全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物を長持ちさせるコツ

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/03

着物を長持ちさせるためには、まずは虫食いと日光に注意する必要があります。虫食いに注意することや、温度設定はケアとして一般的で、知っている人も多いですが、意外と太陽の直射日光は盲点になっていることも多い傾向があります。ハンガーなどにかける際も、しっかりとそでの部分までかけることのできる、丈夫なものを使用しましょう。

長持ちさせるためにちょっとしたポイントがある

着物を長持ちさせようとする際には、いくつかのポイントがあります。誰でも知っているポイントとして有名なのが防虫ですが、現在はとても使用しやすい防虫剤が数多く販売されています。防虫剤を入れておけば、さほど虫食いに困ることもなく、近くの薬局やネット等でも簡単に購入することも可能です。

基本的に格安で購入可能ですが、大量に購入するとお得なセットも販売されていて、経済的な負担も少なく大量に保存したい場合も、便利で重宝します。

湿度や温度など注意するポイントを抑えておくと便利

防虫剤は、防虫効果に期限があることもありますから、できるだけ期限が切れないうちに新しく入れ替えておくと良いです。さらに注意するべきポイントとしては、湿度があります。より乾燥しているほうが洋服全体において傷みにくい傾向が高く、やはり湿度はきっちりと管理しておくことが必須となります。

高い湿度はカビの温床となり、高額な商品が傷んでしまうこともありますから、湿度計を付けておくぐらいの保存方法でも、やりすぎではないでしょう。

大切に着用すると長持ちしやすい

そして、盲点になりやすいポイントとしては、直射日光にも十分注意する必要があります。強い日光が当たると、着物や洋服は傷みやすく劣化しやすいのが特徴ですが、特に直射日光や経年変化による被服の変色は意外と気になりますから十分に注意する必要があります。

着物に限らず大体の商品は直射日光に当て続けないほうが良い場合が多く、大きな箱にしまうなどして、大切ケアする必要があります。

風通しも少しあったほうが良いですし、あまりに風通しが悪いと、湿気が発生する原因にもなりかねません。ですから、適度に着用するほうが、結局は長い間しまっておくよりも長持ちすることもあります。

また、同じ着物を何度も着用するのではなく、うまくルーティーンかして、着用時の布への負担を軽くするという方法もあります。同じ物を何着か用意しておくという手法もありますから、あまり失敗を恐れずしっかりとケアしておくと便利です。

そして、もしも汚れが付着してしまった場合は、丸ごと洗うのではなく、部分的な染み抜きなどをして、小さい範囲でケアしていくほうが着物が長持ちする可能性が高いです。

また、最近は、とても優れた染み抜きや、部分的な修繕技術があり、熟練した施術者の人も多く存在しています。もしも、汚れてしまった場合は、プロに依頼すると驚くほどきれいに複製してくれることもありますから、試してみると便利です。

小さな部分のケアを積み重ねていくと、とても長持ちすることも多く、大変重宝されていますが、染み抜きなどは、やはり自分でおこなうのではなく、繊維の性質に詳しいプロに依頼したほうが賢明かもしれません。自己流で修繕すると、布地が傷んでしまう事例もありますから、知識の豊富な人に依頼すると安全にケアすることが可能です。

ハンガーにかける際は、型崩れしなうように注意することが大切になりますが、そでも通すことのできる大きなハンガーなども、最近大変良い商品が開発されていていますから、試してみるといいでしょう。

そして、もしもしわになってしまった場合も、アイロンを直接あてるのではなく、タオルなどの布地をあててからアイロンをあてるほうが安全性が高いです。

アイロンの設定温度もできるだけ低めにして、あまり高温にならないよう注意する必要があります。高温にすると生地が傷みやすく劣化の原因となることもありますから、アイロンをかける際も事前繊維について勉強しておくほうが安心です。

繊維の情報を知りたい場合や、特徴を把握したい場合は、自己流だけではなく、ネットで検索して情報を収集しておくと安心感が倍増します。

 

着物を長持ちさせるためには、ポイントをおさえて、的確にケアし続ける必要があります。日光の管理や湿度など、外せないポイントは多いですが、適切にケアできれば、着物はとても丈夫で長持ちすることも多く、多くの人々に親しまれています。

着物を購入する際に、ケアの方法も同時に学んでおくと、何かと後から後悔しなくて便利です。特に日差しの管理は盲点になる場合も多く、長持ちさせるために大切なポイントになっています。

サイト内検索
着付け教室コラム