全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け教室以外の「着物の情報収集」の手段

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/24

着付け教室に通ってみようと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、わざわざ着付け教室に通わなくても、他にも着物についての情報収集ができる場所があります。気軽に着物を生活の中に取り入れるためにも、また着付け以外の知識を一緒に得て楽しむためにも、さまざまな方面での情報収集が欠かせません。

日本舞踊の習い事に通ってみよう

日本舞踊は着物姿をより美しく見せることができる動きで舞うというのが特徴的な踊りです。首が細くて長く、なで肩の女性は着物が似合うと言われていますが、残念ながら首は短くいかり肩だという女性もいるでしょう。そうなれば、どんな着物を着ても自分には似合わないのだとあきらめてしまいがちです。

しかし、日本舞踊はより首を長く繊細ななで肩のように見せるポーズをとります。つまり、その技術を習得しておくことによって、普段からも自分を美しく見せることができることにも役立ちます。

着物は、肌着を着た上から巻きつけるようにして着用し、帯で固定する衣類です。つまり、大きく前かがみになったり体をひねったりという動きをしてしまえば、着崩れてしまうことにもなります。日本舞踊は、大きな動きをしても着物が乱れないような動きが取り入れられているのですが、それでも動くことによって着崩れてしまう可能性も出てきます。そのため、土台の肌着からしっかりときれいに着るための着付けが欠かせなくもなってきます。

日本舞踊では、洋服にはない袖の下に長く垂れ下がった袂にも気を配った動きをする必要があるため、練習であっても着物を着用することが大半です。しっかりと着崩れない着付けを学ぶためにも、日本舞踊の習い事をしながら着付けを習得するというのは、美しく着物を着こなすためにも役立ちます。

華道や茶道の習い事に参加してみよう

着付け教室となると、着付けのことだけの習い事となるために途中で飽きてしまうこともあるものです。

しかし、華道や茶道となると花をいけたりお茶をたてたりすることが目的であっても、服装は着物を着ることが大半となり、ちょっとした着付け教室が行われることもあります。幅広い面から日本の伝統文化を学ぶことができるので、長く続けていても飽きることがありません。

ただし、どの教室でも着付けについての講義を行っているとは限りません。また、花をいけることやお茶をたてることだけを目的としている習い事となると、服装は普段着でも構わないという教室もあります。初心者には、着物を用意する必要がないとなるとハードルは低くなりますが、着物についての知識を得たいと思っている人にとっては、着物を着ないとなると着付けについての知識は全く得ることができなくなってしまいます。

これらの習い事に通ってみようと思うのであれば、どのような内容で行われているのかの確認は欠かせないことになります。着物着用であっても、着付けについては力を入れていないとなると、自分で着ることを別に学ばなければならないことにもなってしまいます。

着付けも行っているのか、また初心者でも教えてもらえることができるのかという点も事前にしっかりと確認するとともに、先生の評判なども口コミ情報を合わせて知っておくととても役立ちます。

呉服店を訪問して相談してみよう

習い事などに通う必要もなく、気軽に着物についての知識を得ることができる場所として呉服店があります。着物だけを専門に取り扱っている店舗ともなり、どのスタッフも着物についての豊富な知識を持っています。伝統的なものから近年評判の新しいもの、初心者向けから上級者向けなど、目的に合わせた選び方のアドバイスをもらうことにも役立ちます。

着物は、一枚だけあっても着ることができません。肌襦袢や裾除けなど着物の下に着る専用の肌着類も必要になり、表からは見えない帯をしめるための小物類にも豊富な種類があります。

これらのアイテムは、洋服とは違ってどれも高価なものです。そのため、呉服店のスタッフも今日すぐに買ってもらえることを期待しているわけではありません。つまり、洋品店のように無理な接客をされることも少ないため、じっくりと話を聞かせてくれるスタッフも多くいます。

近年では、ネットで何でも安く買えることができる時代にもなりましたが、和服においては初心者の場合にはやはり知識を持っているスタッフのアドバイスが欠かせないことにもなります。あちこちの呉服店に行ってみてスタッフの話を聞いてみるのもいいですが、評判も良く親切にしてくれるスタッフがいたら、その店に頻繁に通うようにすることで、より深く着物についての知識を得ることができるようにもなってきます。

 

着物についての知識を得るのであれば、着付け教室に通うというのも一つの方法ですが、他にも和の習い事や呉服店を訪問してみるなどの方法もあります。正しい知識を分かりやすく得たいというのであれば、どこであっても評判の良し悪しを口コミで得ておくと役立ちます。

サイト内検索
着付け教室コラム