグ式になっているので、そちらに折りたたんで収納して持って行きます。

重いと感じるのであればキャリーケースタイプを使うと良いかもしれません。

こちらであれば多少重くても引っ張って持って行くことができます。

あまり雑に持って行くと中の着物が崩れてしまうこともあるので、十分注意して引っ張るようにしなければいけません。

着物にはいろいろなサイズがあり、一応は色々なサイズを着ることができるでしょう。

でもこれから着ることが多くなるのは自分の着物のはずです。

良く着る着物で練習をすれば、着物の着方を学ぶときにも身につけやすいですし、将来的にも着方を覚えやすくなります。

少し大変に感じるかもしれませんが、頑張って持って行くようにしましょう。

大きな教室なら預けることができる

大学受験の予備校や資格試験のための専門学校などがあります。

沢山の教材を使って勉強しなければならず、毎日それらの教材を持ってくる必要があります。

もちろん自宅などでも勉強しないといけないでしょうから持って帰る必要があるでしょうが、自宅で勉強する内容は限られます。

ある予備校などではロッカーが借りられるようになっていて、そこに教材を預けられるようになっています。

これを利用すれば予備校に通うのにもそれほど苦労しなくなるでしょう。

着付け教室に通うとき、基本的には自分の着物を持ってきて教えてもらうことになります。

浴衣などならかなり軽くなりますが、本格的な着物のセットとなると結構重たく感じます。

着てしまうとそれほどでもないですが、着物そのものを持とうとすると結構大変に感じます。

その時に着物の持ち運びはどうするかですが、大きな教室であれば預けられるときがあるので聞いてみると良いでしょう。

個人で行っている教室ではその都度すべて持ってきたり持ち帰ったりしなければいけません。

カルチャースクールでもいろいろな用途で教室が使われるので、預かってもらうことはできません。

でもその場所で長期的に運営しているところだといろいろな設備を用意してくれています。

すべての人が利用できるかどうかわかりませんが、使えるスペースがあるなら預かってもらうと良いでしょう。

預かってもらうときの注意などを確認し、トラブルがないように気をつけないといけません。

レンタルをすればその都度持って行く必要がない

女性の成人式といえば、やはり衣装は着物を着たいと感じるかもしれません。

着物は非常に高いので、購入するのが大変な家庭もあるはずです。

最近増えているのはレンタルサービスです。

事前に予約をしておくと、その日までに届けてくれます。

利用後に返却すれば済みます。

卒業式に着る人もレンタルを利用すればいいでしょうし、観光地などで短時間レンタルをする人などもいるかもしれません。

着付け教室に通うとき、個人で運営する教室などでは自分で持ってくる必要があります。

着物の先生などにはいくつか着物を持っている人もいますが、かといって生徒用の着物をたくさん持っているわけではありません。

サイズも異なるので、すべての人に合わせることもできないでしょう。

一方で大手の教室にはいろいろなサービスがあります。

着物の持ち運びはどうするのか聞いてみると、レンタル着物を利用して受けられると答えてくれるところがあります。

成人式などだと数日のレンタルになるのでかなり料金が高くなりますが、教室で利用するのであれば非常に短い時間になります。

数日借りるのに比べるとかなり安く利用することができます。

着物以外の帯であったり襦袢、その他の小物類に関しても必要に応じて貸してもらえるところがあります。

全く何も持って行かなくても着つけだけを習えるところがあるので、うまく利用すると良いでしょう。

レンタルであれば毎回違う着物が着られるので、その楽しみもあるかもしれません。

 

自分の着物を使って着付けをするなら、その都度持っておく必要があります。

専用のカバンがあるので、そちらに入れて持って行きます。

大きな教室ならロッカーなどに預けられるかもしれません。

レンタルなら手ぶらで着付けを習えます。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装