全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

夏に着物を着るときの暑さ対策

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/10

着物は洋服とは異なり暑い時期になると汗だくになってしまうので着用することは難しく、諦める人も少なくありません。見た目には涼しく雰囲気もありますが、見た目とは異なり実際に着用している本人は暑いのも正直なところかと思います。しかし工夫次第で夏の暑い時期でも綺麗に着こなし楽しむことができるのです。

夏用の着物を着用することが基本

一口に着物といってもあらゆるデザインがあり、普段着として使えるものもあれば、正装として冠婚葬祭で着用するものもあります。それだけではなく時期に合わせた夏用のものがあることも理解しておき、暑い日には夏用タイプを選んで着用するようにしましょう。素材や織り方により着用したときの着心地や体感する温度には大きな差が生まれるので、しっかり比較してから選ぶべきです。

洋服でもよく使われている麻素材は和服でも使用されており、麻は熱伝導性に富んでいて天然繊維の中では最も涼しい素材と言われています。通気性に優れているのはもちろんのこと、水分の発散もスピーディーでありべたつきにくく見た目にも軽やかな点も特徴です。

肌にくっつきにくいので着心地も快適であり、麻素材は透け感がなくても夏物となっています。袷に比べて体感温度は五度近くも下がるなど、見た目の軽やかさだけではなく身につけている本人も快適に過ごせます。

その他にも縦糸を撚りながら横糸を入れて織っている絽の着物は、織り目が粗く熱や湿気がこもりにくく放出できます。透け感があるので見た目も涼しく、暑い時期のフォーマルからセミフォーマルまで幅広く使われています。

それ以外に縦にも横にも撚りを入れて荒く織った紗という織物もあり、これも放熱性に優れていて暑い日にぴったりです。絽はフォーマルな雰囲気に対し、紗はややカジュアルで主にセミフォーマルからカジュアルシーンで使用しやすくなっています。

着付けをする前にできる対策について

暑さや汗を対策して快適に和装を楽しむためには、着付けをする前の段階から対策や準備をすることが必須と頭においておくようにしましょう。着付けをする前や最中に暑さを感じてしまい体が熱をもってしまうと、熱がこもった状態のままになってしまい暑さが増してしまいます。

着付けをする前にはエアコンの効いた部屋で身体を冷やしておくことが、快適に過ごすためには必要不可欠になってきます。着付けのために美容室などを利用する場合には、時間に余裕をもって足を運ぶようにしバタバタ慌ただしくならないようにするべきです。

シャワーで汗を流したりベビーパウダーをつけるのも、肌をサラッとさせるために役立つ方法といえます。汗を抑えるスプレーを使うなどあらゆる方法で対策しておき、汗をかきにくい状態をキープさせておくべきではないでしょうか。

汗ばんでいる状態では着崩れもしやすくなってしまうので、できる限りサラッとした状態で着付けをするべきです。着付けをする前にどの程度体をクールダウンさせることができるかにより、快適に和装できるかに大きな影響を与えることは間違いありません。

暑さ対策で役立つアイテムについて

着付けの際には補正をするためにあらゆるアイテムを使うことになりますが、そういったアイテムにも暑さ対策に役立つものを使うことが大切になってきます。着物はウエスト部分におはしょりを作りますがその部分には熱がこもりやすいので、ここにプラスで腰紐や帯、帯枕などが加わるとさらに熱が放出しにくくなります。

少しでも快適に過ごし暑さを軽減させ汗もかきにくくするためにも、帯周りの小物類の素材を夏用のものに変更することが大切ではないでしょうか。メッシュ素材や麻素材のアイテムに変更したり、ヘチマでできているアイテムにするのも効果的です。

着付け時に小さめの保冷剤を挟んでおくと、熱がこもりにくくなります。固形タイプよりもジェルタイプを選んでおくと、より使いやすく暑さ対策にぴったりです。

 

着物を夏の暑い時期にも楽しみたいと感じたり、冠婚葬祭など改まったシーンへの参加で着用する機会がある場合には暑さ対策に力を入れておく必要があります。着物を着用する前に自分自身の身体をクールダウンさせておくこと、夏用の素材の着物を選ぶようにするのは基本と頭においておきましょう。着付けの際には小物類の素材を普段とは変えてみたり、保冷剤を挟んでおくと暑さはかなり軽減されます。

いかに対策をしておくかにより、快適に和装ができるかに大きな影響を与えることになります。暑い時期には着用することは困難だと考えてしまいがちですが、対策や準備をしっかりしておくことで汗もかきにくくなり着崩れもしにくくなるので、快適に和装を楽しんで過ごせることは間違いありません。

サイト内検索
着付け教室コラム